NECグリーンロケッツがハンティング・ワールドとコラボ! SDGsを加速化。【ラグビー/トップリーグ】

選手スタッフの移動用ポロシャツ、素材には伊藤忠商事株式会社のRENUを採用。

『NECグリーンロケッツ』(日本電気株式会社)が選手スタッフの移動用のポロシャツに「ハンティング・ワールド」とのコラボを実施し、素材には伊藤忠商事株式会社の「RENU」を採用。



NECグリーンロケッツはNEC本社と協力してSDGsへの取り組みを加速させようと、イベントのみならず「普段使いからSDGsを意識しよう」というスローガンをチーム方針の一つに加えました。

生物多様性保全活動を支援しているハンティング・ワールドとリサイクルポリエステルを用いたサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指す素材ブランドのRENUを合わせることでチームや会社のSDGsへの思いを体現しております。

今後もSDGsへの取り組みを続け、少しでも社会に貢献できる集団でありたいと考えております。
 

  【コラボポロシャツを着用した選手たち】

<RENU>
リサイクルポリエステルを用いたサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指す素材ブランド。使い終わった古着や工場での生産時に発生した残布を原料としたもので、ケミカルリサイクルの手法で分解や再重合などの工程を経ることで、石油由来のポリエステルと同等の品質を確立。

<ハンティング・ワールド>
1965年米国で創業。冒険への思いと野生動物の保護に熱心なロバート・M・リーのアフリカ探検旅行を機に生まれた。機能性とデザイン性を追求した製品が特長。生物多様性保全活動にも力を入れている。
 

  【『SDGsへの取り組みを続け、少しでも社会に貢献できる集団でありたいと考える』とコメント】


■NECグリーンロケッツについて
ジャパンラグビートップリーグに所属するNECグリーンロケッツ。日本選手権優勝3回、マイクロソフトカップ優勝1回の実績がある。チーム名の『グリーンロケッツ』とは、チームカラーでもある『グリーン』は鮮やかな緑の芝を疾走する戦う男達を表し、『ロケッツ』は21世紀をリードするNECのイメージである。パワーとスピードを兼ね備え、未来へと力強く推進し上昇していく様を表している。 千葉県我孫子市をホームとして活動し、柏の葉公園総合競技場で開催されるトップリーグの試合をホームゲームと位置付けて運営している。チームの伝統「ディフェンス」を武器に日本一へと挑む。


【NECグリーンロケッツ】
■公式ウェブサイト:https://rugby.necsports.net/
■公式Twitter:https://twitter.com/nec_gr_official
■公式Instagram:https://www.instagram.com/nec_gr_official/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/NECGreenRockets.TL
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本電気株式会社 >
  3. NECグリーンロケッツがハンティング・ワールドとコラボ! SDGsを加速化。【ラグビー/トップリーグ】