野生動物保護をオリジナル新聞で伝える、中学2年生の沖メイ子さんとコラボレーションした、ブータンの野生動物保護新聞が完成しました!

① 野生動物の保護をテーマに、オリジナル新聞を発行している中学2年生の沖メイ子さんと、認定NPO法人UAPACAA国際保全パートナーズがコラボレーションし、現在、実施中のブータンの野生動物保護キャンペーンをテーマにした新聞が完成。

② 沖さんは、「今」できる野生動物の保護活動の1つが新聞という形であり、今後も他の地域の野生動物の保護についても学び、多くの人に伝えていきたいと展望を語る。

森の国 ブータン『奇跡の谷』表面森の国 ブータン『奇跡の谷』表面

森の国 ブータン『奇跡の谷』裏面森の国 ブータン『奇跡の谷』裏面

認定NPO法人UAPACAA(ウワパカ)国際保全パートナーズ(神奈川県三浦郡葉山町、代表理事 岡安直比)が6月から開始した、ブータンの野生動物保護プロジェクトの応援キャンペーンを題材に、中学2年生の沖メイ子さんとコラボレーションをした「森の国 ブータン『奇跡の谷』 〜トラ、ゾウ、サイ、サイチョウが息づくシャングリラ〜」新聞が完成しました。

沖さんは、野生動物保護をテーマにしたオンラインイベントや、本などで学んだ現場の課題や活動をより広く伝えたいという想いから、オリジナル新聞「NATURE TALK」の発行を2021年7月からはじめました。

今回の「森の国 ブータン『奇跡の谷』」新聞作成にあたり、沖さんはこのようにコメントをしています。
 

沖メイ子さん沖メイ子さん

「まず、ブータンという国に魅力を感じました。国の政策として動物保護をしていることが素晴らしいと思いました。また、学びを深めていくと、野生動物の保護をするには、動物のことだけではなく、現地の人たちの問題が関係していて、色々な視点から見ることが必要だということです。ぜひ、ブータンという素敵な国を知ってもらい、そこに棲む絶滅の危機に瀕している動物を守らないといけない、ということに興味をもってもらいたいです」


沖さんは、今後も「NATURE TALK」などを通じて発信を続け、全国の動物園を回りながら、設置場所や動物を守りたい人たちの輪を広げていきたいという展望も持っています。「森の国 ブータン『奇跡の谷』」新聞および沖さんのインタビュー記事は、UAPACAAパートナーズのウェブサイトや各種SNSでご紹介していきます。

 また、UAPACAAパートナーズ代表理事の岡安が登壇する、9月24日からの株式会社タイガーモブによるオンラインプログラム「WILDLIFE ACTION 2」に、沖さんも参加予定です。

<インタビュー>野生動物護をオリジナル新聞で伝える 〜中学2年生の沖メイ子さんのWildlife Action とは〜
https://www.uapacaa.org/268621239822269125021254012479125311230222855363211239835895123032603232862

森の国 ブータン「奇跡の谷」キャンペーンサイト
https://www.uapacaa.org/bhutandonation2021.html

WILDLIF ACTION 2(外部サイト) 
https://www.tigermov.com/internship/detail/785

既刊の「NATURE TALK」①、②はこちらから(外部サイト)
https://charitsumo.com/author/okimeiko

(認定)NPO法人UAPACAA(ウワパカ)国際保全パートナーズについて 
UAPACAAパートナーズは、フィールドにおける野生動物保護の知見と長年の経験から、アフリカやアジアの生物多様性保全重要地域で、技術的・資金的な支援を行い、自然と共存できる社会づくりを目指しています。
https://www.uapacaa.org/

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人 UAPACAA国際保全パートナーズ >
  3. 野生動物保護をオリジナル新聞で伝える、中学2年生の沖メイ子さんとコラボレーションした、ブータンの野生動物保護新聞が完成しました!