暗号資産古物商協会、会員事業者を支援する事業を開始することを決定。追加の会員事業者の募集も始める

ガイドラインや販売用ツールの作成・公開によって加盟事業者の事業を支援する

暗号資産古物商協会(本社:東京都新宿区、代表:小宮自由、以下「協会」)は、加盟事業者を支援する目的で、暗号資産での物の売買を支援するツールや、ガイドラインの作成を行うことを決定しました。

 

支援事業の概要
暗号資産による物の売買は、未踏の領域を多分に含むため、高いポテンシャルを秘めながら多くの事業者が参入を躊躇しているという現実があります。そこで、当協会は、当協会の会員事業者を対象として、暗号資産による物の売買事業を補助するツールやガイドラインなどを作成・公開し、会員の事業を円滑に進められるよう支援します。

当事業が解決する問題
暗号資産の物の売買事業を行う際に頻繁に問題になるのが「(1)ビジネスの作り方がわからない」「(2)何が法律で許されていて、何が許されていないのかわからない」というものです。(1)を解決する為に、「前払式支払手段型ERC20トークン(以下、ERC20P)」というブロックチェーンを用いた事業のアイデアをサンプルとして公開します。(2)を解決する為に、暗号資産による物の売買やERC20Pを用いる際に気をつけるべき一般的な事項をまとめたガイドラインを弁護士の助言のもと作成して公開します。

代表者 小宮自由 のコメント
暗号資産古物商協会は、古物を代表とした暗号資産による物の売買を促進したいという想いで設立されました。設立時から「どのようなビジネスが可能か」「合法的にビジネスを行うにはどうしたらいいか」をメンバー全員で継続的に議論してきました。その結果、ERC20Pというアイデアが生まれ、会員企業である日本暗号資産市場株式会社が先立って「ICHIBA」という ERC20P( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000054018.html )を発行しました。この ERC20P を応用すれば様々なビジネスを合法的に行うことが可能となります。会員企業にその可能性を共有し、新規事業の機会に繋げていただこうと思い、今回の事業を行うことを決定しました。会員企業は引き続き募集しておりますので、本件事業にご興味がある方は下記のお問合せ先からお気軽にご連絡ください

お問い合わせ先
info@ca3.org

会員申込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScTHFK5sUGmszwAdJdpq0DWhZJk-emuXzZvt6n8MgrL_cfJYw/viewform

運営組織
名称:一般社団法人 暗号資産古物商協会
所在地:東京都
設立:2019年10月28日
代表:小宮 自由
https://ca3.org
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人暗号資産古物商協会 >
  3. 暗号資産古物商協会、会員事業者を支援する事業を開始することを決定。追加の会員事業者の募集も始める