3.11から10年、全国100人で描くGPSアートに須磨海岸から参加

世界の支援国の言葉14言語で「ありがとう」を発信。

須磨ユニバーサルビーチプロジェクト(所在地:兵庫県神戸市、代表理事:木戸俊介)は、NPO法人Auniversityが主催、GPSランナー志水直樹氏が企画する『100人で描く「世界にありがとうプロジェクト」』(URL: https://a-university.org/311thankyouworld/ ) に参画し、スマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)機能を用いて、須磨海岸をキャンバスに「コップン」(タイ語で「ありがとう」)の文字を表現。東日本大震災10年の節目に世界への感謝を伝えました。全国各地で実施されたこのプロジェクトは、3月11日にツイッターなどで「#311thankyou」と検索すると全国の作品を見ることができます。



■ 『100人で描く「世界にありがとうプロジェクト」』とは
   10年前の3月11日、東北地方を中心に未曾有の被害を引き起こした大震災ではたくさんの国からの支援がありました。このプロジェクトは、その支援していただいた国々に感謝と笑顔を届けるため、GSP機能を用いて世界各国の「ありがとう」の文字を描き、日本各地から発信していくプロジェクトです。志水氏のSNSの呼びかけに全国の100人が賛同し、3月11日までに世界14言語のGPSアートを表現。参加者全員の笑顔を添え、1つのメッセージとして世界に届けます。

・義援金上位国14言語の「ありがとう」を表現
今回GPSアートで表現した言語は、震災後の義援金上位30位までの国の主要言語から14言語(英語、アラビア語、ドイツ語、タイ語、中国語、ベトナム語、フランス語、マレー語、ヒンドゥー語、ポルトガル語、モンゴル語、イタリア語、韓国語、ロシア語)を選びました。
http://www.asahi.com/special/news/gallery_e/view_photo.html?special-pg/TKY201304020478.jpg

・神戸 須磨海岸では車椅子ユーザーも参加
GPSアートは「誰もが楽しめる」バリアフリーなスポーツであることも魅力の一つです。今回この企画に神戸の須磨海岸から参画した須磨ユニバーサルプロジェクトでは、水陸両用アウトドア車椅子「ヒッポキャンプ」で車椅子ユーザーも一緒に楽しみながら、「コップン」(タイ語で「ありがとう」)という文字を、砂浜という自由なキャンバスで表現しました。
 

 


■ GPSランナー志水直樹氏「コロナで苦しむ世界を日本から元気に」
コロナの影響で世界中が苦しむ中迎える、3.11東日本大震災から10年の節目。世界中に復興支援尽力への感謝の気持ちを伝えるだけでなく、元気を日本から届けられるよう参加者の笑顔の写真を添えてメッセージを発信します。スポーツ・アート・笑顔の力は言語の壁をも越え、世界中の方々をHAPPYにする!そう信じ、今回は『100人で描くGPSアート』という形で表現しました。


■ 須磨ユニバーサルビーチプロジェクトが目指す「誰もが楽しめるイベント」
GPSアートは年齢や性別、健常者や障がい者問わず大人や子ども、お年寄りまで楽しく参加できるスポーツです。また、このGPSアートはメッセージを受け取る側も、参加側もポジティブな気持ちになれ、実際に参加した車椅子ユーザーからも「参加する自分も楽しみながら、世界中の人たちに最高のありがとうと笑顔を届けることができ嬉しい。」との声があがっていました。今後も志水氏と協力し、アイディアを出し合いながら、より多くの車椅子ユーザーが楽しめ、日本を須磨から元気にするイベントを企画していきたいと思います。
 



●NPO法人Auniversity
Auniversityは「個性の英雄」となった人たちが集まり、調和し合っていく新しい世界を目指します。
自ら考え、実践する人であり、個性の英雄となるためには、多様な価値観を学び、理解する必要があると考えます。若者が学べる場や実践する機会を提供することで、日本はもちろん世界で活躍する「英雄」を輩出します。
 
HP:https://a-university.org/about/
 
●GPSランナー 志水直樹
2016年より、オーストリア発のランニングアプリ『adidas RUNNING』の走った軌跡に色が付く機能を使い、全国・世界中を走りながら被災地への応援メッセージや絵などを走って描く『RUN FOR SMILE』の活動を展開。
作品数は約550、描いた総距離はおよそ6100km。(2020.1月現在)
GPSウォークやGPSラン、GPSプロギング(ゴミ拾い)など、誰もが楽しめるスポーツとアートを融合させた”コロナ禍でも楽しめる新しいスポーツ”を国内外で提案しています。

HP:http://gps-run.com/

GPSランナー志水直樹氏と須磨ユニバーサルビーチの出会いのストーリーはこちら
https://prtimes.jp/story/detail/XBaLM0u7eDb

 
<法人概要>
法人名:NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
所在地:兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町1丁目14-10ドルフ21-102
代表者:木戸俊介
設立:2017年11月2日
URL:https://sumauniversalbeach.com/
事業内容:みんなの”できない”を”できた!”に変えるを合言葉に、障害を持っている方やお年寄り、小さなお子さんまで、誰もが楽しめるユニバーサルデザインなビーチを普及していく活動をしています。

<問い合わせ先>
事務局長 土原翔吾
HP:https://sumauniversalbeach.com/ のフォームより
TEL:080-3782-4405
e-mail:sumauniversalbeach@gmail.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト >
  3. 3.11から10年、全国100人で描くGPSアートに須磨海岸から参加