【フェンシング】『2021 AICHI FENCING FESTIVAL』開催にむけて、連動企画『愛知県フェンシング協会×愛知トップランナー』がスタート!第一弾はあの現場の相棒とのコラボ発売!

愛知県フェンシング協会は2021年6月12日13日にスカイホール豊田で国内フェンシングイベント史上最大規模の大会【2021 AICHI FENCING FESTIVAL】を開催することに決定。それにむけて、2021年1月から6ヵ月連続で愛知県内の様々な業種のトップランナーとコラボしていく企画『愛知県フェンシング協会×愛知トップランナー』をスタートさせる。

その第一弾として、老舗機械工具商社の株式会社ノダキとの共同開発商品『フェンシングの相棒・乳酸菌GABAゼリー』が森永乳業株式会社の協力で完成し2021年1月18日に発売されます。
▷愛知県フェンシング協会HP https://fencing-aichi.jp
▷フェンシングの相棒・乳酸菌GABAゼリー販売サイト https://fencingaichi.thebase.in/

 


▽現場の相棒・塩ビタミンゼリーとは
ノダキは全国の様々な製造業と深い関わりがあり、熱中症に悩まされている過酷な現場に出入りしています。
熱中症対策として塩飴は現場に販売していたが、暑い状況で塩飴を長時間舐めるのは少し抵抗がある、温度で飴が溶けて開けにくい、飴玉を舐めながら電話を取れないなどという現場の意見から、もっと気軽においしく塩分を摂取できるものはないかと考えていました。そこで同じ名古屋市西区で老舗駄菓子メーカーの共親製菓株式会社に相談し、夏風邪にも対策が打てるようにマルチビタミンを多く含んだ塩ビタミンゼリーを開発しました。
塩ビタミンゼリーは1本(10g)+水分100mlで厚生労働省推奨濃度と同等の電解質補給ができ、70%が水分でできているため乾いたカラダにムリなくおいしく補給できます。クーラーボックスや冷蔵庫で冷やすとさらにおいしいです。1ボトル1kg、詰替え用は700gで販売しております。
▷現場の相棒公式HP https://kyoushin-s.co.jp/news/200529/

 


無駄な廃棄をしないことを念頭に、BtoBと通販のみの販売にこだわり、初年度で80万本以上のヒット商品となりました。夏を過ぎても飲食店でのコラボカクテルとしての販売や、製造現場以外でも建築現場、学校やスポーツ団体など幅広い現場で使われており、年間売れ続ける熱中症予防の製品となりました。

この「現場の相棒・塩ビタミンゼリー」を2020年6月に共親製菓・ノダキから愛知県フェンシング協会に1200本寄贈されました。

 


1200本の「現場の相棒・塩ビタミンゼリー」を愛知県内のジュニアクラブ、中学校、高校、大学などのフェンシングチームに配布をしました。
夏場でも全身に防具をつけるフェンシング競技は熱中症になる可能性が高くなるため、素早く塩分を補給する熱中症予防として「効率的な練習ができた!」と数多くのメッセージをいただきました。

 


ですが世の中の情勢はなかなか好転することがなく、2020年は様々なイベントや大会が軒並み中止や延期、縮小開催など、スポーツの置かれる状況は大変難しいものとなりました。
そんな不安定な情勢のなか、選手が抱える悩みを解決したいと愛知県フェンシング協会の冨田弘樹常任理事からノダキの野田典嗣社長に相談を持ちかけました。

選手は「成果を上げるためのハードな練習によるプレッシャー」「大会中止・延期により目標設定の難しさ」といった様々な悩みや心配などの精神的ストレスとも戦っています。
精神的ストレスが自律神経のバランスを乱し、免疫力が低下すると考えられているため、ストレスを軽減することが現状を乗り切る一つの手段だと考えています。

愛知県フェンシング協会からの提案を受けたノダキと共親製菓は選手の精神的なサポートするための商品を開発することとなりました。
マーケティングにより乳酸菌とGABAを含有することが望ましいとは思っていたものの、駄菓子メーカーと機械工具商社では健康についてのエビデンスが乏しい。そこで森永乳業に協力を仰ぎ、シールド乳酸菌の提供が決まりました。結果、他には無い、新感覚の乳酸菌ゼリーが完成し『フェンシングの相棒 乳酸菌GABAゼリー』が完成しました。

○プロフィール

 


愛知県フェンシング協会 常任理事冨田弘樹
中学1年生からフェンシングを始め、高校時には全国大会優勝、U17日本代表、U20日本代表時に世界ジュニア選手権でベスト8、2010年までワールドカップに出場。
選手引退後はフェンシングコーチとして、愛知工業大学名電高等学校・中学校で指導し、2016年度全国小学生大会優勝·全国中学生大会優勝·インターハイ優勝·全国高校選抜大会優勝、2017年度全国中学生大会二連覇、インターハイ二連覇を経て2018年からU20/U17フェンシング日本代表コーチにも就任。

愛知県フェンシング協会は大会運営や県内選手の育成・強化だけでなくフェンシングの普及活動もしている。2020年7月にクラウドファンディングを立ち上げ200%を達成し子供たちの大会を実施することが決まっている。他にもフェンシングをプラットフォームとした地域貢献活動や漫画制作、廃棄物をアップサイクルした商品開発などSDGsにも取り組んでいる。
 

 


株式会社ノダキ 代表取締役社長野田典嗣
2004年入社。国内外の営業支店で営業や経営企画を経験し、2019年に代表取締役社長に就任。
株式会社ノダキは1907年創業、今年で113年。名古屋に本社を構え、全国のモノづくりの現場へ機械工具を中心とした商材の流通をさせている。海外ではタイや中国に拠点を持つ。お客様のニーズに答えるテクニカルスタッフを抱えているのが特徴。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 愛知県フェンシング協会 >
  3. 【フェンシング】『2021 AICHI FENCING FESTIVAL』開催にむけて、連動企画『愛知県フェンシング協会×愛知トップランナー』がスタート!第一弾はあの現場の相棒とのコラボ発売!