【日本初】災害住宅復旧工事の全国プラットホーム始動! 一般社団法人 全日本災害住宅レジリエンス協会を創設

~広域災害の被災住宅復旧工事の加速力向上と悪質工事業者の排除を担う~

一般社団法人全日本災害住宅レジリエンス協会《 英文表記:JRD「 Japan Resilience Disaster Association 」所在地:東京都中央区八丁堀 代表理事:池田 大平 以下略称 JRD 》は、防災の日である令和2年9月1日に事業を開始致しました。 JRDは、全国の優良な建設事業者とのプラットホームを構築し、ガバナンスの有効活用を実現。 近年増え続けている様々な自然災害に対し、被災住宅の応急処置対応や損害範囲の調査をはじめ、迅速かつ適確な住宅の機能復旧工事を行い、被災された国民の生活をいち早く元の暮らしに戻せるよう活動する全国組織です。
【設立背景と取組み】
 一般社団法人全日本災害住宅レジリエンス協会の設立背景には、近年の様々なハザードの爪痕に対し、建設業界に従事する民間の我々に「罹災者救済と同業の仲間がパンクしている状況に協力対処できる方法はないか?」という思いが常にありました。現状の防災対策では、レジリエンス(復旧)工事対応力の不足感や、悪質工事業者における被災者とのトラブルなど、近年の地域コミュニティーの希薄化も相まって防災機能の低下を懸念しており、新たなリスク対策や地域防災力を高める必要があります。  
 JRDでは、自然災害と向き合い・去なす為、国内大手損害保険会社や各企業との協業や実際の被災現場でのトライアルを含めた検証などを行っており、人手不足といわれる建設業界においても「誰一人として残さない」サスティナブルな社会形成を目指し、国や未来ある子ども達を守って行く為の、新しい仕組みや技術革新への『挑戦』をし続けて参ります。  


【主な事業内容】
①被災住宅の迅速かつ適切な復旧工事支援事業
 ・広域災害時をはじめとするハザード復旧工事の支援や連携
 ・大手損害保険業界や災害復旧を行う企業との協定や協業
②災害二次被害対策や住宅復旧工事の技術開発・研究事業
 ・二次被害対策や減災用建材製品の企画開発と販売事業
③家屋応急処置や住宅復旧工事に資する研修や認定事業
 ・損害復旧要綱やドローン実技の研修、家屋応急処置士の認定指導
④各ブロック地域活動における減災リフォームの啓蒙事業
 ・広域災害時に発生する悪質事業者の排除や罹災者相談対応
 ・住宅の防災・耐久性に関するガイドブック企画及び発刊


【法人概要】
組織名:一般社団法人 全日本災害住宅レジリエンス協会 《 略称:JRD  ジェイ・アール・ディー 》
設立:令和2年9月1日(防災の日)
所在地:〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-2-9 コバキンビル4F
代表者:池田 大平(代表理事)
本部長:高木 強(専務理事)
本部事務局長:鈴木 淳一
理事会:理事12名 理事会設置法人
執行組織:全国12エリアのブロック、各都道府県単位の支局による構成
ホームページ:https://www.jrd.or.jp

【本リリースに関するお問合せ先】
一般社団法人 全日本災害住宅レジリエンス協会 本部事務局
担当者:鈴木、真田、鮫島
TEL:03-6275-2857  FAX:03-6275-2858
E-MAIL:info@jrd.or.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 全日本災害住宅レジリエンス協会 >
  3. 【日本初】災害住宅復旧工事の全国プラットホーム始動! 一般社団法人 全日本災害住宅レジリエンス協会を創設