【Talkwalker】メディア&エンターテイメント業界のレポートを公開 コロナ禍における最新トレンドやSNS活用事例を解説

〜コロナ禍で多大な影響をうけた業界はどのように走り抜けてきたのか?SNS分析ツールからみる業界の動向〜

2,000社以上のグローバルブランド及び代理店に、デジタルコミュニケーションを最適化するサービスを展開し、世界的なSNS分析市場をリードするTalkwalker株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役:前岡愛 以下「当社」)は5月11日、「業界レポート メディア&エンターテイメント」と題したレポートを公開したことをお知らせいたします。是非、ご覧ください。

 

【レポートのご紹介】

新型コロナウィルスの影響を受けた業界の一つにメディア&エンターテイメント業界が挙げられます。あらゆるイベントは中止を余儀なくされ、大きなダメージを受けた一方、オンラインコンサートやオンラインゲーム、eスポーツの発展ににより繁栄した業界でもあります。今回は、SNS、ブログ、フォーラムやニュースサイトなどのあらゆる消費者や顧客の会話を分析し、コロナ禍により彼らの行動の変化した経緯とその対応策をレポート内でご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

  • 業界全体に関する会話の傾向 - 音楽、映画、テレビがパンデミックのストレス緩和ツールに
  • スポーツ業界 - イベントがオンラインへ移行し、バーチャルイベントやストリーミングが上昇傾向
  • 映画業界 - OTT(オーバー・ザ・トップ)プラットフォームが映画産業を再定義
  • 音楽業界 - ライブコンサートができない状況下、アーティストが取った行動とは?
  • 新メディアの誕生 - オーディオとクラブハウスの隆盛

■レポートは、下記よりダウンロードください。

https://bit.ly/3fbcX6Q

本レポートの分析期間は、2020年2月~2021年3月を対象としており、 当社が自社開発したAIエンジンを活用し、ポジティブ・ネガティブを識別するセンチメント分析、そしてブランドのロゴデータを検知する画像・動画認識の分析結果に基づき作成されています。 メディア&エンターテイメント業界が、 新型コロナの影響による急速なオンラインシフトにどのように立ち向かい、 そして復活を試みているのかを各国の事例や最新トレンドを交えながら解説しております。レポート内では東京オリンピック開催の話題に関しても分析した結果もご紹介しております。是非、ご覧ください。 

 


【Talkwalkerについて】
Talkwalkerは、高度なAIを搭載した会話型インテリジェンスプラットフォームを提供し、あらゆるチャネルに渡り交わされている消費者や顧客の会話をリアルタイムに収集し、顧客の声に応えるビジネスを運営している国内外の大手企業をサポートしています。

顧客が考えていることや交わされている会話をAIが自動で分析し、最終的なアクションに至るまでのカスタマージャーニーを可視化。従来型のSNS分析を超えた示唆を提供することで、企業が顧客本位への経営にシフトし、収益の強化やコストを削減する施策の最適化を支援しています。

現在までに、本社を構えるルクセンブルクから、ニューヨーク、サンフランシスコ、フランクフルト、シンガポール、パリ、東京、ロンドン、ミラノにオフィスを展開しており、国内外2,000社を超えるブランドや代理店にサービスを提供しております。

■お問い合わせ
https://bit.ly/3tJzj4D

■最新ブログ
https://bit.ly/2SKUHts

 【会社概要】
代表者:前岡 愛
所在地:東京都港区六本木 1-4-5
設立 :2009年
業務内容: SNS分析、モニタリングプラットフォームの提供
URL:www.talkwalker.com/jp

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Talkwalker株式会社 >
  3. 【Talkwalker】メディア&エンターテイメント業界のレポートを公開 コロナ禍における最新トレンドやSNS活用事例を解説