UnaBiz - スパークス・グループがリードするシリーズBラウンドで2,500万米ドルを調達

同ラウンドには他にCDIB、G K Goh、Thaioilが出資者として参加

 

東京 – 2021年10月12日 –シンガポールを拠点とするIoTサービスプロバイダーのUnaBizはこのほど、スパークス・グループがリードするシリーズBラウンドで2,500万米ドルを超える資金を調達しました。当ラウンドには募集枠を超える申し込みがあり、CDIB、G K Goh、Thaioilも参加しています。

調達資金は、日本、東南アジア、ヨーロッパ・中東・アフリカをはじめとする重点地域で現地オフィスとM&A活動を通じて同社の基盤を強化し、UnaConnectの取引拡大を維持するための事業に投入される予定です。なお、UnaConnectは、断片化したIoTデータ収集技術と企業システムとの間に存在する大きな隔たりの橋渡しをすることで、業界に変革をもたらすデータプラットフォームです。

UnaBizの共同設立者でCEOのヘンリー・ボンは、「当社は、ハードウェア、ソフトウェア、コネクティビティを含むエンドツーエンドのソリューションによって、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速することをビジョンとして掲げ、世界の様々な地域にチームを拡大し、業界の専門家と連携して、ひとつにつながったLPWAN(Low-Power Wide-Area Network)の世界を実現することを目指しています」と述べています。さらに「IoT業界は断片化が進んでいます。そこで、我々の使命はそれを簡略化し、摩擦をなくして、0Gから5Gまでを網羅した真のマッシブIoTを実現することにあると考えます。」と述べています。

2018年、UnaBizはシリーズAラウンドで1,000万米ドル以上の資金を調達し、テクノロジーに依存せず、サービスデリバリーに注力したIoTサービスプロバイダーとしての地位を確立しました。台湾が誇る世界クラスのソリューション設計、産業構造、サプライチェーンのエコシステム、さらにはシンガポールのイノベーションプラットフォームを活用することで、同社は「水道およびガス検針」、「アセット追跡」、「設備管理」という3つの主力事業において目覚ましい進歩を遂げました。その結果、UnaBizは日本最大のリモートガス検針インフラストラクチャ、オーストラリアおよびニュージーランド最大のビール樽の自動追跡システム、シンガポールの高等教育機関で大々的に実施された施設管理プロジェクトなどにサービスを提供しています。 

UnaBizの共同設立者兼CTOのフィリップ・チウはこう述べています。「UnaBizはパートナー企業様のために価値を創出することに注力しています。IoT市場の要求は、競争力から温室効果ガス削減の取り組みへと移り変わっています。新たに調達した資金は、サステナビリティ報告、責任ある消費および生産行動の導入に加えて、当社のお客様が各社のエネルギー目標に到達できるよう支援するための専門知識とサービスの開発に充てられる予定です。省エネルギーセンサーのほか、人工知能技術を採用したパターン認識は、当社が新たに提供するデータ中心ソリューションの主力技術です。」

東京に本社を構えるスパークス・グループは独立系の投信投資顧問会社として、150億米ドル相当以上の資産を運用しています。このたび、スパークス・グループは「未来創生ファンド」の2号ファンドを設立し、トヨタ自動車株式会社および株式会社三井住友銀行をはじめとする出資者から7億米ドルの資金を集めました。スパークス未来創生ファンドは、将来的な成長が見込まれる技術分野で企業とプロジェクトの取り組みに対して資金を提供することで、イノベーションのスピードアップを図ることを目的としています。スパークス・グループは東京株式市場に上場しています。

スパークス・グループ株式会社代表取締役社長の阿部修平氏は次のようにコメントしています。「UnaBizはこの1年間に著しい進歩を遂げてきました。我々はその堅調な急成長に感銘を受けており、特に、新型コロナウイルスの影響をものともせず、日本において最大規模のガス検針器プロジェクトを最短で成功へと導いた実績は記憶に新しいところです。当社はこの才能あふれる意欲的なチームと連携して、急成長を遂げるIoT業界のニーズに対応していくことを心待ちにしています。」

「KDDI Open Innovation Fund」を通じて前ラウンドを運営したグローバル・ブレインと世界的大手エネルギーサービス企業、ENGIEの投資部門であるENGIE Venturesは、シリーズBラウンドにおいて、UnaBizのビジョンに対する信頼感を確かなものにしました。

