秋田県の町村システム導入における効率化を実現。先行事例から学ぶ行政デジタル化のポイントとは!?

 自治体の基幹業務、民間企業の業務システムなど、オーダーメードのソフトプログラム開発を得意とする株式会社アチカ(所在地:秋田県秋田市、代表取締役:大槻 忠則)は株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社⻑:川田 篤)が提供するクラウドERP「ZAC Enterprise」(以下、ZAC)を活用し自社の“働き方改革”の取り組みを加速化しています。アチカが行う自治体のシステム共同化という先行的なシステム標準化の取り組みと、秋田県初となるZAC導入によるDX推進の効果について紹介します。

  • 仕様統一する工夫を提案し、提供価格低減と工期短縮を実現

アチカでは、秋田県内の町村12団体の基幹系システムを共同化導入/保守しています。「当時全国でも県単位での町村全ての共同化は例がなく、共同化事例の収集と運用スタイルの試行錯誤を重ねての稼働となりました。7年契約を終了し、現在2回目の7年契約を迎えています」(公共ソリューション部 担当部長 吉田 剛さん)


仕様統一にあたり、以下の提案を行いました。
「仕様統一の際、各自治体を横断して、同業務の人たちでワーキンググループを立ち上げて、話し合いの中で仕様を決めていきました。これにより公平性を保ちながら、みんなが使えるシステムの統一化を実現できました」(吉田さん)

仕様が統一されれば、マニュアルの作成も一つで済みます。各自治体ごとに個別にレクチャーする必要がなく、全体集合で一気にレクチャーを行えるので、提供価格低減と工期短縮につながりました。

 
  • しかしながら、完全に手離れしないのも事実。ICT導入には“助け合いの精神”が必要
「自治体では必ず人事異動があります。職員間での引継ぎはありますが、新任職員からの問い合わせや、年次処理の問い合わせがあります。また、法改正によりシステム改修も必ず発生します」(吉田さん)
アチカでは、分かりやすいマニュアルの作成を行なっておりますが、それに加えて大きく役立っているのが、同じ業務の担当者同士による「ネットワーク」と、アチカが立ち上げた「システム利用者が質問や回答を投稿・参照できるFAQサイト」だと言います。

「自治体の枠を超えて、同じ業務の人たちでネットワークができていて、そこで、気軽に教え合えるようになっています。同じ秋田県の中だからできている部分もあるかもしれませんが、我々も勉強になることがありとてもありがたいことだと思います」(吉田さん)
 
  • 吹雪いた日には片道2時間以上かかることも!行政業務の効率化が得意なアチカが、DX推進で自社の効率化も加速
​「吹雪いた日には車が渋滞してしまって、会社に来るのに2時間以上かかる社員もおります。リモートワークは、この時間をうまく使うことで生産性向上につなげる事ができる可能性を秘めていると思います」(常務取締役 樫尾 覚さん)

一部業務でリモートワークの導入を進めるアチカでは、業務管理/プロジェクト管理の課題解決を目的に、ZACを導入いただいています。「毎月、月次の締めをしてから結果が出るまでは2週間くらいかかっており、早い経営判断ができず、営業方針転換のジャッジが遅れることがしばしばでした。ZACにより集計が早くなったのが一番のメリットだったかもしれません」(樫尾さん)

 
  • 月次の締め作業が10営業日から5営業日と50%削減
​ZAC導入による効果:
・月次の締め作業が10営業日から5営業日と50%削減
・部門管理者による月次の集計資料作りも2営業日から数時間に大幅短縮
・引合案件を含め一元管理が可能になった


「部門管理者は、自部門の数字を追うのに精一杯でしたが、ZAC導入後、ゆとりを持って集計資料を作ることができるようになり、自部門以外に対しても目を配り、アドバイスができるようになりました。また、従来は引合案件はEXCEL管理で、売上予測資料の作成に時間を要していました」(樫尾さん)

ZAC導入が可処分時間の増加、それにより本業に注力できる環境の提供につながっています。
 
  • アチカの今後の展開
1.経営基盤の整備 2.重点事業の成長(・自治体標準化システムの獲得・ニアショア事業の確立・AsyzAP、RPA、AI-OCR等の拡販)3.キャリア教育・人材の効果的な育成を通して、 ICTを活用したよりよいシステムとサービスを提供していきます。

〈ニュースリリース〉:https://www.oro.com/zac/news/news-1937.html

■株式会社 アチカ

公式サイト:https://www.atika.co.jp/
・所在地 〒010-0941 秋田市川尻町字大川反170番地179
・設立 平成2年4月1日
・資本金 3,300万円
・代表取締役 大槻 忠則
・売上高 12億9,100万円(2020年9月期)
・従業員数 84名(2020年4月1日現在)

■人と時間を味方に「クラウドERP ZAC」のご紹介

公式サイト:https://www.oro.com/zac/
『クラウドERP ZAC』は損益管理、プロジェクト管理、管理会計、内部統制、決算早期化を実現する統合型の基幹業務システムです。ITサービス業、広告・クリエイティブ業、コンサルティング業をはじめとした知的サービス業を中心に750社を超える企業様に導入いただいています。
ZAC 導入事例:https://www.oro.com/zac/casestudy/
ZAC BLOG:https://www.oro.com/zac/blog/
クラウドERP開発・導入の知見をもとに、ERP・管理会計から業務効率化まで、役立つ情報をお届けしています。

■株式会社オロについて
・上場証券取引所:東京証券取引所 市場第一部(証券コード 3983)
・所在地:東京本社 東京都目黒区目黒 3-9-1 目黒須田ビル
・代表者:代表取締役社長 川田 篤
・事業内容
クラウドソリューション事業
クラウド ERP「ZAC」「ZAC Enterprise」( https://www.oro.com/zac/ )の開発・提供
クラウド PSA「Reforma PSA」( https://www.oro.com/reforma-psa/ )の開発・提供
デジタルトランスフォーメーション事業
企業のデジタル戦略策定および推進支援( https://dx.oro.com/ )
マーケティングDX / エリアマーケティング / セールスプロモーション / PR / 広告クリエイティブ企画•開発 / ブランディング、CI•VI開発 / メディアプランニング•広告運用改善 / システム開発•Web制作•運用
海外向けプロモーション支援( https://www.oro.com/global/ )


【報道に関するお問い合わせ先】
株式会社オロ 広報担当 齊藤・橋口
TEL:03-5843-0836(直通)/ Mail:info@jp.oro.com

【『クラウドERP ZAC』に関するお問い合わせ先】
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:武田
TEL:03-5843-0653 / Mail:zac@jp.oro.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オロ >
  3. 秋田県の町村システム導入における効率化を実現。先行事例から学ぶ行政デジタル化のポイントとは!?