徳島大学と㈱玄米酵素の共同研究 ~ 自己免疫疾患である「1型糖尿病」の発症を ”玄米発酵食品” が遅延させる可能性を示唆する研究成果

徳島大学・片岡佳子教授が行った「1型糖尿病の発症抑制」に関する研究が、論文 として発表されました。1型糖尿病を自然発症するモデルマウスに、発酵玄米(FBRA)を含む餌を与えると、1型糖尿病の発症が遅くなりました。


この度、徳島大学・片岡佳子教授が行った「1型糖尿病の発症抑制」に関する研究が、論文* として発表されました。1型糖尿病を自然発症するモデルマウスに、発酵玄米(FBRA)を含む餌を与えると、1型糖尿病の発症が遅くなりました。

子どもや若者を中心に発症する「1型糖尿病」。1型糖尿病は、インスリンを作る膵島のβ細胞が、自身の免疫細胞に破壊される自己免疫疾患の一つ。β細胞が破壊されると、インスリンの分泌が枯渇し、糖尿病を発症します。発症後は一生、インスリン注射を打ち続ける必要があります。
 

この研究では、1型糖尿病を自然発症するモデルマウスを使用。発酵玄米(FBRA)を0.5%混ぜた餌を与える群と通常の餌を与える群、2つに分けて飼育しました。
発酵玄米(FBRA)を含む餌を与えた群では、通常の餌を与えた群よりも糖尿の発症が比較的遅くなりました。細かく調べた結果を解説します。


1. 30週齢の段階で、通常餌を与えた群では67%のマウスが糖尿を呈したのに対し、発酵玄米(FBRA)を含む餌を与えた群では33%のマウスが糖尿を呈しました。

2. このマウスは通常、インスリンを作る膵島に炎症が進行しますが、発酵玄米(FBRA)を摂取したマウスは、膵島に起こる炎症のスコアが低く抑えられていました。

3. 炎症が進行すると膵島が破壊されてしまうのですが、発酵玄米(FBRA)を摂取したマウスでは、損傷の無い膵島の割合が多く残っていました。

4. その結果として発酵玄米(FBRA)を含む餌を摂取したマウスは、おそらくインスリンの産生が維持され、1型糖尿病の発症を遅らせていることが示唆されました。

 

研究に使用した発酵玄米はこれまでの動物実験の結果、大腸炎を抑えたり、さまざまな臓器での化学誘導発がんを抑えるなどの機能が示され、30以上の学術論文が発表されています。

論文では「FBRA」という学術名を使用。研究データは、学術研究解説サイト「ふぶらぼ」で閲覧可能です。
https://fbra.jp/



*論文名  Kataoka K, Nemoto K,Sakurai A, Yasumoto K, Shikanai,M., Preventive effect of fermented brown rice and rice bran on spontaneous type 1 diabetes in NOD female mice. Journal of Functional Foods 78, March 2021, 104356

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 玄米酵素 >
  3. 徳島大学と㈱玄米酵素の共同研究 ~ 自己免疫疾患である「1型糖尿病」の発症を ”玄米発酵食品” が遅延させる可能性を示唆する研究成果