【新商品発表】コロナ禍における『HOMEROOM式』21年度オンライン新入社員研修の決定版をリリース

ビジネスオンライン化が進む今だからこそ、 オンラインネイティブな新入社員に必要なマインドと行動とは?

「人材採用から育成・定着まで」ワンストップでご支援する株式会社ログシー(ROGC Inc. /本社:東京都新宿区、代表取締役:山田 卓司)は、オンラインでの新入社員研修を実施したい企業様向けに“受け身にさせない、受け身にならない”そして、対面研修をオンライン化するための“研修設計&運営サービス『HOMEROOM(ホームルーム)』”を活用した21年度新入社員研修の決定版をリリースいたしました。

◆詳細はこちらから:https://home-room.online/seminar-new
◆当商品の体験会はこちらから:https://home-room.online/trial-new

 

 

 
  • 当研修商品開発の背景

2021年、新入社員研修の在り方が大きく変わります。

コロナ禍において対面研修がスムーズにできない状況は、21年度の新入社員研修にも影響を及ぼします。今年度のような混乱を防ぐために、現段階から計画的にオンラインでの新入社員研修をご検討される企業様が増えました。

さらに、21卒の新入社員にはこれまでとは異なる大きな特徴と、それに伴う課題が3点あります。

■特徴1:生粋のゆとり教育×少子化×売り手市場
ゆとり教育における絶対評価、少子化による大学全入時代、売り手市場による内定のメダル化(複数保有)によって
【課題①】
・評価(査定)されること、他者との比較のなかで競争することに慣れていない。
・与えられてきた経験が多く、受け身で自己決定が苦手な傾向がある。

■特徴2:オンラインネイティブ
「すぐに、手軽に、手短に」というSNSの日常的な活用、ナビサイトではなくスカウト型ダイレクトリクルーティングによる選考、オンライン会議ツールの多用化によって
【課題②】
・対面時のマナーを知らない。
・電話、mail、FAXなどのSNS以外のコミュニケーションが弱い。

■特徴3:コミュニケーションへの価値変化
ZoomをしながらTwitterをするといったマルチコミュニケーションや即レスが当たり前となり、半径50㎝以内のマイクロコミュニケーションに慣れているため合理性がないと手間暇かかるコミュニケーションを避ける傾向があることによって
【課題③】
・即時に回答を求めすぎる。
・自分本位のコミュニケーションになりがち。

このような3つの特徴と課題を持つ21卒の新入社員に対し、コロナ禍という状況を踏まえたうえで適切な新入社員研修を行わなければ、配属先で早々に混乱や問題を招く可能性があると考えられます。

 
  • 3つの課題を解決するために必要な研修テーマとは

ご縁があって選ばれた新入社員に配属後活躍してもらうためには、彼らの持つ課題を4月の新入社員研修でクリアにする必要があります。

■テーマ1:【課題①】には、学生から社会人へのマインドセットをすること。
■テーマ2:【課題②】には、ビジネスマナーの「型」を身につけること。
■テーマ3:【課題③】には、ビジネスマナーの「心」を習得すること。

これらを配属前のタイミングで研修を通してしっかり丁寧に、そして、根拠を持たせて教えることにより、彼ら自身が社会人に切り替わり、配属先でも混乱や問題を招くことなく、スムーズに活躍できるようスタートを切ることができます。

 
  • 概要


当研修は2日間の公開型集合研修です。

■日程:2021年4月5日(月)~6日(火)
 (1社単独開催ご希望の場合は応相談)
■時間:各日9:30~17:30
■会場:オンライン(Zoom)もしくは対面(東京都内)のどちらかをお選びいただけます
■対象:2021年に大学院・大学短大・専門学校・高等学校を卒業の方/中途採用/社員候補の皆様
■受講費:集合研修の場合は2日間で¥55,000(お一人様/税抜)/1社単独開催の場合は1日あたり¥400,000(税抜)
■特典:2020年12月31日までのお申込みで選べる特典あり
 ①お1人当たり10%off ②新入社員読本(¥2,000)を参加者全員にプレゼント
 
  • 当研修で活用する『HOMEROOM(ホームルーム)』とは?



当研修は“受け身にならない、受け身にさせない”そして、対面研修をオンライン化するための”研修設計&運営サービス”『HOMEROOM』を活用した、オンラインもしくは対面(ハイブリッド型)で実施します。

オンライン研修を検討する際、企業様が懸念することとして、従来の対面研修と比べて以下の声が挙がります。

■受け身になるのではないか
■効果が出づらいのではないか
■企業側で面倒な手続きや作業が出るのではないか

そこで、それらをすべて解消すべく、“受け身にならない、受け身にさせない”そして、対面研修をオンライン化するための”研修設計&運営サービス”『HOMEROOM』を弊社にて開発いたしました。


【『HOMEROOM』の2大特徴】

1)「見るだけ、聞くだけ、じゃない」
=自分事として捉えられるよう、「受け身にならない」設計がコンセプト。

<①事前課題に各自取組み→②当日のオンライン研修を受け→③事後課題に各自取組む>
この3つのステップを踏むことで、従来のe-ラーニングや公開研修のような「見るだけ、聞くだけ」にならず、「受け身にならない」「受け身にさせない」設計となり、研修成果が見込めます。

2)オンライン研修の設計&運営サービス
=オンラインでの研修に関するすべてのサービスの運営をします。

①講師:オンライン研修に対応できる講師を手配
②研修プログラム:オンラインで効果的なプログラムを開発、提供
③オンラインシステム:Zoom,WEBEX, Teams,Meetなどの手配
④配信サービス:カメラマンや会議室の手配
⑤事務局:受講者への連絡やリマインド連絡も代行

上記のサービスは一部でも、すべてでも対応可能です。
これまでのオンライン研修でのデメリットをすべて解消したサービス、それが『HOMEROOM』です。

 
  • お申込とお問合せ(体験会・資料請求)

【体験会のお申込はこちらから】
当研修をご案内する体験会(セミナー)をオンラインにて開催いたします。
まずご興味のある方は、お気軽にご参加くださいませ。
■日時:12月16日(水)13:00~14:00
■詳細:https://home-room.online/trial-new
■お申込期限:12月16日(水)9:00AMまで

【当研修商品のお問合せ(詳細と資料請求)はこちらから】
当研修商品の詳細と資料請求は以下からお気軽にお申込みくださいませ。
■詳細:https://home-room.online/seminar-new
■資料請求(お問合せ):https://home-room.online/CONTACT-NEW

 
  • 株式会社ログシーについて
 

《採用から育成まで、あらゆる人事局面に最短で最適解へ》-人材ベンチャー企業のログシー。

【会社概要】
社名:株式会社ログシー(ROGC Inc.)
代表者:代表取締役 山田 卓司
所在地:
<東京本社>〒160-0004 東京都新宿区四谷2-10第二太郎ビル5F
<大阪支社>〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-13-38 西本町新興産ビル919
事業内容:[1]採用支援事業[2]採用・広報コンテンツ制作事業[3]採用コンサルティング・アウトソーシング事業[4]人材研修・育成支援事業[5]人事コミュニティ《ログカレ!》の運営[6]営業戦略コンサルティング事業[7]販促支援事業
サイトURL:https://rogc.co.jp
お問合せ先:https://rogc.co.jp/contact

【本件に関するお問合せ】
株式会社ログシー
担当:細野/鈴木/石原
電話番号:03-6384-2765
メールアドレス:seminar@rogc.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ログシー >
  3. 【新商品発表】コロナ禍における『HOMEROOM式』21年度オンライン新入社員研修の決定版をリリース