4月10日まで半年! 「きょうだいの日」の普及に向けてキャンペーン始動「Yogibo」TANZAQプロジェクトのバックアップでホームページなど作成

すべてのきょうだいのハッピーを願う「きょうだいの日」が広がることを目指して

病気や障がいのある子どもの「きょうだい」のサポートを行うNPO法人しぶたね(所在地:大阪府大東市、代表:清田悠代)は、快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo」を運営している株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区、代表取締役:木村誠司)にスポンサーとしてサポートいただき、4月10日の「きょうだいの日(シブリングデー)」を広げるためのキャンペーンを行います。

 

 
  • 「きょうだいの日(シブリングデー)」とは

おにいちゃん、おねえちゃん、いもうと、おとうとを全て含めて、ひらがなで「きょうだい」といいます(英語ではbrotherとsisterを含めて「siblings」といいます)。

4月10日の「きょうだいの日」は、米国のクラウディア・エヴァート氏が、亡くなったきょうだいに思いを寄せて考案された記念日です。米国では50州中49州の都知事が公式に認めた、広く社会に知られる記念日となっており、この日に合わせて、SNSなどで有名人が自身のきょうだいと一緒に写った写真を投稿したり、企業が自社のきょうだいキャラクターの投稿をして盛り上げています(日本の「マリオブラザーズ」なども米国では「きょうだいの日」を祝っています)。

 私たちは、日本でも「きょうだいの日」をみんなで制定しようと呼びかけ、応じてくださった200人を超える制定発起人とともに、2019年に、4月10日を「きょうだいの日(シブリングデー)」として制定し、日本記念日協会に登録しました。

血のつながりのあるきょうだいだけでなく、兄や姉、弟や妹のように思っている人に感謝を伝えたり、亡くなったきょうだいに思いを馳せたり、きょうだい支援を行う団体を知る機会になったり…すべての人にとって優しい記念日として広く社会に広がることを目指して、普及活動に努めたいと思っています。
 

 


2019年4月6日には、大阪梅田の阪急百貨店うめだ本店にて制定記念式典を行い、この日を父の日や母の日のようなメジャーな記念日にするため、毎年様々なキャンペーンを行っています。

コースターやお菓子などの記念グッズを製作したり、全国の郵便局にポスターを貼り出したり、みんなで動画を作成して公開したり…。
 

 
そして今回、2022年の「きょうだいの日」に向けて、「Yogibo」(日本では株式会社ウェブシャークが運営)のTANZAQプロジェクトでご支援いただけることになりました。

 
  • これから取り組むこと

すべての「きょうだい」がハッピーになる「きょうだいの日」をテーマに、ホームページや各種SNSアカウントを作成し、連動させながら、気軽に参加できるコンテンツを通して記念日の周知を目指します。 

(予定している内容)

・みんなの投票でランキングを作成
 例)きょうだいで分け合える○○と言えば?(分けられるアイスやお菓子など)
   あなたの好きなきょうだいの○○は?(お笑い芸人やキャラクター、映画や本など)

・きょうだいの日に贈りたい/きょうだいの日にほしいプレゼントの特集

・きょうだいにまつわる写真やエピソードを投稿して抽選でプレゼントが当たるキャンペーン
など

 将来的には、街のお店や企業が、きょうだいの日限定商品を販売したり、きょうだいの日イベントを行うなど、全国で盛り上がる記念日となることを夢見ています。ご興味をお持ちいただいた企業様は、ぜひ記念日をご活用ください。お問い合わせもお待ちしております。 

 
  • 記念日制定への思い

米国で普及している記念日は、やがて日本にも入ってくるだろうとは思っていました。ですが、自然と盛り上がるのに任せてしまうことには少し不安がありました。例えば、亡くなったお母さんを偲ぶ日として制定されたという説もある「母の日」ですが、今では、死別や離別で母親のいない方が切ない思いをされていることがあります。「きょうだいの日」がせっかく盛り上がっても、その陰で、病気や障がいなどの特別なニーズのある子どものきょうだいが複雑な思いを抱えたり、きょうだいがいない子どもが寂しい思いをするのでは意味がありません。誰も切ない思いをすることのない記念日にするために、その願いを共有してくださる200名以上の方々と共に制定させていただきました。
 



 
  • TANZAQプロジェクトとは

TANZAQとは、Yogibo(日本では株式会社ウェブシャークが運営)がスポンサーとして社会課題に取り組む団体に広告を出稿することで、持続的な社会課題の解決を共に目指すプロジェクトです。
https://tanzaq.jp/

  • NPO法人しぶたねについて

しぶたねは、病気のある子どもの「きょうだい」をサポートする団体です。
不安や孤立感など複雑な気持ちを抱えて頑張るきょうだいたちが、1人の子どもとして当たり前に大事にされる社会を目指して、2003年に任意団体として設立。2016年にNPO法人格を取得しました。きょうだいのためのワークショップの開催や、病院内の活動、冊子の作成配布、支援者向け研修、啓発活動などを通してきょうだいを応援しています。 

<団体概要>
設立   :2003年11月1日
代表   :理事長 清田悠代
所在地  :大阪府大東市
事業内容 :病気のある子どものきょうだいのワークショップの開催/病院にきょうだいの居場所をつくる活動/寄稿・講演/支援者向け研修ワークショップの実施/きょうだい支援ツールの作成配布/4月10日の「きょうだいの日(シブリングデー)」にあわせた啓発等
URL   :https://sibtane.com/

<お問い合わせ先>
E-mail  :sibtanev@yahoo.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. NPO法人しぶたね >
  3. 4月10日まで半年! 「きょうだいの日」の普及に向けてキャンペーン始動「Yogibo」TANZAQプロジェクトのバックアップでホームページなど作成