自宅の乾燥機で最速20分で乾くグースリードライ掛け布団が新発売。

自宅で洗えてホコリが出ない羽毛を超えた新商品 Makuakeで先行販売

2013年から発売している「洗えてホコリが出ない掛け布団」のグースリーシリーズはお客様の要望に応えるために新たな便利機能として「自宅の乾燥機で乾かせる」をコンセプトとして商品開発を2019年から実施。
自宅の洗濯機で洗えるグースリー掛布団は忙しい子育て世代の主婦から「洗えて便利」「ホコリも出ないから掃除が楽になった」と好評を得ていたが、「布団を干すのが手間」「乾燥機で乾かしたい」などの家事の時短や効率化をしたい主婦達からの要望で商品化を実現。
報道関係者各位
プレスリリース                                 株式会社エフェクト

自宅の乾燥機で最速20分で乾くグースリードライ掛け布団が新発売。
~自宅で洗えてホコリが出ない羽毛を超えた新商品 WEB限定販売~

寝具・インテリアの企画・開発・製造・販売を手掛ける、株式会社 エフェクト(所在地:東京都中央区東日本橋、代表取締役:柳田大輔)は羽毛を超えた新素材『未来掛け布団・グースリードライ』を、2021年9月22日(水)よりクラウドファンディングのMakuakeで先行発売を開始。

2013年から発売している「洗えてホコリが出ない掛け布団」のグースリーシリーズはお客様の要望に応えるために新たな便利機能として「自宅の乾燥機で乾かせる」をコンセプトとして商品開発を2019年から実施。
自宅の洗濯機で洗えるグースリー掛布団は忙しい子育て世代の主婦から「洗えて便利」「ホコリも出ないから掃除が楽になった」と好評を得ていたが、「布団を干すのが手間」「乾燥機で乾かしたい」などの家事の時短や効率化をしたい主婦達からの要望で商品化を実現。
商品化に至るまでには一般的な洗える布団は洗うことまではできるが乾燥機を使用することができないことが最大の難関であったが、中綿の偏りの問題や乾燥機によるダメージに耐える生地などの試験を繰り返して発売まで2年を要した。
一般的な布団は干してから乾燥までは通常3~4時間掛かる所、グースリードライは乾燥機を使用し最速20分で乾燥させることが可能。(自社調べ)

当社は、コロナ禍でも清潔で衛生面に配慮した安心・安全の寝具の必要性を考え、2020年9月に「グースリーⅡ掛け布団」の予約販売を実施。抗ウイルス仕様の影響と昨今のおうち時間の増加で睡眠に対しての見直しも追い風となり、例年よりも4倍の推移で予約が殺到。
羽毛布団というアヒルやガチョウなどの毛を搾取することなく、化学繊維を使用することで、動物を守るという社会貢献の旗の元、2013年に商品化されたグースリーはお客様からのご要望やさらなる改良点を試行錯誤して今年で8年ものロングヒットを継続。

商品URL  https://bit.ly/3CCzK5q

<グースリードライ掛け布団8つの特長>
「自宅の乾燥機で乾かせる」
一般的な布団は乾燥機で乾かすことができないが、グースリードライは中綿の特殊繊維と型崩れしないキルティング方法で自宅の乾燥機で乾かせることが可能。





「羽毛布団以上に温かい」
一般的な羽毛布団とグースリードライの保温率(暖かさ)テストを実施、羽毛布団84.0%に対してグースリーⅡは91.0%の保温率で羽毛よりも暖かなことを実証。(一般財団法人 ボーケン品質評価機構調べ)



「ホコリが出ない」
グースリードライはテクノロジーファイバー使用でホコリが出ない構造に。ほこり発生数試験では羽毛に比べてほこりの量が1/7という結果。(光散乱方式デジタル粉じん計にて検証)



「臭いがしない」
テクノロジーファイバーの原料は化学繊維なので羽毛布団のような鳥のイヤな臭いが全くありません。

「吹き出しや片寄りしない」
中綿の吹き出しを防ぐために特殊なコーティングをわたに施し、さらに片寄りを防ぐキルト加工を採用。
製品検査でもその性能を公的機関により実証。(一般財団法人 ボーケン品質評価機構調べ)

「洗濯機で洗える」
毎日使うモノだから衛生的で清潔な布団を、この思いからグースリードライは自宅の洗濯機でも丸洗いが可能。さらに洗濯後も乾きが早いテクノロジーファイバー使用。(一般財団法人 ボーケン品質評価機構調べ)

「軽くて収納コンパクト
柔らかな伸縮性のある素材の側生地なので、通常の羽毛布団と比べて軽く、収納スペースを取らないコンパクト設計。

<グースリーの語源>
日本語の「ぐっすり」と英語の「Good Sleep」を掛け合わせた造語。日本から世界へ向けてブランド名を通して「ぐっすり」という日本古来の眠りの表現方法を発信し、日本の表現力の豊かさを商品で広めていく。


<会社紹介>
「こんな眠りが欲しかった」を叶えることをミッションに掲げ、健康的な社会を眠りの分野からサポートする快眠グッズの企画・開発・製造・販売を一貫して行う。全国のイトーヨーカドーなどの大手量販店で自社商品を販売。2017年に3代目社長として柳田大輔が就任。
低価格・低コストが主流となり、品質の低下と業界での羽毛産地偽装の問題に疑問を抱き、一人一人の睡眠に悩む人達をサポートできるモノづくりを行うことを決断。「不眠大国」の日本を目覚めさせる目的として眠りをトータルサポートできるスリープテック分野の参入を目指す。


商号: 株式会社エフェクト  代表者: 代表取締役 柳田 大輔
設立: 1989年4月    本社所在地: 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-9-3-901
事業内容 : 快眠グッズ卸・小売業 公式URL  : http://www.e-ffect.co.jp/
【本プレスリリースに関する報道関係者からの問い合わせ先】
TEL : 03-3249-9700 MAIL: info@e-ffect.co.jp 担当: 柳田 大輔
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エフェクト >
  3. 自宅の乾燥機で最速20分で乾くグースリードライ掛け布団が新発売。