カケハシ・プロジェクト(立命館大学×ハワイ・パシフィック大学) 日米大学生オンライン交流イベントを開催いたします

〜 対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」〜


 外務省が推進する国際交流事業対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」の一環として、日本と米国の大学生を対象とした、オンライン交流を開催いたします。
 立命館大学の学生は、昨年2月にカケハシ・プロジェクトで訪米はしましたが、交流校であるハワイ・パシフィック大学へはコロナ禍のため訪問がかなわず、今回、両校でオンライン交流を実施する運びとなりました。プログラム前半では、ハワイ在住のハナパアITソリューション 三枝ブランドン氏から、「成功戦略:COVID-19 時代に繁栄するか、単なる生存で終わるか」と題して講義を行います。後半は、両大学の紹介に続き、小グループに分かれて2回のディスカッションを行います。最初のディスカッションのトピックは「お互いの国の文化についてずっと疑問に思っていたこと」、2回目のディスカッションでは、「カケハシ同窓生としての今後の活動について」というトピックについて意見交換を行います。なお、ハワイ・パシフィック大学は、コロナ禍の終息めどがつき次第、カケハシ・プロジェクトの一環で訪日を予定しています。

【開催概要】
名称:カケハシ・プロジェクト オンライン交流イベント
日時:2021年3月2日(火)12:0014:00 (日本時間)
内容:講義「成功戦略:COVID-19 時代に繁栄するか、単なる生存で終わるか」、大学紹介、小グループでの意見交換
対象:ハワイ・パシフィック大学(米国)・立命館大学(日本)の大学生
言語:英語
実施方法:Zoomミーティング
実施団体:一般財団法人 日本国際協力センター 

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」事業概要
「カケハシ・プロジェクト」は、日本と北米地域との間で、対外発信において、将来を担う人材を招へい・派遣する、日本政府(外務省)が推進する事業で、当センターがプログラム企画・運営を受託しております。人的交流を通じ、日本の政治・経済・社会・文化・歴史及び外交政策に関する対日理解の促進を図るとともに、未来の親日派・知日派を発掘することを推進しております。また日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者にSNS等を通じて積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、日本の外交基盤を拡充することを目的としております。

【本件に関するお問い合わせ先】
一般財団法人 日本国際協力センター 国際交流部
お問い合わせフォーム:https://www.jice.org/contact/index.html



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 日本国際協力センター >
  3. カケハシ・プロジェクト(立命館大学×ハワイ・パシフィック大学) 日米大学生オンライン交流イベントを開催いたします