書きやすくて、消しやすい。パーソナルホワイトボードの新定番「WIPE(ワイプ)」

2021年8月1日(日)より応援購⼊サービス「Makuake」にて販売開始!

合成樹脂の卓越した加工技術を有し、工業・文化財・森林の3部門を手掛ける第一合成株式会社(東京都八王子市、代表取締役:河野良子)は、デザイン&ストラテジックパートナーに9FEET Design(ナインフィートデザイン)を迎え、この度「書きやすさ」「消しやすさ」「機動性」に着目したカバー一体型パーソナルホワイトボード「WIPE(ワイプ)」の製造を開始し、2021年8月1日(日)より、応援購⼊サービス「Makuake(マクアケ)」にて先行販売いたします。



■ Makuake - プロジェクト概要
プロジェクト名:書きやすくて、消しやすい。パーソナルホワイトボードの新定番「WIPE」
プロジェクトURL: https://www.makuake.com/project/wipe/
目標金額:30万円
期間:2021年8月1日(日)~ 9月15日(水)


■ 消すを楽しむ新体験
ホワイトボードの基本価値である「書きやすさ」「消しやすさ」「機動性」。この3つに徹底的にこだわり抜いて生まれたのが、消すを楽しむホワイトボード「WIPE(ワイプ)」です。「アイディアを思いついた瞬間に、逃さず可視化するツール」をコンセプトに開発。使う人がテンポよく「書く」と「消す」をつづけられる工夫を随所に凝らしています。ちょっとしたメモをとりたい時や、誰かに図やポンチ絵を使って説明したい時、いつでも「サッと取り出せてパッと書ける」使い心地の良いホワイトボードです。


■ 製品の3つの特徴
1. 素早く消せる大型イレイサー

WIPE最大の特徴はカバー一体型の大型イレイサー。カバーの内側は全面フェルト貼りで、全てがイレイサー(=消し面)としての機能を担っています。その面積は一般的なホワイトボードペン付属のイレイサーの100倍以上。びっしり書いたメモでも、素早く、爽快に消しきることができます。

 

 

 

2. 書き心地の良いホワイトボードシート

建材にも使用される耐久性の高いホワイトボードシートと、軽く平滑性の高いベース材の組み合わせによって、滑らかな書き心地を実現しました。また、インクの消し跡が残りにくい材質のため、いつでもまっさらなボード面で、気持ちよくお使いいただくことができます。



3. 便利な自立機構
書いたメモや図解、アイディア、ToDoリストを「立てた状態で眺められる」よう、自立できる仕組みを取り入れました。スマホで撮影するときには、天井の照明器具の映り込みを少なくする効果もあります。



■ 3つのデザインポイント


1. Mag Force Systemによる高い機動性
磁石とゴムバンドを組み合わせた Mag Force System を開発。適度な磁力の誘導によって、直感的で心地よい操作性をデザインしました。この Mag Force System は 3つの機能を担っています。

① カバーの開閉:カバーの留め具となることで、開閉を自在にコントロール。 
② ペンホルダー:ゴムバンドが伸縮しペンホルダーになります。様々なサイズに対応。
③ イレイサーの持ち手:持ち手があることでカバーのグリップ力が増し、無駄なく力が伝わる。

2. ちょうど良いサイズと重さ、縦横比
・デスクに置いても邪魔にならず、片手で持てる、A4よりやや小さめの「ちょうど良いサイズ」。
・本体重量は僅か130gと一般的なA4ノート(40枚 約155g)よりも軽く、持ち歩きやすい。
・ホワイトボードの縦横比は3:2と、スマホで撮影しやすい比率に。 

3. 収納ポケット付き
カバー内側は「収納ポケット」に。小さなペンや、付箋を入れておくなど、色々な使い方ができます。 


■ 開発背景
オフィスワークとリモートワーク、本業と副業、今後人々のライフスタイルは益々多様化し、より柔軟で機動的な働き方にシフトしていきます。そんな中、多くのワークシーンを支える「ホワイトボード」というツールもまた、進化することができるはず ーー そんな想いから、本製品の「書きやすい」「消しやすい」「機動性」といった普遍的なテーマは発掘されました。実際の製品開発にあたっては、プロトタイプ制作と顧客調査を重ねる中で、仕事の現場におけるツール全般、そしてホワイ トボードに関するニーズを抽出し、現在の製品を構成する各要素 ーー ホワイトボードの品質、サイズ、重量、機動性 等を体現するための細かな仕様 ーー にたどり着きました。


