名医が病気を解説「お医者さんオンライン」公開2ヵ月目で月間100万PV達成 コロナ禍で受診の目安としてニーズ増加

 AI診療支援システムを医療機関に提供している株式会社プレシジョン(以下「プレシジョン」、本社:東京都文京区、代表:佐藤 寿彦〈現役医師、AI研究者〉)が運営する、家庭の医学情報サイト「お医者さんオンライン」がリリースから2ヵ月目にして月間100万PVを達成したことをお知らせいたします。

■リリースからわずか2ヵ月目で月間100万PV達成
当サイトは2021年1月23日に一般向けに無償公開し、2ヵ月目にして月間100万PVを達成しました。PVは現在も増えており、現在1日平均約8万人が訪れており、1月後には月間300万PV相当に達することも見込まれています。コロナ禍で受診控えが進む中、患者が病気の症状や受診の目安を確認するため活用されています。

■利用者様からの声も届いています
ホームページで、エピソードを募集したところ、利用者からは、以下の声が届きました。コロナ禍での医療情報の提供に少しでも役立てているのではと、私達は考えています。

頂いたエピソード
9歳の息子が伝染性単核球症になりました。病院の先生もきちんと説明をしてくれましたが、息子の心配で頭が真っ白になり、細かいことがきになりました。そこで、このページと出合い、詳しく説明があるのと、目で見て確認出来たので、分からなかったことがわかりました。助かりました。(らおたん様)

もう3か月もめまいに悩んでいます。丁寧なご説明のおかげで不安が随分解消されました 。コロナ禍の中 耳鼻科に伺うのもためらっています。様子を見て ワクチン接種が済んでから行ってみます ありがとうございました。(Itsuko様)

寝汗が酷く夜中に3〜4回着替えています。理由が分からずとても困っていましたがこちらにがんが影響することがあると書かれていて納得。 肝臓に大きな腫瘍があり手術不可のため共存しています。 理由がわかるだけでもとても助かります。ありがとうございました。(アケビ様)

AIGAの可能性があります。今までのサイトで1番分かりやすかったです。(母様)

胃食道静脈瘤破裂による吐血があり、今現在入院治療中です。今回の入院で初めて、先週食道静脈瘤硬化療法を受けました。1回では終わらず、来週2回目の治療を受けます。 色々説明を受けましたが、正直どんな治療なのか、合併症の危険性は、などあまり理解せずに同意書に署名しました。今回こちらのサイトで分かりやすく記載説明されていたので、合併症はさて置き、治療自体はどんなものなのか、と言う事が分かり少し安心しました。 有り難うございました。(とんこ様)

■家庭の医学情報サイト「お医者さんオンライン」について
当サイトは患者が気になる病気や検査・治療についてご家庭で調べていただける資料集で、大学教授など信頼のおける約500名の医師が、600病状の情報をイラスト付きで解説しています。体調に不安を感じても病院を受診しづらい昨今の状況下で患者の不安を取り除くため専門医が監修する良質な情報提供を目的に公開しました。
サービスURL:お医者さんオンライン:https://www.premedi.co.jp/ishaon-top

■アクセス急上昇のキッカケは「新型コロナウイルス感染症」
アクセスが急上昇するキッカケとなった記事は「新型コロナウイルス感染症について」(執筆:国立国際医療研究センター 国際感染症センター総合感染症科 忽那 賢志 先生、監修:国立国際医療研究センター 国際感染症センター長 大曲 貴夫 先生)です。
新型コロナウイルス感染症とはどんな病気か?その症状や医療機関の選び方、治療方法など患者目線で気になる詳細について解説しています。「コロナに感染したかも」と感じている人にも読んでいただきたい内容です。
該当ページ:「新型コロナウイルス感染症:症状は?原因は?予防はできるの?治療法は?」https://www.premedi.co.jp/ishaon-detail/h01911

新型コロナウイルスの著者:忽那賢志先生(国立国際医療研究センター 国際感染症センター総合感染症科)

■お医者さんオンラインの展望について
プレシジョンでは、この患者さん説明資料をさらに拡充していくために、患者さんから内容のフィードバックを基に、医療現場でさらに役立つものへと拡充できたらと考えています。

■今後の展望について
プレシジョンでは国内初のAI診療支援を開発(AIアドバイザーはAI研究の第一人者、東京大学工学院 の松尾 豊教授)するなど、医療現場と患者のコミュニケーションの橋渡しになるような取り組みを行っております。今後も日本医療のインフラを目指し、活動して参ります。

■会社概要
企業名:株式会社プレシジョン
代表者名:佐藤 寿彦(医師兼任/AI研究者)
所在地: 東京都文京区本郷4-2-5 MAビル7F
URL:http://premedi.co.jp/
設立:2016年11月

本情報コンテンツは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成29年度「AIシステム共同開発支援事業(AIを用いた地域医療現場における臨床支援システムの開発)」の成果を用いています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレシジョン >
  3. 名医が病気を解説「お医者さんオンライン」公開2ヵ月目で月間100万PV達成 コロナ禍で受診の目安としてニーズ増加