ブレインラボ株式会社「Cirq®ロボットアームシステム」販売開始

手術支援ロボットアームが、脳神経外科、脊椎外科領域をサポート

ブレインラボ株式会社(本社 東京都港区)は、脳神経外科手術用ナビゲーションシステムの追加機能として導入可能なエコシステムコンセプトの手術支援ロボットアーム「Cirq®ロボットアームシステム」の販売を2021年2月1日より開始いたしました。

 

 Cirq®ロボットアームシステム(サーク ロボットアームシステム)(以下、Cirq)は、ブレインラボ社(ドイツ、ミュンヘン)脳神経外科手術用ナビゲーションシステムのアドオンシステムとして機能する、エコシステムコンセプトの光学式手術支援ロボットアームで、脳神経外科、脊椎外科領域をサポートします。

 脳神経外科ナビゲーションシステムは、手術中の位置情報をミリ単位の精度で3D表示する手術支援コンピューターシステムで、主要な医療機関において、脳神経外科、脊椎外科、耳鼻咽喉科領域で安全な手術を行うための医療機器として導入されています。
 Cirqは、20年以上にわたる研究を重ねたナビゲーションシステムの実績と位置精度を継承するロボットアームシステムとして開発され、2021年1月に日本国内で薬事承認を取得することができました。

【Cirqの特長】

  • 人の腕、手、指に近い可動性を有するモジュールを組み合わせたロボットアームシステム
  • 電磁ホールドとタッチセンサー機能を有する手動式7DoFロボットアーム
  • 先端部アライメントモジュールの4DoFキネマティック可動による、ファインチューニング
  • 先端器具を付け替えることでクラニアルセットアップ、スパインセットアップの双方に対応
  • 手術台のサイドレールに取り付けるゼロフットプリントデバイス
  • 手動操作とロボティック制御のモジュールを組み合わせ、可動の全てをロボットに依存しないコンセプト
  • 確立されたナビゲーション手術手技を踏襲し、ロボットセットアップ時間を多く必要としないワークフロー


【製品概要】
一般的名称   : 脳神経外科手術用ナビゲーションユニット
販売名     : Curveナビゲーションシステム
                                (Cirqロボットアームシステム)
医療機器承認番号:   22400BZX00153000

【ブレインラボについて】
 ドイツ ミュンヘンに本社を置くブレインラボは、ソフトウェアの技術や知識を駆使し、より先端的で非侵襲的な治療を目指した製品の開発に取り組んでいます。
 多情報ガイド下の手術ナビゲーションシステム、放射線手術、高精度放射線治療、ORのデジタルインテグレーション、知識や情報をビッグデータとして蓄積し活用する基盤の構成を製品開発の重点要件としています。
 1989年にドイツ、ミュンヘンで株式非公開企業として設立されて以来、ブレインラボのシステムは、世界116か国で約13,300台が使用されています。世界20か所のオフィスに1,500名の従業員がおり、そのうちの320名が製品開発チームの重要部分を担う研究開発エンジニアです。
 

 


 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブレインラボ株式会社 >
  3. ブレインラボ株式会社「Cirq®ロボットアームシステム」販売開始