■ WIPEの使い方
1. ちょっとしたメモに


✓ TODOリスト
1日の始まりに、その日のタスクを整理しながらやることリストを作成。WIPEは何度も書き消しができるので、ラフなメモやアイデアなどの雑記に最適です。

✓ 読書メモ
本を読みながら、気づきや要点を書き留めるだけでかんたん読書メモに。印象に残ったキーワードや覚えておきたい要点をWIPEに書き留めれば、手軽に一枚の読書メモを作成することができます。


2. オンライン会議に


✓ 議事メモ
WIPEはパソコンやモニターの側に置いても邪魔にならないサイズなので、オンライン会議中でも自然に手元でメモを取ることができます。要点をその場で相手に見せて確認してしまえば、意思疎通もばっちりです。

✓ スピーカーノート
プレゼンを行うときの発表者メモに。プレゼンの前は誰でも緊張してしまうもの、そんな時は、WIPEに話の要点をメモしておくと助けになります。重要なポイントを意識しながら話せるので、聞き手にとってわかりやすいプレゼンができる可能性がグッと高まります。


3. ビジュアルを用いた説明に


✓ オンライン会議でのビジュアルコミュニケーション
人に何かを説明する時、言葉やテキストで伝えるよりも、「簡単な図や絵で説明する方が早い」、そんなシーンでこそ WIPEは威力を発揮します。パソコンのカメラに映った時、顔とホワイトボードの両方が見やすいよう、サイズや縦横比を調整しています。

✓ リモート授業の活性化
一方通行になりがちなリモート授業の活性化の手立てとしても、WIPEは助けになります。授業の中で先生が出した問題に対し、生徒がWIPEに回答を書いて発表するなど、先生と生徒のコミュニケーションを活性化させるツールとして使うことができます。


4. ブレスト・大喜利に


✓ 新しい商品やネーミングをみんなで考える
大喜利のように楽しみながらアイデアを出し合うなど、WIPEはみんなでアイデアを考える時にもお使いいただけます。ブレストといえば付箋とペンを持って、広い場所で行うイメージがありますが、場所や備品の準備など意外と大変です。そんな時は複数人でWIPEを持ち寄って、どこでも手軽にアイデア会議をはじめることができます。

✓クイズゲーム
盛り上がるイベントで、クイズの回答用フリップに。「書く」と「消す」をテンポ良く繰り返せるWIPEは、クイズなどのパーティゲームでよく使われる回答用フリップにピッタリです。結婚式の二次会をはじめとする様々なイベントシーンで役立つこと間違いなしです。


■ WIPEならではのメリット

✓紙のノート・付箋との比較
・紙ゴミが発生しないので、机の上を汚さず廃棄の手間も省けます
・スマホ撮影を想定した縦横比なので、後で見返したい時のための保存が簡単です。

✓デジタルツールとの比較(タブレット端末、メモアプリ等)
・その場でパッと書いてみせたい時は、アナログツールの方が早くて便利です!


■ 今後の展望
第一合成はこれまで、文化財保全や森林保全など社会的、教育的意義がある取り組みに従事する方々の悩みや課題に応えたい一心で、ものづくりを行ってきました。 そんな私たちにとって、WIPEは単なる便利なホワイトボードではありません。WIPEを通じて、仕事や教育をはじめとした様々な場面におけるコミュニケーションの課題が解消し、お客様の毎日が楽しく快適になることが目標です。そしてその結果として、世の中がより良くなるようなアイデアや取り組みが少しでも増えるように、さらなる製品の改善を進めて参ります。


■ 製品仕様
本体サイズ:W 267mm × L 180mm × H 8mm
ホワイトボードサイズ:W 261mm × L 173mm(アスペクト比 3:2)
本体重量:130g(個体によって前後する場合があります)
素材:EVA、ポリエステルフェルト、ゴムバンド、マグネット
カラー:ダークグレー


■ 公式情報
WIPE - 公式サイト:https://wipe.daiichigosei.co.jp
WIPE - Makuake プロジェクトサイト:https://www.makuake.com/project/wipe
第一合成株式会社:https://www.daiichigosei.co.jp
9FEET Design:https://9feet.design
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 第一合成株式会社 >
  3. 書きやすくて、消しやすい。パーソナルホワイトボードの新定番「WIPE(ワイプ)」