中国サイバーセキュリティ法、重要データの国内保存が可能。Salesforceのデータを管理!バックアップアプリ【SecureBridge】が本日リリース!

中国サイバーセキュリティ法からの救済を実現

2021年9月27日
株式会社エンプレイ(本社:大阪市、代表取締役:田坂 忍)はアリババクラウドのテクニカルサポートに基づくSalesforceのデータバックアップアプリ「SecureBridge」をリリースしました。

SecureBridgeはSalesforceのデータをAribabaCloud上にバックアップすることで中国サイバーセキュリティ法の要件を満たしていない企業への救済策となります。

 

 

 


■「SecureBridge」のサービス提供の背景と意義
2017年に制定された中国サイバーセキュリティ法。
インターネット分野の安全保障基準法により中国でビジネスを行う日本国内の企業大半が適用対象となり対応が必要となっています。
サイバーセキュリティ法対象データの取り扱い原則の一つとして中国国内で収集・作成した個人情報や重要データの中国国内保存の義務化が決まりました。

SalesforceのデータをAribabaCloud上にバックアップすることで、中国サーバーセキュリティ法の要件を満たしていない企業への救済策が可能になります。
※100%を保証するものではありません。

その中の一つの国内保存に対応しております。

従来ある他社サービスの1/10のコストでデータのバックアップが可能です。

バックアップのみに特化したアプリなので、操作もシンプルで簡単なのが特徴です。

シンプルなUI。すぐにでも理解できる画面構成。

現在、Salesforceユーザーの企業は中国国内で収集・作成した個人情報や重要データを保存するための仕組みがなく2017年のサイバーセキュリティ法成立から現在までこれに対応できないお困りの企業様に向け、低コストで中国サイバーセキュリティ法・重要データの国内保存に対応できるサービスをサードパーティの弊社が提供致します。 

SecureBridgeについての詳細は以下をご覧ください。
・SecureBridgeプロダクトサイト:https://www.securebridge.jp/

【エンプレイについて】
商号:株式会社エンプレイ
所在地:〒541-0054 大阪市中央区南本町3-2-1 鈴木康ビル
代表取締役:田坂 忍
設立:2019年1月
URL:https://emplayee.co.jp/

【アリババクラウドについて】
2009年に設立されたアリババグループのデータインテリジェンスの中枢です。Gartnerの調べでは世界TOP3のIaaSプロバイダーの1つであり、IDCの調べでは中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダーです。アリババクラウドは、アリババグループのマーケットプレイスでビジネスを展開する事業者、スタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする世界中の事業者にクラウドコンピューティングサービスの包括的な製品群を提供しています。アリババクラウドは、国際オリンピック委員会のオフィシャルクラウドサービスパートナーです。www.alibabacloud.com



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エンプレイ >
  3. 中国サイバーセキュリティ法、重要データの国内保存が可能。Salesforceのデータを管理!バックアップアプリ【SecureBridge】が本日リリース!