海事アクセラレータプログラムSmart Port Challengeへベンチャーキャピタルパートナーとして参画を決定




 



株式会社MOL PLUS(代表:阪本拓也、本社:東京都港区、以下「MOL PLUS」)は、シンガポールで開催される海事アクセラレータプログラムSmart Port Challenge(スマートポートチャレンジ)2021(註1)に、ベンチャーキャピタルパートナー(註2)として参画することを決定しました。

 Smart Port Challengeは、シンガポール港湾庁(MPA)とシンガポール国立大学(NUS)の企業グループであるNUS Enterpriseが運営するもので、今年で5回目の開催となります。

 Smart Port Challengeでは、スタートアップ企業が海運・物流に関連する「スマートポート」「スマートシップ」「乗組員の安全・教育・福祉」「スマート物流」「グリーンテック(環境)」の5つの分野で、課題解決を提案します。

 MOL PLUSは、海事関係のスタートアップ企業が集うSmart Port Challengeのエコシステムへの参画を通じ、スタートアップ企業が持つ斬新なアイデアやテクノロジーと商船三井グループがもつリソースに相乗効果を生ませ、『海運業と社会に新たな価値をプラスする』、新規事業の創出を目指します。


(註1) Smart Port Challenge について
    ホームページ:https://www.pier71.sg/

(註2) ベンチャーキャピタルパートナー参画企業
MOL PLUS、IMC Ventures、Motion Venturesの3社が参画します。

▼本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社MOL PLUS
Tel:03-3587-7643 / E-mail:molplus@molgroup.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MOL PLUS >
  3. 海事アクセラレータプログラムSmart Port Challengeへベンチャーキャピタルパートナーとして参画を決定