SDGsをテーマにした俳句を大募集!100年後の未来へと続く、企業の想いや取り組みを世界に向け発信しよう

日経新聞折り込み冊子『BizLifeStyle関西版(ビズスタイル)』にてPRするチャンス

明治時代に活躍した正岡子規の俳句をモチーフに、美しい日本文化を紹介する書籍や文具開発を手掛ける株式会社わんおーる(本社:大阪市北区、代表:大東 栄子)が、2021年9月13日(月)より、企業を対象とする俳句キャンペーンを開催。世界中で環境保全への関心や取り組みが高まる今、「SDGs17の目標」をテーマに、自社のモノづくりやサービス、社会に対する想いなどにまつわる俳句を募集いたします。

 

SDGs×俳句】キャンペーンに託す想い

俳句では「詠む」という表現が使われます。この「詠む」という字は「言」と「永」から成り立っており、“言葉の持つ余韻やチカラが、永遠と続く”という意味があると理解しています。当社のモノづくりのモチーフである正岡子規の俳句もそのひとつ。明治時代に詠まれた俳句が100年という時を経た現代においても、当時の想いや情景を色鮮やかに伝えてくれるのです。
そして今、時代はまさに地球の未来のためにさまざまな課題解決に臨んでおり、そのなかでSDGsへの関心が世界レベルで高まっています。SDGsとは、100年後も200年後も、人類が地球で暮らし続けていくための持続可能な開発目標。この世界レベルで目指す取り組みと、人々の暮らしや想い、美しい四季を色褪せずに後の世に伝えていく俳句には、大きく共感するものがあるのではないかと考えました。
そこで今回、「SDGs17の目標」をテーマにした俳句キャンペーンの開催を決定。自社のモノづくりやサービスの在り方、日々の活動を、SDGsを通して見つめ直し、5・7・5の17音の調べにのせて表現していただきます。それら応募作品をドキュメンタリータッチで構成・英訳本出版(北米)し、世界に向けて発信する画期的な取り組みを考えています。
ぜひ、俳句という美しい日本文化を通して、自社のこれからの活動はもちろん、より豊かな地球の未来を、楽しく考えてみませんか?

キャンペーン概要
・応募期間:2021年9月13日(月)~11月30日(火)
・応募資格:SDGsに関心がある日本国内に居住する企業
・応募方法:キャンペーンサイトの応募フォームより
      https://sgdskigyouhaiku.com
      本規約内容に同意の上、必要情報を所定の応募フォームへ入力し、ご応募ください。

■応募作品について
・SDGs17の目標から3つ以内で目標を選び、それらにまつわる1句をご応募ください。
・5・7・5の17音で自由に句作してください。
・俳句へ込めた想いや、SDGsへの取り組み、企業や商品のアピールポイントも応募フォームに明記してください。
・オリジナル俳句であること

受賞賞品

➀『BizLifeStyle関西版』SDGs特集掲載

・日経新聞折り込み冊子『BizLifeStyle関西版』にて
 見開き2頁を活用した連合特集に掲載
・プレスリリース配信
➁わんおーるオリジナル絵画を応募いただいた全企業さまへプレゼント

スケジュール
(当事務局の判断により、予告なく変更される場合がございます。)
・2021年11月30日(火)23:59 応募締切
・2021年12月中旬 メールにて受賞通知
・2022年1月末 キャンペーンサイトにて受賞者結果発表
・2022年3月25日(金) BizLifeStyle関西版 3月号発行
 ※受賞企業様には簡単な取材にご対応いただきます。
 ~2022年順次:参加賞 発送

<本件に関するお問い合わせ>
SDGs×俳句キャンペーン事務局
sdgskigyouhaiku@oneall.jp

わんおーるの事業
正岡子規の俳句を随所に取り入れた料理本をはじめ、日本の暮らしや四季、情景を伝える俳句をモチーフにしたポストカード、ファイルなどの文具用品を企画・開発。2020年9月より、テストマーケティングとしてN.Y.のアンテナショップにて展示販売を開始し、徐々にそのスペースを拡大するなど好反応を得ています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDGs×俳句キャンペーン事務局 >
  3. SDGsをテーマにした俳句を大募集!100年後の未来へと続く、企業の想いや取り組みを世界に向け発信しよう