京都発のデザインスタジオ「Fortmarei」がデザインを手がけた京セラのコンセプトカー「Moeye」、9月29日に京都パルスプラザにて発表

株式会社Fortmarei(フォートマーレイ)(本社:京都府京都市 代表取締役社長:石丸竜平 以下当社) は、このたび京セラ株式会社(本社:京都府京都市 代表取締役社長:谷本 秀夫 以下京セラ)のコンセプトカー「Moeye(モアイ)」のデザイン・クリエイティブディレクションを担当しました。
Moeyeは本年9/29(火)に京都パルスプラザにて発表されます。

【Moeyeプロジェクト概要】
Moeyeは京セラが考える未来のコックピットを具現化したコンセプトカーです。
コックピットのデザインにとどまらず、それと調和のとれる外装を含めた車両全体のデザイン提案をすることで、よりリアルに未来のコックピットを体験できます。また快適性だけでなく驚きやワクワクをより色濃く味わってもらえることにも重点を置き開発しました。
京セラの第一弾のコンセプトカープロジェクトはトミーカイラZZをベースとしたコンセプトカーで、石丸が前職のGLM株式会社チーフデザイナー時代にデザインを手がけたプロジェクトでした。今回発表する第二弾では、フルスクラッチでの開発により京セラの描く未来の自動車をより鮮明に表現しています。

【コンセプトカーデザインについて】
Moeyeのデザインテーマは「時間」です。このコンセプトカーでは「伝統」から京セラの描く「自動車の未来」まで自動車の歴史を駆け抜けるような体験を提供できるようデザインをしました。外装はクラシックカーを意識した面構成で全体のプロポーションをまとめながら、灯火器類やドアミラーなどの外装のディテールやドアラインを含む細部の処理は幾何学的な造形により未来を感じさせます。
また最先端技術を取り入れた内装は、新しい形に落とし込みながらも古き良き時代のクラフトマンシップを思い出させるような温かみのあるテクスチャを融合させました。着座すると目に飛び込んでくるコックピットのデザインは、リアルバーチャルを体験するに相応しい未来感あるミニマルなデザインで仕上げました。展示会では実際に体験者が、自動車を外から見る-ドアを開ける-乗り込む-そして最後に車内でデモを体験、という一連の流れの中で、形のデザインだけでなく素材をも通して自動車の伝統から未来を五感によって感じることができます。

オフィシャルスケッチオフィシャルスケッチ

オフィシャルスケッチオフィシャルスケッチ

【当社の事業内容と今後の展開】
Fortmareiでは、チーフデザイナー石丸竜平のイタリアと日本国内のOEMで培ったカーデザインの経験を生 かし、自動車を中心とした工業製品全般の企画、デザイン開発を行い、国内外の企業に提供していきます。 当社ではチーフデザイナーを中心とし、コンセプトメイキングからデザイン開発、製作、完成までのデザインフォローを一貫して行えることを強みとしており、デザインコンセプトにブレのないプロセスを提供しています。 今後は自社の自動車開発プロジェクトも展開予定です。

【Fortmarei代表 石丸竜平プロフィール】
1988 福岡県久留米市生まれ
2008-2012 九州大学 芸術工学部 工業設計学科
2011-2012 Politecnico di Milano(ミラノ工科大学) プロダクトデザイン学科
2013-2015 IED(ヨーロッパデザイン学院)トリノ校 トランスポーテーションデザイン学科
2015-2016 FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループ エクステリアデザインインターン
2016-2018 GLM株式会社 チーフデザイナー
2018.07 株式会社Fortmarei 設立

【url】
https://fortmarei.com/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Fortmarei >
  3. 京都発のデザインスタジオ「Fortmarei」がデザインを手がけた京セラのコンセプトカー「Moeye」、9月29日に京都パルスプラザにて発表