フリアーシステムズが、地下公共設備の空間向けに業界初のサーモグラフィ/デジタルビデオスコープを発表

新しいFLIR VS290-32が、より安全で効率的な工業検査のために電気安全規格に準拠したデュアルセンサーのビデオスコープを提供


フリアーシステムズ(NASDAQ: FLIR)は、サーモグラフィカメラとデジタルカメラを統合した業界初のビデオスコープ、FLIR VS290-32を発表しました。確認しづらい地下の公共設備の空間でより安全で効率的な検査を行えるように特別設計されたVS290-32は、全長2メートルの交換式カメラプローブに産業グレードの電気安全規格に準拠した同社初の柔軟なデュアルセンサービデオスコープを搭載しています。

最も過酷な環境での使用に耐えられるように、VS290-32は電気検査に関する安全規格CAT IV 600 Vに準拠しており、保護等級IP67のカメラチップとIP54のベースユニットは防塵・防水仕様となっています。デバイスには、スーパーファインコントラスト(MSX)機能が搭載されています。MSXは、熱画像全体に可視画像のディテールを重ね合わせて表示することで画像の鮮明度を向上させます。これにより、重要な背景情報が付加されるため、潜在的な問題を正確かつ安全に評価・特定して、停電や資産の故障を防止できます。マンホールの蓋の下などの暗い環境や、屋根裏、冷暖房空調設備システム、機械内部のような狭い空間では、薄型チップの明るいLED作業灯がMSX用の照明となります。
 


フリアーシステムズのソリューション事業部ゼネラルマネージャーであるリッカード・リンドヴァル(Rickard Lindvall)は次のように述べています。「MSXを搭載した、堅牢で電気安全規格に準拠したビデオスコープによって、公共安全や建物診断検査のために、発電所、送電システム、製造施設の狭くて確認しづらい空間内での赤外線検査が飛躍的に容易になります。」

VS290-32は、赤外線センサー FLIR Leptonを搭載しており、高温/低温を色で警告するアイソサームをオプションとして提供しているため、セ氏-10~400度の温度範囲で対象エリアを迅速に特定できます。デバイスには充電式リチウムイオン電池とデュアル充電器を備えており、それぞれ最大6時間連続使用可能です。
 


Con Edison社の送電エンジニアリング部門、エンジニアリング/解析担当セクションマネージャーであるアンドリュー・リード(Andrew Reid)氏は次のように述べています。「安全性はCon Edisonの最優先事項です。この新しいツールによって、当社の作業員は、マンホールの蓋を取り外して中に入らなくても、通気口からマンホールを安全に効率良く効果的に検査して、潜在的な問題を特定できます。これにより、作業員に求められる身体的負担や検査にかかる時間を減らして、現在進行中のインフラ計画や保守をサポートするデータ取集活動に注力できます。」

FLIR VS290の詳細については、https://www.flir.jp/products/VS290-32/をご覧ください。

フリアーシステムズジャパン株式会社
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5階
電話: 03-6721-6648 FAX: 03-6721-7946
e-mail: info@flir.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. FLIR Systems, Inc. >
  3. フリアーシステムズが、地下公共設備の空間向けに業界初のサーモグラフィ/デジタルビデオスコープを発表