レンタル819 利用累計81.9万件突破記念!Twitterでリツイートキャンペーンを開催。〆切は10月1日まで

オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』は、2020年9月にレンタルバイク貸出件数が累計81.9万件を突破したことを記念し、2020年9月25日(金)から10月1日(木)までの期間、全国のレンタル819で使用できる「総額81.9万円分のレンタルバイク利用券 山分けキャンペーン」をTwitterで実施します。
https://www.rental819.com/campaign/20200925/

 

 

【キャンペーン参加方法】
下記の投稿をRT(リツイート)
https://twitter.com/Rental819Kizuki/status/1308994600112136192

■キャンペーン期間:9月25日(金)〜10月1日(木)
■キャンペーンサイト:https://www.rental819.com/campaign/20200925/

注意事項
※当選者にはDMでお知らせいたします。DMでは手続きに必要な、氏名とメールアドレスをご登録いただくURLをお知らせします。 
※本キャンペーンは当選者のみご利用いただけます。(譲渡や転売はできません)
※山分け金額でご利用いただける車両クラスは、【P-5までのクラス】、ご利用時間【24時間まで】の基本料金が対象です。
※オプション車両補償は必須加入となり、お客様負担となります。
※オプション用品は「山分け金額」の対象外です。
※レンタル819を初めてご利用いただく場合は、クレジットカード決済が必要になります。
※本キャンペーンのご利用期間は、2020年12月31日出発分までが有効です。


<レンタルバイクの利用>
レンタル819がスタートしたのは2007年。まだレンタルバイクは珍しい存在でした。しかしツーリングやちょっとした街乗りのパートナーとしてレンタルバイクを利用したり、また気になるニューモデルをチェックするため、ときには数日にわたってレンタルしていただいたりと、レンタルバイクの利用シーンも多様化してきました。ここ数年はアウトドアブームによってバイクキャンプに向かう方や、インバウンドの利用、50ccや125ccのバイクでゆっくりと目的地を目指すライダーも急増しています。

2019年の二輪車販売台数は約36万2000台であることを考えると、81.9万件の累計貸出件数がいかに大きな数字であることがご理解いただけると思います。しかも利用者の年齢分布は、20歳代から50歳代までほぼ均等。若者のバイク離れが指摘されるなか、いかに多くの若者ライダーがレンタル819をご利用いただいているかも分かります。


<2015 vs 2019 利用者年齢層の比較>
直近の5年間では20歳代の利用が4ポイント上昇しています。

 


<2019 女性利用者の年齢分布>
近年は女性ユーザーも増加。2019年においては20歳代の女性ユーザー利用が、女性全体の45%を占めました


<2019 年齢別利用カテゴリー>
2019年における年齢層別の利用モデルカテゴリーです。20歳代には「スーパースポーツ」モデルの人気が高く、その他の年齢層では「ネイキッド」モデルの人気が高い傾向にあります


<レンタル819の想い>
私たちレンタイル819は、お客様が安全にレンタルバイクを楽しんでいただくには何をするべきか、次のことを日々実践し考え続けています。
 
  1. お貸出車両とお客様への目配り・心配り
  2. 安全対策と事故防止の取り組み


1.お貸出車両とお客様への目配り・心配り
お貸し出しする車両が、万全の状態であることは大前提です。車検はもちろん6ヶ月および1年の定期点検整備を、排気量を問わず、すべての車両で実施。お客様に車両を貸し出す際も、必ず運行前点検を行います。

またレンタル819加盟店には、トレーニングを行っています。お客様が安全に楽しくレンタルバイクを活用していただくために注意すべきことを、しっかりとトレーニングします。そこで重要視しているのが、「お客様への目配り・心配り」です。

じつは、お客様が車両受け取りにご来店されたときから、我々レンタル819スタッフは、お客様の表情や仕草、バイクに触れた時やまたがる仕草、荷物の置き方にまで目を配っているのです。そして久しぶりにバイクに乗るのか、初心者なのか、バイクの操作に慣れた方なのか、緊張しているのか、そしてご予約いただいた車両がそのお客様に適切モデルなのか…あらゆることを観察し、必要であればアドバイスし、ときには車両の変更を提案することもあります。

お客様がレンタルバイクをご利用いただいている間、思い切り楽しんでいただくためには、出発前にわずかでも不安があるべきではありません。その不安は走行中、心のどこかにずっと残ってしまうからです。お客様自身も気がついていないような、そんなわずかな不安を、掘り起こし、出発前に解決したいと考えています。

せっかくバイクを借りていただいたのに、不安を抱えたままではもったいない。そう思うのです。

​2.安全対策と事故防止の取り組み
安全対策と事故防止は必ずセットで実施すべきことだと、私たちレンタル819は考えています。
安全対策として、レンタル819をご利用いただくお客様に肩、肘、背中のプロテクターはもちろんのこと、胸部プロテクターの装着を推奨しています。胸部プロテクターはまだまだ装着される方が少ない、という事実があります。ご自身を守っていただく安全対策として、一部の店舗では胸部プロテクターのお貸出を開始し、今後はオプションメニューとして順次お貸出店舗を拡大していく予定です。

事故防止と安全対策として、初心者、リターンライダーを対象とするツーリングレッスンを積極的に開催しています。バイクで走行している際、道路標識、このルートはあっているのか、どこで曲がるのか、周辺に車や人はいないかなどなど多くのことに気を配っていると思います。初心者やリターンライダー向けにツーリングレッスンをしている理由は、そういった気配りをルートの正誤ではなく、ご自身や周りの車や人に目を向けることで、安全を確保しながら徐々にバイクで走ることに慣れていただくためなのです。そしてその先にあるアクティビティ・グルメ・観光などを存分に楽しんでいただきたい。そんな思いでいます。


これからもレンタル819は、バイクの乗る人をサポートし、バイクの楽しさを伝え続けたいと考えています。今回のTwitterキャンペーンはこれまでご利用頂いた皆様に感謝の気持ちを表すとともに、これからもバイクに乗る人をサポートし続けるという宣言でもあるのです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キズキレンタルサービス >
  3. レンタル819 利用累計81.9万件突破記念!Twitterでリツイートキャンペーンを開催。〆切は10月1日まで