山形の魅力を“発見”する喜びから“体感”する喜びへとアップデート!山形県産品の魅力を発信するポータルサイト「いいもの山形」リニューアル

〜山形県産品の魅力を発信するコンテンツや企画を多数展開〜

山形県は、山形県産品の魅力を発信するポータルサイト《いいもの山形》においてポータルサイトのリニューアル版を12月上旬より公開いたします。本サイトコンセプトは【Feel the good moment of Yamagata】とし山形の魅力をより感じることができる場所を創出いたします。トップページは、山形のものづくりを旅するミュージアム空間をサイト上に再現し、山形のいいものを視覚的・直感的に楽しむことができる内容となっております。
サイト内のコンテンツ《山形いいもの商店》も温(ぬくもり)、個(個性)、地(地域)、新(新しさ)の4テーマに合わせて県産品を紹介するミュージアム空間へとアップデートし、絞り込み機能も新たに追加致しました。
SNSではシリーズ投稿企画《#わたしのいいもの》にて公式Instagramアカウントにおいて生産者が届けたい商品のこだわりを山形県で作った独自の木枠フレームに収めて発信致します。
特集記事コンテンツ《いいもの山形通信》のvol.4も公開致します。山形県の県産品を手に取ることで感じられる山形の豊かな風土や生産者の想いを五感で紐解きながら記事に展開致しました。
山形県は、山形県産品ブランドプロモーションの一環として、山形県産品の魅力を発信するポータルサイト:《①いいもの山形》においてポータルサイトのリニューアル版を12月上旬より公開いたします。本サイトコンセプトは【Feel the good moment of Yamagata】とし山形の魅力をより感じることができる場所を創出することを目的にトップページをリニューアル。トップページは、山形のものづくりを旅する【いいものミュージアム】をイメージし、山形のいいものを育む美しい自然を背景としたミュージアム空間をサイト上に再現し、山形のいいものを視覚的・直感的に楽しめる内容となっております。

また、ポータルサイト「いいもの山形」内のコンテンツ:《②山形いいもの商店》も温(ぬくもり)、個(個性)、地(地域)、新(新しさ)の4テーマに合わせて県産品を紹介するミュージアム空間へとアップデートし、新たに追加した絞り込み機能により、新しい視点で山形県産品を楽しめる内容となっております。

SNSではシリーズ投稿企画:《③#わたしのいいもの》でミュージアム空間を演出致します。いいもの山形公式Instagramアカウント(@iimono.yamagata)において生産者が届けたい商品のこだわりを山形県で作った独自の木枠フレームに収めて発信致します。

さらに、個別の生産者にフォーカスした特集記事コンテンツ:《④いいもの山形通信》のvol.4も同日より公開を開始致します。山形県の県産品を手に取ることで感じられる山形の豊かな風土や生産者の想いを五感で紐解きながら記事に展開致しました。

今後も様々なプロモーションを基に山形県産品の魅力を全国に向け発信して参りますので、ご期待ください。

【ポータルサイトURL】https://iimono-yamagata.jp

■山形県産品ポータルサイト「いいもの山形」について
山形県の県産品の魅力を伝えるポータルサイト。「衣食住楽」の4つのカテゴリーで山形県内生産者を分け、特集コンテンツと絡めながら山形県のものづくりの魅力を発信。本年12月から【Feel the good moment of Yamagata】をコンセプトに山形の魅力を“発見”する喜びから、“体感”する喜びへとアップデートさせることを狙い、人々の新たな「見たい・聞きたい・触れたい」気持ちを掻き立てるサイトへと進化させ、山形のいいものを視覚的・直感的に楽しめる内容となっております。


■山形いいもの商店 コンテンツ内容
山形県産品の購入への窓口として設けたコンテンツ。温(ぬくもり)、個(個性)、地(地域)、新(新しさ)の4テーマに合わせて県産品を紹介致します。ユーザー自身でテーマの絞り込みや組み合わせができる仕様になっており、新たな視点から山形県産品を楽しめる内容となっております。
 



■#わたしのいいもの 実施概要
いいもの山形公式Instagramアカウント(@iimono.yamagata)において生産者が届けたい商品のこだわりを山形県で作った独自の木枠フレームに収めて発信する投稿企画を実施致します。生産者の「いいもの」が生活者の「いいもの」に発展することを願うシリーズ投稿企画です。ぜひフォローして山形県の魅力に触れてみてください。

 

 

 

 

 


*実施期間:2021年12月1日より順次投稿
*いいもの山形公式Instagramアカウント:@iimono.yamagata

■いいもの山形通信 コンテンツ内容
山形県産品の魅力を、当サイト編集部が個別の生産者にフォーカスを当て掘り下げて紹介する記事コンテンツ。本年12月ではvol.4を公開し、【Feelに出会う、瞬間。】をキーワードに、山形県の県産品を手に取ることで感じられる山形の豊かな風土や生産者の想いを記事に展開致します。Vol.4のテーマは【風が織りなす、いろどり。】としており、山形の美しい自然を吹き抜ける四季折々の風によって彩られた色や光、素材の香りや音が特徴的なプロダクトを扱う生産者の手仕事を五感で紐解きながら記事に致しました。


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
山形県産業労働部商業・県産品振興課 土屋
報道監 産業労働部次長 大山
住所:山形県山形市松波2丁目8番1号
TEL:023-630-3364
FAX: 023-630-3371
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 山形県 >
  3. 山形の魅力を“発見”する喜びから“体感”する喜びへとアップデート!山形県産品の魅力を発信するポータルサイト「いいもの山形」リニューアル