事業再構築補助金がムリでも諦めないで!小規模事業者持続化補助金で事業を再構築する企業が急増中!

コロナ禍の今だからこそ、高額プログラム×電子書籍でビジネスを作りませんか?

株式会社SOURCE(本社:東京都新宿区 代表:宮川あきら)のもとでは、事業再構築補助金ではなく小規模事業者持続化補助金を使って事業の再構築を目指す企業が増えています。
コンテンツ型ビジネスで企業の事業再構築を支援する株式会社SOURCE(本社:東京都新宿区 代表:宮川あきら)では、事業再構築補助金ではなく小規模事業者持続化補助金を使って事業の再構築を目指す企業が増えていることから、高額プログラム×電子書籍で構築する『新・コンテンツ型ビジネス』構築プログラムのテスト募集をスタートさせたことをお知らせします。

株式会社SOURCEでは今後とも、お客様に対しコロナ禍に負けない事業の再構築のサポートを行ってまいります。


事業再構築補助金の公募が始まり、事業再構築の機運が高まる

中小企業庁では3月26日から約1ヶ月間を想定して事業再構築補助金の公募を開始し、社会ではコロナ禍における事業再構築の機運が高まっています。

実際、東京商工リサーチの調査結果では、8,508社のうち、46.8%が事業再構築を実施、または検討していると回答しています。

(東京商工リサーチ第12回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査より引用)(東京商工リサーチ第12回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査より引用)


ただし、事業再構築補助金は当初の予想よりも要件が厳しく、小規模事業者にとってはかなりハードルの高いものになっているようです。


小規模事業者持続化補助金を活用して、事業の再構築を行う企業や個人事業主も増えている 

その一方で、事業再構築補助金ではなく、小規模事業者持続化補助金を上手く活用し、事業再構築を行っている企業や個人事業主も増えています。

例えば、株式会社SOURCEのクライアント企業の1社である株式会社I.D22代表取締役の山際春海さんもその1人です。
 
株式会社I.D22では、コロナ以前にはセラピストの養成講座などを開催されていましたが、コロナ禍でリアルの講座開催が厳しくなりました。

そこでオンライン完結型の講座に再構築したいという思いを持って、弊社が提供している1年間の実践講座である『新・コンテンツ型ビジネス』構築プログラムを受講しながら、現在は事業の再構築に取り組んでいます。


株式会社SOURCEができること 

私たちが2021年2月10日よりテスト的に提供を始めている『新・コンテンツ型ビジネス』構築プログラムでは、高額プログラム(講座)×電子書籍でビジネスを構築することを推奨し、そのノウハウを顧客に提供しております。

本プログラムにおいて多額の設備投資は不要なので、多くの事業者が小規模事業者持続化補助金を使ってこのプログラムに参加しながら事業の再構築に取り組んでいます。
 
このように、小規模事業者の事業再構築には小規模事業者持続化補助金も使えるので、事業再構築を目指しての小規模事業者持続化補助金の活用も検討されると良いでしょう。


会社概要
 
会社名: 株式会社SOURCE
代表   : 宮川 あきら
所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2新宿第七葉山ビル3F
URL : https://source-inc.info/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SOURCE >
  3. 事業再構築補助金がムリでも諦めないで!小規模事業者持続化補助金で事業を再構築する企業が急増中!