Coinbase NFTの提供開始!10月12日提供開始に先駆け早期アクセス用順番待ちリストへの登録可能に

世界最大級の暗号資産取引所「Coinbase」は、10月12日(火)(サンフランシスコ現地時間)にローンチするCoinbase NFT提供開始に伴い、早期アクセス用順番待ちリストへの登録が可能となったことを発表します。
NFTは、ブロックチェーン技術を用い唯一無二のものであることを証明できることから、市場取引が困難とされていたアートの世界を大きく揺るがすことになりました。さらに、ファッション、ゲーム、音楽などの業界においても、NFTによりコピーや模造品に臆することなく自由な発想で様々な価値を生み出すことができ、それを安心して所有することができるという、新しい可能性を認識することになり、NFT市場が急成長を遂げています。

Coinbase NFTは、NFTの作成・購入・表示・検索をこれまでにないほど簡単にします。Coinbase NFTでは直感的なインターフェースを構築し、NFT取引へのアクセスをスムーズにします。特に今回導入される“ソーシャルメディア機能”は、クリエイターコミュニティを飛躍的に成長させることができ、アーティストやファンにとって大きなメリットとなると考えています。

Coinbase NFTはクリエイティブ且つクリエイターファースト
Coinbase NFTは、自由なクリエイティビティを実現するために構築されたP2P(ピアツーピア)のマーケットプレイスです。分散型マーケットプレイスの上に構築された直感的なデザインのCoinbase NFTは、新時代のアート体験を実現します。
“その人の素晴らしいアイデアはその人だけのもの”。Coinbase NFTは、そんな当たり前のことを容易に実現するために、ブロックチェーン技術を通じて取引の継続した管理を行います。ローンチ時は日本語非対応となり、今回のアメリカでの初ローンチ後、国際的に順次展開を致します。イーサリアムベースのERC-721と ERC-1155の規格のみでのサポートとなりますが、早いタイミングでマルチチェーンサポートを導入する予定です。

Coinbase NFTで最高のクリエイション&コレクションエクスペリエンスをユーザーにお届けすることを目指します。


 コミュニティの育成
“売買”は、Coinbase NFTの中心的な機能であり、活気溢れるマーケットプレイスの必須要素ですが、Coinbase NFTは、さらにソーシャルエンゲージメントを目指しています。人と人とのつながりを育むことで、クリエイターやコレクター、ファンのコミュニティ形成を支援します。ユーザーの興味に基づいてパーソナルフィードをキューレーションし、プロフィールにはユーザーが所持しているNFTを1か所に表示されるため、共感するファンやアーティストとのつながりを深めることが可能となります。このソーシャルな要素により、情熱が共有され、新たなコラボレーションを生み出し、イマジネーションを掻き立てられることで、未来の可能性を無限に広げます。


クリエイターエコノミーの拡大
クリエイターエコノミーの拡大は、「経済的自由を高める」というCoinbaseのミッションと一致しています。人はもともとクリエイティブです。我々は芸術を創造し、個性を表現し、コミュニティを構築し、意味を求めます。しかし、特にデジタルの世界においては、クリエイターが自身の創造物を所有し、管理し、利益を得るための普遍的な方法がありませんでした。

Coinbase NFTが目指しているのは、全ての人が自身の創り出したクリエイティビティからのきちんと利益を得られるようにすることです。そして、「クリエイターエコノミー」が「実体経済」の一部ではなく、中心的な原動力となるような未来に貢献することを目指しています。

 Coinbase NFT:早期アクセス権と定期的な情報のアップデートをご覧いただけます。
www.coinbase.com/nft/announce
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Coinbase株式会社 >
  3. Coinbase NFTの提供開始!10月12日提供開始に先駆け早期アクセス用順番待ちリストへの登録可能に