酵素の価値を広げる共創空間「酵素アプリケーションスタジオ」5月オープン

天野エンザイム株式会社(本社:名古屋市、代表取締役社長:天野 源之)は、お客様に酵素の効果を実体験して頂き、新たな価値を共創する場として、研究開発拠点であるイノベーションセンター(岐阜県各務原市)内に「酵素アプリケーションスタジオ」を5月に開設いたします。
「酵素アプリケーションスタジオ」では、弊社の製造する様々な酵素を取り揃え、実際に効果を試していただけます。酵素の取り扱いに習熟した弊社スタッフがお手伝いするとともに、酵素に関する疑問にお答えいたします。弊社の多様な酵素製品とアイデアをお客様の商品開発にお役立ていただける場所として是非ご活用ください。

詳細については、5月に弊社HP上でご案内いたします。
https://www.amano-enzyme.co.jp/

■天野エンザイム株式会社について
天野エンザイムは、創業120年を超える国内トップの酵素メーカーです。1948年に医薬用酵素(麦芽ジアスターゼ)を製造開始して以来、70年以上にわたって多岐にわたる酵素の製造販売を手掛け、世界有数の酵素メーカーとして成長を続けております。

【会社概要】
社名  :天野エンザイム株式会社
設立年月  :1948年8月26日(昭和23年)
創業年月  :1899年(明治32年)
代表者  :代表取締役社長 天野 源之(アマノ モトユキ)
事業内容  :医薬用、食品・工業用、診断薬用酵素剤の製造ならびに販売医薬品、動物用医薬品、飼料添加物の製造ならびに販売
本社  :愛知県名古屋市中区錦一丁目2番7号
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 天野エンザイム株式会社 >
  3. 酵素の価値を広げる共創空間「酵素アプリケーションスタジオ」5月オープン