明光ネットワークジャパン、3月に国内ではじめて実施される「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト)」の対策講座をオンラインで無償開講

外国人向けオンライン学習サービス『Japany』にて動画教材や教師によるオンライン対面レッスン等を提供

外国人の人材紹介・研修サービスを展開する株式会社明光ネットワークジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁、以下、明光ネットワークジャパン)は、日本語教育のDXを推進・支援するボンド株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:住吉 良介、以下、ボンド)と共同運営している外国人向けオンライン学習サービス『Japany』において、2021年3月に国内ではじめて実施される「JFT-Basic(国際交流基金基礎テスト)」の対策講座をオンラインを活用して無償で開講することをお知らせいたします。


■2021年3月より新たに実施される「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト)」
国際交流基金の「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト、以下JFT-Basic)」は、就労のために来日する外国人が必要な日本語能力を測定し判定することを目的とした試験です。2019年4月以降、海外(モンゴル、インドネシア、カンボジア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ネパール)において実施し、14,900名が受験しています(2020年12月9日時点)。この度、2021年3月より日本国内での試験実施が決定しました。(※1)

2019年より、海外の利用者へ日本語教育機会の提供を開始している『Japany』は、「JFT-Basic」の対策講座に関しても教材開発(動画・教科書・テスト)を完了し、日本語だけでなく、英語・ベトナム語・インドネシア語・ミャンマー語にも対応し、サービス提供を続けて参りました。3月からの「JFT-Basic」の国内実施は、外国人にとって就労のための日本語力を測定する試験機会が増加したという意味では喜ばしい一方、これまで国内で実施されてこなかったために試験対策が難しいという側面があります。いわゆる「対策本」のようなものもまだ売っていないのが現状です。

■動画教材をはじめとしたコンテンツの提供・教師によるオンライン対面レッスンも実施
『Japany』では、上記のような状況を受け、「JFT-Basic」を受験したいが試験対策に困っている外国人のために、今回、無償でオンライン対策講座を開講することといたしました。「JFT-Basic」は、2019年4月に創設された在留資格「特定技能1号」を得るために必要な日本語能力水準を測る試験としても活用されており、「JFT-Basic」に合格することで外国人の方々の就労機会は増加します。当社では、今回の取り組みを通じ、コロナ禍で大変な思いをされている外国人の方々に、少しでも貢献できればと考えています。今回の取り組みにおいては、これまでも提供してきた「JFT-Basic」の動画教材をはじめとしたコンテンツの提供はもちろんのこと、教師によるオンライン対面レッスンもボンドと共同で実施いたします。(※2)
動画教材のみでは不安な学習者も、オンライン対面で先生に質問したり、仲間とともに学習することで、より理解が深まり学習意欲が増すことを期待しています。

この対策講座に参加したい一般の方は、「個人申し込み用フォーム」よりお問い合わせいただければ、必要な情報やURLなどをお送りさせていただきます。法人や団体の方は、本リリースの最後に記載しております「お問い合わせ先」よりお問い合わせください。

個人申し込み用フォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfBxcSQUTA1UJQ5NabWItXjchZXwBIrvd_jKrdQgQ77ZpsxoA/viewform

※1: 2021年1月21日発表の国際交流基金のプレスリリースより。
※2: 2021年3月の試験対策のため、学習アカウントは試験後に使用不可となります。


▶ 「JFT-Basic」対策講座の概要
対象:日本に在住し、2021年3月の「JFT-Basic」を受験予定の外国人
募集期間:2021年1月25日(月)〜開講まで
※応募者多数の場合は、募集を早めに打ち切らせていただく可能性がございます。
定員:募集状況に応じて決定します。
提供教材:『Japany』の「JFT-Basic」オンライン教材(動画・教科書・テスト)48講義
オンラインレッスン日程:①平日夕方(仮) ②平日昼間(仮) ③休日(仮)
 

実際のイメージ実際のイメージ

▶ 『Japany』について
Japany Languageとは、オンライン日本語教材です。生活に関する日本語、ビジネス日本語、日本語検定試験対策など、500動画を超えるコンテンツをご用意。単元ごとにテストで習熟度も確認できます。スマートフォン・タブレットでも学習可能。
また、学習履歴は一括で確認することができます。

<紹介サイト>
http://mnjapany.jp/training/

▶ 明光ネットワークジャパンについて
会社名:株式会社明光ネットワークジャパン(東証1 部上場)
「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発 普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、個別指導を促す学習塾「明光義塾」を全国展開しております。日本語学校事業は、JCLI日本語学校・早稲田EDUの2校を運営。
外国人を雇用する企業様に向け、人材紹介・研修サービス『MEIKO GLOBAL』とオンライン教育サービス『Japany』を展開している。

<コーポレートサイトURL>
http://www.meikonet.co.jp

▶ ボンドについて
会社名:ボンド株式会社(https://bond-co.jp/
代表者:住吉 良介
設立:2016年12月21日
所在地:東京都新宿区新宿7丁目1−4 アークハウス 2F R
事業内容:外国人向け日本語学習プラットフォーム「BondLingo」の企画・開発・販売
オンライン韓国語学習サービス「KKレッスン」の企画・開発・販売

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社明光ネットワークジャパン >
  3. 明光ネットワークジャパン、3月に国内ではじめて実施される「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト)」の対策講座をオンラインで無償開講