Vonage、IDC MarketScape: Worldwide CPaaS 2021 Vendor Assessmentで「リーダー」の評価を獲得

Vonageが今回2度目となるリーダーに選出

ニュージャージー州ホルムデル発/2021年5月10日/PRNewswire/ - 企業におけるデジタルトランスフォーメーションの加速を支援する、クラウドコミュニケーションのグローバルリーダーであるVonage(ボネージ)(Nasdaq: VG)は、IDC MarketScape: Worldwide Communications Platform as a Service 2021 Vendor Assessment(Doc # US46746221、2021年5月発行)で「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。
レポートでは、一元的に統合されたVonageコミュニケーションプラットフォーム(VCP)を活用した音声、ビデオ、メッセージング、認証などのコミュニケーションAPIの機能にフォーカスし、地域特有の規制やコンプライアンスへの対応を含む、Vonageの広範な業種にわたる専門技術の提供能力を高く評価しています。また、強力なVCP戦略と、多様なコミュニケーションソリューションの活用が可能な、最先端のマイクロサービスベースのアーキテクチャを採用した包括的なプラットフォームに注目しています。

IDCのワールドワイドテレコミュニケーションリサーチ担当バイスプレジデント、Courtney Munroe(コートニー・ムンロー)氏は次のように述べています。「Vonageコミュニケーションプラットフォームを活用し、Vonageはデジタルトランスフォーメーションを推進する企業に対して、インテリジェントかつ信頼性、拡張性を備えたローカルおよびグローバル規模に対応したカスタマーエンゲージメントソリューションを提供しています。今回VonageがIDC MarketScapeのCPaaS分野でリーダーに選出されたのは2回目であり、同社のコミュニケーションAPIプラットフォームと各種のサービス、そしてAPIを活用することで顧客のビジネスにイノベーションをもたらす能力が証明されたと言えます。」

また、Vonageのプロダクト/エンジニアリング担当EVP、Savinay Berry(サヴィネイ・ベリー)は以下のようにコメントしています。「再びリーダーの評価をいただいたことを大変喜ばしく思っています。ビジネスのあり方が大きく変化しており、あらゆる業種、あらゆる通信手段にわたり、コミュニケーション革命が起きています。私たちのVonageコミュニケーションプラットフォームにより、業種を問わず企業は今日および今後のお客様のニーズの変化に対応することが可能になります。」

IDC MarketScapeのレポートでは、VonageはCPaaS市場でその規模以上の力を発揮しており、同社のAPIプラットフォームは単一の統合型VCPの基盤となり、エンドユーザーに対してシームレスな体験を提供しており、ユニファイドコミュニケーションやコンタクトセンターのアプリケーションを活用することができると報告しています。また、同社のVCP戦略を実行することで「市場で最も広範なCPaaSプラットフォームとなることができる」と予測しています。

レポートの抜粋はこちらからダウンロードできます。(英語)
https://www.vonage.com/about-us/awards/idc-marketscape-worldwide-cpaas-2021-vendor-assessment/

Vonageについて
Vonage(ボネージ)(Nasdaq: VG)はクラウドコミュニケーションのグローバルリーダーであり、企業のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援しています。Vonageのコミュニケーションプラットフォームはプログラムが可能で、ビデオ、音声、チャット、メッセージング、認証の各機能を既存の製品、ワークフロー、システムと連携させることができます。また、ユニファイドコミュニケーションおよびコンタクトセンターアプリケーションは、Vonageプラットフォームで構築されており、オフィスなど場所を問わず、企業におけるコミュニケーション方法や運用方法を変革し、優れた柔軟性とビジネス継続性を提供しています。

Vonage Holdings Corp.はニュージャージーに本社を置き、米国、欧州、イスラエル、オーストラリア、アジアにオフィスがあります。TwitterでVonageをフォローするにはwww.twitter.com/vonageにアクセスしてください。Facebookのファンになるには、facebook.com/vonageにアクセスしてください。YouTubeでチャンネル登録するには、youtube.com/vonageにアクセスしてください。

IDC MarketScapeについて
IDC MarketScape のベンダー評価モデルは、特定の市場における ICT(情報通信技術)サプライヤーの競争力の概要を提供するように設計されています。調査方法は、定性と定量両方の基準に基づいた厳格なスコアリング方法を利用しており、その結果、特定の市場内での各ベンダーのポジションを一つの図で示すことができます。IDC MarketScape は、IT 及び通信ベンダーの製品やサービスの提供、能力や戦略、現在~将来の市場での成功要因を有意義に比較するための明確なフレームワークを提供しています。また、このフレームワークによって、テクノロジーの購入者は現在のベンダーと将来のベンダーの強みと弱みを360度の角度から評価することができます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Vonage Japan 合同会社 >
  3. Vonage、IDC MarketScape: Worldwide CPaaS 2021 Vendor Assessmentで「リーダー」の評価を獲得