一般社団法人 施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)活動開始のお知らせ

令和2年12月21日、建設分野の情報通信技術を推進する新たな産業団体として「一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)」を設立しました。一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会(以下、「J-COMSIA」という。)は、国土交通省が提唱する建設DX 、i-ConstructionやBIM/CIM及び内閣府が提唱するSociety5.0などの建設現場の生産性革命を施工管理ソフトウェアの側面より推進する産業団体です。
我が国の建設分野では、行政による情報通信技術を活用した生産性向上に関する各種施策が講じられています。しかしながら、現場を支援すべき施工管理ソフトウェアの開発と提供においては、先進的かつ先駆的な技術を有するものの、各社の活動に留まりその社会的意義を十分に発揮できる状況ではありませんでした。J-COMSIAは、この状況を改善し施工管理ソフトウェアを提供する各社の知見と知識を集結し、我が国の建設分野において情報通信技術を用いた生産性向上を支援します。
J-COMSIAの前身は、平成29年度に(一財)日本建設情報総合センターを事務局とする「デジタル工事写真の高度化に関する協議会」です。同協議会は、全国展開したデジタル小黒板情報電子化の規格標準化・普及・促進ならびに、信憑性確認(改ざん検知)ライブラリの維持管理、無償のチェックシステムの提供を行う国内唯一の団体でした。
J-COMSIAは、同協議会の活動を完全に引き継ぐと共に、建設分野の更なる要望に応えるべく、その活動範囲を施工管理全般に拡大し、建設現場に寄り添った生産性革命を“新現場力”として施工管理ソフトウェアの側面より推進します。

 協会の概要
名  称:一般社団法人 施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)
所 在 地:東京都千代田区神田須田町一丁目3番地の9  PMO神田万世橋8F
代表理事:重森 渉(株式会社建設システム 代表取締役)
理  事:福留 進一(株式会社現場サポート 代表取締役)
理  事:有馬 弘進(株式会社ルクレ 代表取締役)
監  事:浮川 和宣(株式会社MetaMoJi 代表取締役社長)

設立目的
一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)は、建設分野の施工管理に関わるソフトウェアを用いた業務の高度化、効率化を目指し、これらに関わる調査、企画、要件定義、システム開発及び保守並びに情報の提供を行います。また、これを広く普及することにより、建設技術の向上、建設事業の効率化、国土の安全かつ有効活用の促進を図り、もって国民生活の高度化及び経済の活性化に寄与することを目的とし、日本国内又は海外においてその目的達成のための事業を行います。

 活動内容
  1.  施工管理ソフトウェアに関する調査及び情報提供
  2. 施工管理ソフトウェアに関する効率化方策の策定及びその推進
  3. 施工管理ソフトウェアに関する規格の作成及び標準化の推進
  4. 施工管理ソフトウェアの普及・推進
  5. 前各号に掲げるもののほか、本協会の目的を達成するために必要な事業

HP:https://www.jcomsia.org/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会 >
  3. 一般社団法人 施工管理ソフトウェア産業協会(J-COMSIA)活動開始のお知らせ