日本企業初 2年連続W受賞 丸善製薬 世界的化粧品アワード 「BSB Innovation Award 2021」において 「最も革新的な化粧品原料」として2品が受賞

植物を中心とした天然物から医薬品や医薬部外品、化粧品、食品の原料を製造する丸善製薬株式会社(所在地:広島県尾道市、代表取締役社長:日暮 泰広)では、世界的化粧品アワードである「BSB Innovation Award 2021」において、ヨモギエキス(弊社商品名:和ism<ガイヨウ>)が機能性原料部門で第2位、オリーブ葉エキス(弊社商品名:和ism<瀬戸内オリーブ葉>)がアクティブ原料(皮膚バリア・マイクロバイオーム)部門で第3位を獲得しました。
丸善製薬では、同アワードを受賞したこれら化粧品原料2品の詳細を、本年5月19日(水)から21日(金)パシフィコ横浜で開催される「第10回化粧品産業技術展 CITE JAPAN 2021」において展示、発表を行う予定です。

BSB Innovation Awardとは?
欧州の化粧品コンサルティング会社BSB社(本社:ドイツ・ハンブルグ)が選考し、化粧品原料と最終製品に与えられる賞で、一般化粧品部門、ナチュラル化粧品部門それぞれで表彰されます。今年で19回目となる化粧品業界では歴史ある賞です。

丸善製薬株式会社では、「モモ葉エキス」(弊社商品名:山梨モモ葉抽出液BG30)が2019年の同アワードの機能性原料部門においてアジア企業初の第1位を受賞したことを皮切りに、2020年には「メリッサエキス」(弊社商品名:レモンバームエキスRA)がアクティブ原料(エイジングケア)部門で第1位、「シルバーバイン果実エキス」(弊社商品名:シルバーバイン抽出液BG30)が機能性原料部門で第3位を獲得しています。
今回の2品受賞により、2年連続のW受賞と日本企業最多となる累計5品の受賞を達成しました。


機能性原料部門 第2位受賞 
ヨモギエキス(弊社商品名:和ism<ガイヨウ>)

マスクの中の肌を守る ー 季節を問わず、マスクをつける時間が長くなる新しい生活様式「ニューノーマル」に対応する機能性植物エキスです。多角的に炎症を抑制し、肌バリア機能を改善することでマスクの中の肌を守ります。弊社のヨモギ葉エキスを配合した製剤を使用したヒト試験において、マスク着用部の肌状態を向上させる効果が確認されています。


アクティブ原料(皮膚バリア・マイクロバイオーム)部門 第3位受賞
オリーブ葉エキス(弊社商品名:和ism<瀬戸内オリーブ葉>)

季節変化に負けない肌に ー 「シーズンフリー」な肌を育むスキンケア原料です。化粧品原料としては珍しい1年間にわたるヒト試験でその有効性を確認しています。エキスの製造には、香川県小豆島においてオリーブの実の栽培過程で剪定されるオリーブの「葉」を有効活用(アップサイクル)した環境にもやさしい化粧品原料です。
 

※「和ism/ワイズム」は丸善製薬の登録商標です。


会社概要
商号  : 丸善製薬株式会社
代表者 : 代表取締役社長 日暮 泰広
所在地 : 広島県尾道市向東町14703-10
設立  : 昭和24年7月13日
事業内容: 医薬品、医薬品用素材抽出物、医薬部外品用素材抽出物、
化粧品用素材抽出物、食品添加物、食品、食品用素材抽出物、
健康食品、健康食品用素材抽出物の製造販売
資本金 : 9,800万円
URL  : https://www.maruzenpcy.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 丸善製薬株式会社 >
  3. 日本企業初 2年連続W受賞 丸善製薬 世界的化粧品アワード 「BSB Innovation Award 2021」において 「最も革新的な化粧品原料」として2品が受賞