約70km。日本最長距離記録へ。株式会社空解は、自社新開発の画期的な長距離飛行型電動ドローン2機による長距離物資輸送実証実験を実施します。

7月17日10時より《銚子市―河内町 利根川上空コースを飛行》天候予備日7/16

株式会社空解(読み:くうかい 本社:東京都町田市、代表取締役:森田直樹)は、下記の日時・場所において、医療物資や災害時救援物資の長距離・非接触・保冷輸送を想定した、自社開発の電動VTOL(垂直離着陸型)固定翼ドローン2機による実証実験を実施します。是非ご取材のご検討頂けますようよう、ご案内申し上げます。

 

日時
2021年7月17日(土)午前10時離陸―午前11時20分頃着陸(風の状況により飛行時間が変わります)
*予備日7月16日(金) (天候判断によって前日実施の場合があります)
飛行区間
千葉県銚子市学校給食センター → 茨城県稲敷郡河内町 ドローンフィールドKAWACHI
利根川上空を飛行コースに設定。ドローンフィールドKAWACHI付近の周回飛行を含めてトータル70kmのレベル3 目視外飛行、フルオートによる飛行。これは電動ドローン輸送距離の日本記録となります。

 

使用機体  機体名:「QUKAI FUSION」 日本製 自社設計 高性能電動VTOLドローン
固定翼型のいわゆる飛行機でありながら、離着陸は垂直上昇、垂直下降で行える電動VTOLドローン。マルチコプター型ドローンのように滑走路なしでどこでも離着陸できる上に、マルチコプター型ドローンの課題であった飛行距離(現状4km〜8km程度)を大幅に改善した。全長1475mm、全幅2100mm。貨物最大積載重量2.5kg。最大航続距離120km、最高速度120km/h。飛行安定性能は圧倒的で、VTOLドローンでは世界最高峰の性能と考える。2022年以降のレベル4(市街地上空目視外自動飛行)許可に向けて、非接触、低炭素排出による輸送を安全に簡単に行えることを目指す。

【実施概要】
開催日:2021年7月17日(土) : 天候予備日7/16(金) (7/14に判断します)
関係者様集合場所:ドローンフィールドKAWACHI  〒300-1403茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2
実施内容:自社製新開発電動VTOLドローン2機によるワクチン(ダミー)を想定した70km長距離保冷輸送の実証実験。災害救援物資(マスク、アルコール、モバイルバッテリー等)も輸送。レベル3 目視外のフルオート飛行で行う。

ドローンフィールドKAWACHI


タイムスケジュール
9:00 関係者様受付:ドローンフィールドKAWACHI河川敷フィールド つつみ運動公園(雨天 ドローンラボ)
9:30 実験内容ブリーフィング
10:00 VTOLドローン2機 銚子離陸
飛行状況をテレメトリーでモニタリング
VTOLドローン詳細説明
11:20予定  VTOLドローン2機 河内着陸
11:30 メディア取材対応

特別協力:Team ArduPilot Japan
通信機器提供:株式会社N T Tドコモ
協力:株式会社アイ・ロボティクス

 


 機体仕様
ドコモLTE通信モジュール、GPSセンサー、IMUセンサー、5.7GHz画像転送、電源二重系統仕様。
プログラムによる自動航行システムを構築。万が一飛行中にトラブルが発生した場合は、フェールセーフとして河川敷数カ所に設定した安全な緊急着陸ポイントに自動着陸します。

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
TEL: 070-7774-5200  e-mail: info@qu-kai.jp

取材及び見学のお申し込みにつきまして

 メール:info@qu-kai.jp FAX:042-796-6604
※7月14日(水)正午までにご返信ください※  

 株式会社空解 長距離飛行型電動ドローン2機による物資輸送実証実験
◆日時:2021年7月17日(土) :予備日7/16(金)
◆集合場所:ドローンフィールドKAWACHI 〒300-1403茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2
以下明記お願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貴社名
代表者様ご氏名
お電話番号
メールアドレス
スチール撮影 有 無
ムービー撮影 有 無
お車の台数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
備考
受付の際は名刺をご提出ください。
駐車場は当日スタッフが誘導させていただきます。
新型コロナウイルス感染防止のため体調管理やマスク着用などのご配慮をお願いいたします。




「空は、希望だ。」

私たちは、ドローンで空を最適解するイノベーションカンパニー。もっと安全で便利な社会をつくるために。人々をもっと幸せにするために。常に革新的なドローンソリューションを社会実装していく。空は人類の希望が溢れていると信じているから。
僻地や被災地へ物資輸送。超高齢化社会、移動弱者のQOL向上。WITHコロナ時代の非接触型。人の移動を減らし、温室効果ガス排出削減。ドローンは持続可能な社会を作るための重要なソリューション。だからこそ、本当に使える高性能なドローンをリーズナブルな価格で提供していかなければならない。社会実装のスピードを最速にするために。
ラジコン飛行機の世界的なトップパイロットとトップエンジニアが集結して、性能と価格と安全性と専門性を突きつめた画期的な産業ドローンを次々とリリースするベンチャーカンパニーです。最終目標は世界最速「空飛ぶクルマ」の開発。どうぞご期待ください。

音田哲男 取締役CDO
ラジコン飛行機エアロバティック競技2017年世界チャンピオン。日本選手権17連覇中。世界選手権では2位5回、3位2回を記録。ドローンパイロットとしても世界トップレベル。天性のセンスと長年の知識経験で、本当に使える完成度の高いドローンを設計プロデュース。

小宮光裕 取締役CTO
ラジコン飛行機エアロバティック競技日本選手権7回出場、最高位23位。オールジャパン優勝。日本屈指のドローン空撮パイロット。トップドローンエンジニアとして航行アプリのプログラミングも極め、高性能で安全で運用が簡単なドローン開発に取り組んでいる。

山﨑鉄平 取締役 CBO
ラジコン飛行機エアロバティック競技日本選手権8回出場、最高位24位。ドローン専用飛行場を運営し、ドローンパイロット養成にも長年注力。空解では、社会貢献できる本物のドローンを高速で普及させるべくビジネスプロデュースを行なっていく。

森田直樹 代表取締役CMO
ラジコン飛行機エアロバティック競技オールジャパン2回出場、最高位19位。世界選手権チームジャパンサブマネージャー。2020年まで電通でクリエーティブディレクターを務め独立。空解では代表取締役を担いながら、CMOとして優れたソリューションを世の中に実装していく。 

 
株式会社空解

 

設立 2021年4月14日
本社 東京都町田市つくし野4-28-14
R&D  千葉県茂原市六ツ野2588-2
代表取締役 森田直樹
URL: www.qu-kai.jp
Youtube:  Qu-Kai Channel

 


 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社空解 >
  3. 約70km。日本最長距離記録へ。株式会社空解は、自社新開発の画期的な長距離飛行型電動ドローン2機による長距離物資輸送実証実験を実施します。