ベントレーマリナー、1000件のビスポークプロジェクトとパーソナルコミッションを達成

ベントレーマリナーは、パーソナライズされたビスポーク車の需要の高まった2014年に専門のデザインチームが作られて以降、記念すべき1000台目のビスポーク車を製作しました

1000台目のビスポーク車は、ヨーロッパのお客様が注文した車で、ベントレーをよりパーソナライズするため、インテリアに2つの特別なご要望をいただきました。一つは、ベンテイガのインテリアにミュルザンヌの歴史を感じさせるオリーブアッシュのウッドパネルを使うこと、もう一つは、インテリアのコントラストをより強調するようシートとドアトリムの上部にハイドに映えるツインステッチを施すことです。

7年前、マリナーが手掛けた初めてのプロジェクトは、たった15台の限定モデルでした。乗員の乗り心地にフォーカスを当てた、フライングスパー・セレニティです。シートとヘッドレストを一から作り直し、特別感を演出するため、新しくユニークなダイアモンドキルティングをキャビン全体に施すなど、様々なデザインが変更されました。この独特なレザーのデザインは、現在のコンチネンタルGTマリナーでも使用されているダイアモンドデザインのもととなっています。

今回のマイルストーンを祝し、マリナーデザインチームは、この7年間に手掛けた車の中でも特にお気に入りの車たちを公表しました。ジェット機にインスパイアされたコンチネンタルや、6¾リットルV8エンジンを誇るミュルザンヌ、運転席側と助手席側の異なるトリムを配したベンテイガなど、彼らはベントレーのラインナップすべてを手掛けてきました。

2014年からの1000台のビスポークプロジェクトは、トレッドプレートをパーソナライズするものから、ベントレーマリナーバカラルのような完全なコーチビルド車を作るもの、また、国内外からの依頼や限定モデル、レースカーのデザインなど、多岐にわたっています。

ベントレーのデザイン部門も兼ねる専門チームは、デザイナーやデジタルアーティストで構成されており、非の打ち所がないデザインを作り、製作前にお客様のデザインを写真のようにリアルな画像にしてお見せすることができます。この7年間で、ベントレーのコアなデザインDNAをより深く統合すると同時に、お客様に幅広い可能性を示してきました。マリナーのお客様には、今や2つの制約しかありません― 想像力と法律です。

マリナーデザインをお客様に提示することは、ベントレーのマリナー戦略の中心であり、チームはベントレーの3つのビスポーク部門と横断的に協力しています。マリナーバカラルの12名のお客様にはパンデミックの間はZoomでデザインを決定する手助けをし、ブロワー・コンティニュエーション・シリーズの12名のお客様にはスペシフィケーションを決める支援を行い、コンチネンタルGTクーペとコンバーチブルのマリナーバージョンを製作し、さらにはすべてのお客様が様々なレベルのビスポークを行うことができるマリナー・パーソナル・コミッショニング・ガイドを創り上げました。

マリナーの仕事が少量生産であることは、デザインチームにさらなる自由をもたらします。デザインチームはベントレーデザインの他の部門と密接に協力し、ベントレーの量産車では実現不可能な新しいアイデアやコンセプトを開発します。例えば、マリナーのストーンパネルは、厚さ1ミリ以下の石のシートを成形して仕上げるという、非常に複雑で困難な製造工程のため、少量しか供給することできません。

マリナーとモータースポーツ部門担当取締役であるポール・ウィリアムズは、次のようにコメントしています。

「2014年以降、当社のマリナーデザインチームは、週に平均3件のお客様からの依頼を受けており、いかにオーダーメイドのベントレーが人気を博しているかを示しています。デザインマネージャーのフィリップ・ディーンが率いるチームは、コンチネンタル GT3の外装から、コンティニュエーションシリーズのブロワーの12台の仕様やディテールに至るまで、あらゆるデザインを手がけてきました。これらのデザインに共通しているのは、個々のお客様のためのものであるということだけで、どれも唯一のものです。マリナーの専用ビジュアライザーを使用することで標準的に生産されるベントレーで実現可能な選択範囲に新たな命が吹き込まれます。このビジュアライザーでは、お客様が車のカラーとトリムの仕様を選択し、その結果をリアルタイムで写真のように視覚化することができます。マリナーのデザイナーとの共創プロセスは、今や誰にでも可能なのです。」

圧倒的な実績の数々
お客様からのご依頼には、特注の象嵌を含むユニークなウッドや、鮮やかなレザーカラーと個別にデザインされたカラースプリットの組み合わせなどがあります。また、カスタムメイドのステッチや刺繍を施したものや、オリジナルのトレッドプレートやウェルカムランプを製作したものなどもあります。使用された変わった素材の中には、個人的にデザインしたツイードや、木の代わりに石材を使用したもの、さらにはベントレーの過去の部品を使った小さなアーティファクト(人工物)などもあります。

プロジェクトの中には、一台の車をシリーズ化して、一桁台の幸運なお客様に割り当てるものもあります。有名なブライトリングジェットチームを記念して製作された7台のシリーズは、インスピレーションを得た航空機の色に合わせて、ブラック、シルバー、イエローで仕上げられています。地域限定のエディションは、特定の販売店やお客様のためのものであったり、ベントレーの成功を祝うものであったりします。例えば、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでのベントレーのプロダクションカーレコードを記念して2019年に制作されたコンチネンタル GTパイクスピーク・エディションなどです。

マリナーデザインチームの才能は、車内の装備品、スケールモデルやデザインをテーマにした彫刻まで、車そのものにとどまらず、様々な分野で発揮されています。冷蔵庫、特注の陶器製カトラリー、食器、クリスタルグラス、収納スペースを備えたベンテイガ用の極上のピクニックハンパー(オプション)の製作にも、このチームが貢献しています。アウトドアで快適に過ごすために、ハンパー自体を取り外してシートとして使用することもできます。

ブロワー コンティニュエーション シリーズとベントレー マリナー バカラルのお客様には、ご注文いただいた車を納車する前に、それぞれの仕様を再現するためにマリナーが作成した特別な「スピードフォーム」をお届けしています。

ベントレーマリナーは現在、3つのポートフォリオすべてで車を製作しており、パーソナルコミッショニングガイドではお客様がビスポークのベントレーを製作できる範囲をさらに拡大していますので、マリナーデザインチームは今後数ヶ月から数年さらに忙しくなるでしょう。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベントレーモーターズジャパン >
  3. ベントレーマリナー、1000件のビスポークプロジェクトとパーソナルコミッションを達成