KDDI Open Innovation Fund 3号の運営者であるグローバル・ブレインのディレクター、松本達矢氏は、「UnaBizはシリーズAラウンド以降、KDDIの子会社である株式会社ソラコムと緊密に連携してきました。両社のコラボレーションによりスマート検針事業は大きな発展を遂げています。UnaBizは新たに日本オフィスを構え、そのデータサービスを新規の業種にも広げると共に新たなソリューションを世界市場にまで拡大できるものと確信しています」と述べています。

ENGIE東南アジアのアジア太平洋エネルギーソリューション担当CEOでありカントリーマネージャーのトーマス・ボードロ氏は次のようにコメントしています。「ENGIEはこれまでUnaBizと緊密に連携し、同社サービスのデジタル化をサポートしてきました。パートナー企業のために持続可能な製品とサービスの開発に取り組むUnaBizの姿勢は、カーボンニュートラルな世界の早期実現を目指すENGIEと理念を同じくしています。我々はこの地域においてエネルギー効率の高いソリューションを大規模に展開できることを心待ちにしています。」

最新の資金調達が行われたのは、ジェトロ(日本貿易振興機構)が支援する東京都主導のプログラム、「Invest Tokyo」を通じて、UnaBizが日本オフィスを新たに開設することを発表した3カ月後のことでした。その後、同社は「Forbes Asia 100 to Watch」に選出され、Accreditation@SG Digitalでシンガポール情報通信メディア開発庁(Infocomm Media Development Authority of Singapore/IMDA)より認定を受けました。これは、シンガポールに拠点を置くテクノロジー企業の成長を加速させ、グローバルな競争を支援することを目的としたエリートプログラムです。

IMDAのイノベーションおよびテクノロジーエコシステム担当ディレクター、エドウィン・ロウ氏はこう述べています。「このたびの資金投入により、UnaBizは引き続きイノベーションに取り組み、業界屈指のIoT能力をさらに向上させることができるものと考えます。我々はUnaBizと共に、公的部門と民間部門の両方で、データドリブンな事業効率の向上に向けて取り組んでいけることを楽しみにしています。」

同社はこのほど、Global Innovation Allianceのもとで実施される日本のアクセラレータープログラムに選出されました。これは、Leave a Nest Singaporeが運営する、シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)とシンガポール経済開発庁(Singapore Economic Development Board)のプログラムです。

同資金により2016年7月の設立時からのUnaBizの資本総額は3,500万米ドルに達し、前ラウンド以降、企業評価額は3倍以上上昇しています。

詳細な情報についてはこちらをご覧ください。
www.unabiz.com (英語)、もしくは   https://www.unabiz.com/ja  (日本語)

UnaBiz について

UnaBiz は、シンガポール、台湾、日本に拠点を置き、実績をもつ大規模 IoT サービスプロバイダーです。 同社は、エネルギー効率、拡張性が高く、従来の数分の 1 のコストで手頃で簡単に導入でき、綿密に設計されたソリューションの提供を専門としています。 UnaBiz は、シンプルなテクノロジーが活用されながら、密接につながった世界を思い描いています。 UnaBiz は、人とテクノロジーの一体化で大規模な効果を生み出すことで、地球上すべての人、組織のよりスマートでシンプルな暮らしを目指しています。

UnaBiz は、IoT 製品の設計およびネットワーク接続ソリューションのプロバイダーに関する ISO 9001:2015 認証を取得しています。 同社は現在、28 か国で販売を行っており、スマート計測、設備管理、アセット管理・追跡などの主要な分野に焦点を当てています。 UnaBiz は 2018 年に資金調達のシリーズ Aラウンドにおいて1,000 万米ドル以上を調達しました。

SPARX Group: www.sparxgroup.com 

CDIB Capital Group: www.cdibcapital.com

G K Goh Holdings: www.gkgoh.com

Thaioil: www.thaioilgroup.com

KDDI: www.kddi.com/english/open-innovation-program/koif

ENGIE Ventures: www.engieventures.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Unabiz Pte Ltd >
  3. UnaBiz - スパークス・グループがリードするシリーズBラウンドで2,500万米ドルを調達