【Grief care Tech株式会社】ペットの唯一無二のカタミ「DNA」を自宅で採取。さまざまな偲びプロダクトに活用する新サービス「DNA4X」リリース

世界初、バイオテクノロジーを用いた新たなペット供養を手掛けるGrief care Tech株式会社(所在地:東京都品川区西五反田、代表取締役:池田賢一)は7月30日、ペットのDNAを自宅や動物病院で抽出し、保存する「DNA4X」(ディーエヌエーフォックス)のサービスを開始した。
愛するペットの唯一無二の形見を保管し、「偲び」プロダクトに活用することで、ペットロス症候群の解消に取り組む。


【サービス詳細】

DNA4Xは、犬や猫の口腔粘膜や爪・毛などから遺伝子情報を抽出し、保管する事業。

遺伝情報の採取には、飼い主自身が自宅等で行う方法と、提携する動物病院で採取する方法の二通りある。自宅で採取する場合、綿棒やチューブなどの採取用のキットと説明書が自宅に届く。採取したサンプルを指定ラボへ郵送することで、愛するペットのDNAを抽出、保管できる。

抽出した遺伝情報は専門のラボで保管し、同社の他サービス、DNA導入植物(Yuishu)や、オーダーメイドプロダクトの作成(Yueni)に活用する。

遺伝情報は、遺骨や遺灰になった後で採取することは出来ないため、ペットの命があるうちに採取することが必要。

料金
  • DNA抽出費用: 15,000円
  • DNA保管費用: 800円/月 〜 (保管本数によって変動)
(サービスURL: https://dna4x.bio/

【クラウドファンディング】

同社がDNA導入植物「Yuishu」の研究開発費を募るために6月27日から行っているクラウドファンディングでは、支援リターンとしてDNA4Xの抽出費用を割引で利用できるコースを用意している。

9割引、7割引、5割引の三通りで、いずれも先着制となっている。

遺伝情報を活用した、全く新しい「供養のかたち」を実現するDNA4X。いままでにない供養体験を、格安で利用できるのは今だけ。

(クラウドファンディングURL: https://camp-fire.jp/projects/view/332616

【ペットロス症候群とその現状】

心理学分野の研究によると、ペットロス症候群は「対象喪失」と呼ばれる体験の一種とみなされており、ペットオーナーの約3.5人がペットロス症候群に陥るというデータがある。程度は違えど、うつ病に近しい症状、心理的、身体的に悪影響を及ぼし、ペットの家族化の影にある深刻な問題だ。
 


(参考URL: https://pedge.jp/reports/petloss/ )

このペットロス症候群の解決手段として、3人に1人のペットオーナーが「新しい子を迎え入れる」といったデータがある。
 



(参考URL: https://pedge.jp/reports/academic-petloss/ )

この、「新しい子」は「新たな、可愛がる対象」とも言える。

ソニーのイヌ型ロボット「Aibo」20万円が半年で2万台売れた根本的な理由も「新たな可愛がる対象」になり得るからであろう。

(参考URL: https://pedge.jp/reports/academic-petloss/ )

【Grief care Tech株式会社について】

本社:〒141-0031 東京都品川区西五反田5丁目26番3号スマータス不動前409
代表者:代表取締役 池田賢一 
設立:2020年8月27日 
資本金:400万円 
メール:info@griefcaretech.com 
URL:http://www.griefcaretech.com/ 
事業内容:遺伝子保管事業、動物・植物遺伝子組換事業
  1. プレスリリース >
  2. Grief care Tech株式会社 >
  3. 【Grief care Tech株式会社】ペットの唯一無二のカタミ「DNA」を自宅で採取。さまざまな偲びプロダクトに活用する新サービス「DNA4X」リリース