日本最大の情報セキュリティコンテストSECCON 2021による第1回SECCONCON(SECCON Contests)開催

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)(事務局:東京都港区、会長:田中英彦)のSECCON実行委員会(事務局:東京都港区 日本ネットワークセキュリティ協会内、委員長:花田智洋)は、昨年のSECCON Contest of Contestに応募された競技やコンテストの企画案・設計案を実際に実施するイベントSECCONCON(SECCON Contests)の第1回目を10月16日(土)に完全オンラインで開催します。自由なアイディアで考えられた、独自性のある新しい競技やコンテストが行われます。
 
  • SECCONCON (SECCON Contests) 開催概要
実施内容
・ロバストプロトコル・オープンチャレンジ (略称:ロバちゃん) 主催: 今岡 通博、都留 悠哉
・Juggernaut(爆弾解除競技)主催:高名 典雅
・spinsn (CPUの特殊命令の仕様推定と実装の競技) 主催:坂井 弘亮
・バイナリ駄洒落 主催:坂井 弘亮
日程
2021年10月16日(土)
タイムスケジュール
<完全オンライン開催>
※予定が変更される可能性があります旨、ご了承をお願いいたします。
10:00-10:20 オープニング
10:20-12:00 Juggernaut
12:00-13:00 昼休み
13:00-13:30 spinsn(説明)
13:30-16:00 spinsn(裏で実施)
13:30-15:50 ロバスト
15:50-16:00 休憩
16:00-16:30 spinsn(解説)
16:30-17:10 バイナリ駄洒落
17:10-17:30 クロージング(競技ごとの優勝者発表)
 
  •  Juggernaut 主催:高名 典雅
Juggernautは時限爆弾型のタイマーの構造を与えられた回路とプログラムから推測し、規定内の操作を行うことで停止させる(解除する)競技です。作問者には回路構成力とプログラムを柔軟に書く力が、解除する側には回路図やデータシートを読む力とプログラムを素早く間違いなく解読する力が求められます。解除するまでの時間を競う競技型や、お互いに装置を作って解きあってワイワイするイベント型を想定しています。
詳しくはこちら! https://github.com/Alignof/Juggernaut
(実施内容)
オンライン開催のため、競技の紹介やデモが中心となります。競技の流れ、用語説明、レギュレーションの解説、実装例、戦略などを紹介する予定です。
後半では主催者がいくつか「装置」を作問しましたので、みんなでオンラインでワイワイ解く時間も設ける予定です。
(競技人数)
定員なし(今回はデモが中心となります)
(募集内容)
個人参加
(募集期限)
競技当日AM10:00まで
(参加フォーム:Googleフォーム利用)
https://forms.gle/MaQzY46w5iXxd2Dg9
 
  • ロバストプロトコル・オープンチャレンジ 主催: 今岡 通博、都留 悠哉
一般にサイバーセキュリティとは悪意を持った第三者からの攻撃から情報通信機器やデータを守ることに重点が置かれがちですが、これ以外に事故や自然災害から通信を確保することもサイバーセキュリティの大事な要素と考えます。本競技では物理的な通信障害が発生するLAN(10BASE-T)をリモートで用意します。競技者はこれら障害のあるLANにおいて通信が可能な強靭なプロトコルを各自がデザインし実装しリモートの実機で様々な評価軸でプロトコルの強靭性を競います。
(競技人数)
原則チームでの応募とし、チーム人数は問わない。全4チーム程度を想定。
(募集内容)
個人での応募は可能ですが、その場合も1チームとして扱います。
(募集期限)
10月15日(金)17:00(JST)
(応募フォーム:Googleフォーム利用)
https://forms.gle/D3g7UYJuNSWkhHtz6
 
  • spinsn 主催:坂井 弘亮
CPUの特殊命令の仕様推定と実装の競技です。CPUに独自に追加されている特殊命令の仕様をその挙動から推定し、同等の命令をCPUエミュレータ上に実装することを競います。
(実施内容)
CPUに独自の命令が実装されている状況を想定し、特殊命令が追加実装された各種CPUのエミュレータが競技サーバ上で動作しています。またそのエミュレータ上で実行すれば、パスワードが得られるプログラムが配布されます。しかし独自命令なので通常のエミュレータでは正常実行できません。サーバに接続し、デバッガを駆使して特殊命令の仕様を調べ、エミュレータに同等の特殊命令を実装しプログラムを実行してください!
各種アセンブラ等の知識が必要となりますが、競技は事前にセミナーで解法などをレクチャーした上で行われますので、各種CPUの専門的知識が無くても参加できると思います。
これを機会に各種CPUアーキテクチャに触れてみたいかたはぜひどうぞ!
(競技人数)
100グループまで
(募集内容)
個人・グループで参加可能(個人の場合は1グループとみなします)
(募集期限)
10月15日(金)17:00(JST)
(応募フォーム:Googleフォーム利用)
https://forms.gle/qZPqMpTxqAzjU7Lw7
 
  • バイナリ駄洒落 主催:坂井 弘亮
「バイナリ駄洒落」はバイナリデータの読みに対して非常に似た音の言葉をかける近未来の言葉遊びであり、近年、国内ではハッカーの密かなたしなみとして挨拶がわりに交換されています。
詳しくはこちらのバイナリ駄洒落募集ページを参照してください。奮ってご応募ください!
https://www.seccon.jp/2021/seccon_contest/_seccon.html
バイナリ駄洒落とは
http://kozos.jp/binary-dajare/
(競技人数)
定員なし
(募集内容)
オリジナルのバイナリ駄洒落作品
(募集期限)
2020年10月13日 23:59(JST)
(応募フォーム:Googleフォーム利用)
https://forms.gle/9J67DKTLhQ68c9Gk6
---------------------------

[SECCON2020電脳会議] SECCON2020 Contest of Contest 表彰式

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JNSA >
  3. 日本最大の情報セキュリティコンテストSECCON 2021による第1回SECCONCON(SECCON Contests)開催