『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』にて1984年のマクセルの広告に登場した「ワンダー・シップ号」を展示

マクセル株式会社(以下、マクセル)は、本日4月15日(木)~5月5日(祝・水)に松屋銀座(東京都中央区)で開催される 『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』(以下、本展覧会)にて、マクセルのビデオカセットテープの広告に登場した、宮崎駿監督がデザインを手がけた飛行船「ワンダー・シップ号」を展示協力します。
 

© 1984 Studio Ghibli・H© 1984 Studio Ghibli・H

1984年のビデオカセットの広告に登場した「ワンダー・シップ号」1984年のビデオカセットの広告に登場した「ワンダー・シップ号」














 

 



 マクセル株式会社(以下、マクセル)は、本日4月15日(木)~5月5日(祝・水)に松屋銀座(東京都中央区)で開催される 『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』(以下、本展覧会)にて、マクセルのビデオカセットテープの広告に登場した、宮崎駿監督がデザインを手がけた飛行船「ワンダー・シップ号」を展示協力します。

 1984年にマクセル ビデオカセットテープ「NEW GOLD」シリーズの広告に登場した「ワンダー・シップ号」は、宮崎駿監督が昔のSF映画に出てくるような乗り物をイメージし、デザインしたもので、当時大変話題となりました。現在まで一般に公開することはありませんでしたが、本企画の趣旨に賛同し、今回の展示協力に至りました。

 本展覧会では鈴木敏夫氏が雑誌「アニメージュ」の編集者として活躍していた時期(1970年代末から1980年代)に焦点を当て、まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、1979年に登場した『機動戦士ガンダム』の大ヒットにより質的にも量的にもアニメが大きく飛躍するブーム期、そして鈴木氏が後のジブリにつながる高畑・宮崎両監督を発見し、彼らとの映画製作に傾斜していくまでの道のりを紹介しています。本展覧会は今後、日本各地でも開催される予定です。

■展覧会概要
名称 :『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』
展覧会公式HP :https://animage-ghibli.jp/
会期 :2021年4月15日(木)~5月5日(祝・水)
会場 :松屋銀座8階イベントスクエア 
開場時間 :午前10時30分~午後7時30分(日時指定制) 
      ※最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで
      ※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により営業日・営業時間が変更となる場合がございます。詳しくは松屋ウェブサイトhttps://www.matsuya.com/ginzaをご覧ください。
入場料 :一般1,500円、高校生1,000円、中学生800円、小学生600円
     ※当日券はローソンチケット(Lコード37000)にて販売。詳しくは「アニメージュとジブリ展」公式サイトをご覧ください。
企画制作 :株式会社ニュートラルコーポレーション
企画協力 :株式会社スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力 :株式会社徳間書店、マクセル株式会社

■商標
記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
マクセル株式会社 経営戦略本部 広報・IR部
お問い合わせフォーム:
https://www.maxell.co.jp/inquiry/maxell/ja/form.jsp?f=corporate&q=news_ja_corporate

                                           以上






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マクセル株式会社 >
  3. 『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』にて1984年のマクセルの広告に登場した「ワンダー・シップ号」を展示