イラン・イスラム共和国の伝統と文化を知る展覧会 『美しいイラン』展 開催!

会期:7月27日(火)~8月6日(金)会場:在日イラン・イスラム共和国大使館 【入場無料】

在日イラン・イスラム共和国大使館(東京都港区 大使:モルテザ・ラフマーニ・モヴァッヘド)は、7月27日(火)から8月6日(金)までの11日間、イラン・イスラム共和国(通称イラン)の伝統と文化を知っていただくための展覧会「美しいイラン」展を、港区の在日イラン・イスラム共和国大使館にて開催いたします。
■多くの文化遺産や特産物、多様な観光名所などをパネル展示『美しいイラン』展は、イランについて一人でも多くの皆様に知っていただく事を目的として、ユネスコ世界遺産に登録されている歴史的建造物や名所をはじめ、食文化や伝統技術・工芸品など、約20点のパネル展示やモニュメント、手工芸品を通じてイランに触れていただく展覧会です。

■現地著名工房より寄贈されたペルシャ絨毯展示

イランは、中東では2番目に大きな国土を有している国で、多様な気候風土と、日本と同じく四季があり、様々な名所や文化、地理的な位置、長い歴史と文明などの要素から、宗教的聖地、文化遺産、歴史遺産、自然遺産などの多くの見どころがあります。
現在、ユネスコ世界遺産の数は、24件あり、文化遺産が22件(ペルセポリス、エスファハーンのイマーム広場、ビーソトゥーンの碑文など)、自然遺産が2件(ルート砂漠など)登録されています。他にも、紀元前3千年の史跡、建築、ペルシャ式庭園、無形文化遺産、そして美しい自然景観が観光スポットとして挙げられます。
また、イランは“砂漠の国”というイメージが強いこともあり意外と知られていませんが、実は世界最大の農業国の一つに数えられるほどのフルーツ大国としても知られており、みどころ満載の展示で皆様をお迎えいたします。
今回は、イランを代表する伝統工芸品の一つであり、イランの著名な工房にて織られ、2010年に在日イラン・イスラム共和国大使館へ寄贈されたペルシャ絨毯も展示いたします。 

=『美しいイラン』展 開催概要=

■日時: 7月27日(火)~8月6日(金) 11:00~20:00
■会場: 在日イラン・イスラム共和国大使館 (東京都港区南麻布3-13-9)
■主催: 在日イラン・イスラム共和国大使館
■入場料: 無料

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 在日イラン・イスラム共和国大使館 >
  3. イラン・イスラム共和国の伝統と文化を知る展覧会 『美しいイラン』展 開催!