株式会社GREEN FORESTERS 大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参画

森林が豊かな日本が未来に続いていくために、人と森を近づける造林事業を展開する株式会社GREEN FORESTERS(グリーンフォレスターズ 本社:東京都千代田区、代表取締役:中井照大郎)は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が主催する2025年大阪・関西万博に向けた「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参画することとなりましたのでお知らせします。

「TEAM EXPO 2025」プログラムは、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現と、SDGs達成への貢献に向けて、多くの参加者が主体となって、理想としたい未来社会を共に創り上げていくことを目指す取り組みであり、 2020年10月より開始するものです。
URL:https://www.expo2025.or.jp/team/
運営元・公益社団法人2025年日本国際博覧会協会:https://www.expo2025.or.jp/

■「TEAM EXPO 2025」プログラムにおけるGREEN FORESTERSの取組概要
多様な事業・多様な人と、林業・森林をつなぐハブになることを目指す「森をつくろうプロジェクト」を立ち上げます。

具体的には、造林事業の全国展開、造林事業での新い雇用・働き方の創出、林業従事者以外の人と森の距離が近づくような取り組みの展開に取り組んでまいります。
URL:https://www.expo2025.or.jp/team/report/2021-02-04-1026/

20世紀的な石油資源に頼るライフスタイルから、再生可能な資源を余すことなく活用したライフスタイルへの転換が問われている今、森を消費するだけでなく、またつくる。そして、ただつくるのではなく、楽しくつくることを目指して、2020年11月には、一般の方にも森づくりに関われる機会作りを目的に植林イベントを実施しました。

大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に共感し、同じ未来を目指す方々との新たな出会い・取り組みによって多くの「いのち」を育み、自然の循環の中で重要な役割を担っている森林を次世代に残していくため、共創チャレンジを進めていきます。

■株式会社GREEN FORESTERSとは
社会・地域に開かれた森づくりを専門で行う。全国で森をつくり育てることを実現する植林事業「青葉組」を展開している。
2020年7月に設立し、同年9月には群馬藤岡市に9haの事業地にて造林事業をスタート。今後は関東・九州・東北にも展開を予定。
2020年11月には、一般の方にも森づくりに関われる機会作りを目的に植林イベントを実施。2日間で約40名、合計約1,000本の木を植え、大きな反響を得る。

<会社概要>
所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 5F
代表取締役:中井照大郎、取締役:中川雅也・中間康介
事業内容:造林事業
設立:2020年7月
資本金:100万円
企業URL:https://www.greenforesters.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GREEN FORESTERS >
  3. 株式会社GREEN FORESTERS 大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参画