クラウド型電子カルテ「homis」とクロスログ株式会社の提供する在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」API連携実現のお知らせ


クラウド型電子カルテ「homis」の開発・販売を行う株式会社ヒューマンライフ・マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木 美樹、以下、「HLM」)は、在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を提供するクロスログ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮原 智新)とAPI連携を実現致しました。

 
  • CrossLogとのAPI連携について

訪問診療を行っている医療機関では、診療スケジュールの作成や診療の合間の移動時間が課題になっています。クラウド型電子カルテ「homis」と在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とのAPI連携により、診療スケジュール管理の簡素化や診療スケジュール作成の効率化が実現できます。

 
  • クラウド型電子カルテ「homis」について
「homis」は、在宅医療を行う「医療法人社団悠翔会」のMS法人である株式会社ヒューマンライフ・マネジメントが、在宅医療に特化して開発したクラウド型電子カルテシステムです。
主治医以外の医師も、診療内容や療養方針、対応ルール、患者様の「ものがたり」を整理して共有することで、当直などを含め 24 時間対応の連続した在宅医療を負担なく実現できるようになります。さらに、複数のクリニックで連携するための情報共有に加え、さまざまな書類の作成、訪問スケジュールの管理など、在宅医療に必要な業務支援機能が盛り込まれております。
現在、全国120の医療機関で利用されており、常時 2万7,000 名(累積約 10 万名)の在宅患者の診療情報が管理されています。
 
  • 在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」について
「CrossLog」は、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務の効率化を実現するソフトです。
訪問の予定、患者様宅の地図、住所録を1つのシステムで管理することで、予定から患者様に渡すカレンダーや、当日の訪問リストなどが多数の形式で自動出力されるため、業務を大幅に短縮できます。
患者規模500名/月のクリニックの事例では、看護師の業務を約半分まで縮小することを実現いたしました。2020年4月の正式リリースから契約数を伸ばし続け、現在は全国でご活用いただいております。
  首都圏最大級の在宅医療に特化した「医療法人社団悠翔会」とのグループ内連携を通じて得られた知見・ノウハウをもとに、クラウド型電子カルテ「homis」(https://www.homis.hlm.tokyo/)の開発・販売や、夜間当直医サービス、夜間休日コール受付サービスなど在宅医療クリニック向けの BPO 事業を展開しています。2021 年2月には、訪問看護ステーション向け記録システム「homisNursee」(https://homisnursee.hlm.tokyo/)もリリースしております。
■代表取締役:佐々木 美樹
■設立:2002年10月
■拠点:東京都港区新橋5-14-10新橋スクエアビル7階
■URL:https://www.hlm.tokyo/
  「在宅医療を当たり前にする」をミッションに、在宅医療専用スケジュールソフト 「CrossLog(クロスログ) 」の企画・開発・運営・販売を行っています。医療従事者の方々を全力でサポートする企業です。
■ 代表取締役社⻑:宮原 智新
■ 設立:2020年12月
■ 拠点:福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F
■ URL:https://corp.crosslog.life/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ヒューマンライフ・マネジメント
事業推進グループ 事業推進チーム 西邑(にしむら)、諏訪、桒原 jisui@hlm.tokyo
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマンライフ・マネジメント >
  3. クラウド型電子カルテ「homis」とクロスログ株式会社の提供する在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」API連携実現のお知らせ