全国初、キャブステーションのeラーニングシステム「グッドラーニング!」を「三重県トラック協会」が初任運転者講習に導入

初任運転者講習のeラーニング導入事例は全国初

一般社団法人三重県トラック協会様(会長:小林俊二、本社:三重県津市、以下三重県トラック協会)は、株式会社キャブステーション(代表取締役社長:楠木崇延、本社:東京都品川区、以下キャブステーション)が開発したトラックドライバー教育のクラウド型eラーニング「グッドラーニング!」を導入し、2021年9月1日よりドライバーの初任運転者講習を開始致しました。

 

初任運転者の指導用に機能を大幅に拡張「キャブステーション」の「グッドラーニング!初任運転者コース」

2019年にキャブステーションが開発したドライバー教育に特化したeラーニングシステム「グッドラーニング!」は、トラック事業者の「年間教育」に対応したサービスとしてリリースし、すでに多くの事業者の皆さまにご利用頂いております。今回、従来の「グッドラーニング!」を大幅アップデートし初任運転者講習用に教材を拡充した「グッドラーニング!初任運転者コース」をリリース致しました。
 
  • リリースの背景
輸送の安全を実現するためには、運転者に対する指導教育が欠かせません。

 国土交通省告示『貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針』で定められている「初任運転者に対する特別な指導」において、トラック事業者は新たに雇い入れたドライバーに対する15時間の座学研修が義務付けられています。

 しかし、国交省の指針に準拠した指導を15時間おこなうとなると、相応の教材の事前準備、講師となる社員の業務調整、指導ノウハウがない中での長時間の研修実施など事業者に大きな負担がかかります。また専門講師の手配や外部研修に参加する場合においても日程調整やコスト面での課題がでてきますし、事業者が独自で教育システムを構築するのは非常に困難でした。しかも、国交省が事業者に実施する監査においては、この初任運転者への指導が行われておらず違反となるケースがワースト1という状況でした。

 そこで、事業者様と業界の現状を踏まえ、キャブステーションでは、従来の「グッドラーニング!」を大幅アップデートし初任運転者講習用に教材を拡充「グッドラーニング!初任運転者コース」としてすべてのトラック事業者様が効果的かつ効率的な初任運転者講習を実施することができるシステムを構築いたしました。

 インターネットを活用したクラウド型eラーニングシステムである「グッドラーニング!」は時間と場所を選ばずにPC・スマートフォン・タブレット端末にて受講ができます。講座も動画でわかりやすく解説されているほか、eラーニングであることの強みを活かしCGやドラレコ映像を使った教材も充実しています。また、理解度チェックテストで講座内容の理解度を確認することもでき、不正解だった設問の解説を見る事により理解を深め、さらには繰り返し受講することも合格するまでテストを受けることも可能となっています。もちろん教材で使用した資料や指導教育記録簿の出力も簡単に行えますので、事業者様とドライバーの双方にとって極めて有益なシステムとなっております。
 

動画を多用しているので、飽きる事なく講座を進められます。動画を多用しているので、飽きる事なく講座を進められます。

実際のドライブレコーダー映像を使った危険予測講座実際のドライブレコーダー映像を使った危険予測講座

学習の進み具合が一目でわかるマイページ学習の進み具合が一目でわかるマイページ

 
  • 全国初、三重県トラック協会で9月1日より導入開始
今回の三重県トラック協会による初任運転者講習へのeラーニング導入は「全国トラック協会初」の事例となります。

三重県トラック協会様コメント


トラックドライバーにとっての初任運転者講習は、最初の一歩でありながらその後の安全運転にもかかわる大事な機会。運転の知識を身に着けるだけでなくプロドライバーとして安全に対する高い意識を持つことができるかがもっとも重要となる。

そのためには正しい教育を受けることが必要不可欠で国交省の指導事項をすべて網羅しているグッドラーニング!を活用するメリットは非常に大きい。

これまでも定期的に初任運転者特別教育の講座を開設し、対象者に参加してもらっているが、参加日程の調整ができなかったり、昨今のコロナ感染の増加で参加しづらい事が見受けられる。そこで、eラーニングであれば会員各社において都合の良い時に学習できることから、導入する事とした。

パソコンやスマホで学習できるというのが 最大の特徴であり、ドライバーは無理のないスケジュールの中で集中して学習することができる。また運送事業者においても学習計画が立てやすく進捗状況の管理がしやすい。すべての講座に設けられている理解度チェックテストも活用し、受講するドライバーは効果的な学習を行ってほしい。
今までは、社内に人材の少ない中小事業者であればあるほど教育にかかる負担が大きかったが今後はグッドラーニング!を活用し、事業規模の大小にかかわらずきちんとした初任運転者講習を行ってもらいたい。

これからドライバーになる方に、学習を通じてトラックを運転するという自覚と責任と誇りをもっていただき、安全運転に励んでもらえればたいへん嬉しい。
 
  • 「グッドラーニング!」今後の展開:「新しい学びの形」の提案で交通事故防止へ
トラック会社が安全教育の現場で抱える様々な課題。

キャブステーションの「グッドラーニング!」はeラーニング学習のメリットを最大限に活用し、確実で効果的な安全学習を提案することで、交通事故の防止、削減に取り組んでまいります。


◆グッドラーニング!HP
https://promote.good-learning.jp/truck/

--

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社キャブステーション 担当:小林佑
電話:03‐6880‐1072
メールアドレス:yu.kobayashi@cab-station.com

■三重県トラック協会の概要
名 称 : 一般社団法人 三重県トラック協会
所在地 : 三重県津市桜橋3-53-11
電 話 : 059-227-6767

 ■株式会社キャブステーションの概要
会社名: 株式会社キャブステーション
所在地:東京都品川区西五反田7丁目22番17号 TOCビル3F
代表者:楠木 崇延
設 立:1987年
U R L :https://www.cab-station.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キャブステーション >
  3. 全国初、キャブステーションのeラーニングシステム「グッドラーニング!」を「三重県トラック協会」が初任運転者講習に導入