コロナ影響で在宅ワーカーの約半数が「家」の定義に変化               ポジティブに捉える人が多数

「<ウィズコロナの時代>これからの生活様式(家での過ごし方編)」に関する調査を実施

コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネット(本社:東京都港区/代表取締役社長:高橋 健一郎)は、2021年6月8日(火)から6月14日(月)に、ワーカーの実態やお困りごとについて調査するコミュニティサイト「カウネットモニカ」会員全国の男女合計1,387名を対象に「<ウィズコロナの時代>これからの生活様式(家での過ごし方編)」と題した調査を実施しました。新型コロナウイルス感染拡大前後で回答者の「家での過ごし方」に関する考えや意識、スタイルの変化などについて調査した内容をまとめております。
調査結果からわかった事

・在宅勤務をしている有職者は約4人に1人
新型コロナウイルス感染拡大前後で「家」の定義が変わったとの回答在宅勤務している人は約半数、
 在宅勤務していない人では約2割

「家」の定義が変わった理由、在宅勤務している人は「家で仕事をするようになったため」。
  その他
「家で家事をする回数が増えた」「家族・同居人と過ごす時間が増えた」
在宅勤務している人の74%、していない人の65%が、「家」の定義が変わったことは良かったと回答
・在宅時のプライベートな時間に始めたことや時間をかけるようになったことは、
​ 「テレビや動画
視聴」「運動・エクサイズ」
・約半数が、在宅勤務は職場で働く時より体の負担があると回答

詳しい調査結果は、下記ページからご確認ください。
 URL:https://www.kaunetmonika.com/office_life/?action=entry&id=56


 ※以下調査結果一部抜粋

 

 

「家」の定義の変化の受け入れ方「家」の定義の変化の受け入れ方















 

 













 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カウネット >
  3. コロナ影響で在宅ワーカーの約半数が「家」の定義に変化               ポジティブに捉える人が多数