建設業界の事業者・技能労働者の業務改善をサポートする株式会社FIRSTが日本国内の建設テックカオスマップ2021年版を公開!

 巨大市場の変革期に伴い多くの注目を集めている建設テックサービスを機能別にセグメント。

建設業特化型ERP-SaaS「1-Touch」を提供する株式会社FIRST(本社:埼玉県春日部市、代表取締役:豊田和覇 以下「当社」)は建設業界の事業者・技能労働者の課題を解決する計133のサービスをまとめた「建設テックカオスマップ2021年版」を公開します。「建設テック(国内)カオスマップ2021年度版」は、無料ダウンロード可能です。
▼ダウンロードはこちら▼
https://first-corporation.co.jp/download/form-press.html
 
  • 建設テックサービスを機能別にセグメントした「建設テック(国内)カオスマップ2021年版」

 

 

 

 

◆カオスマップ公開の背景
建設業界は日本で2番目に巨大な市場であることから注目を集めているが、多くの不定形業務と労働集約型産業のレガシー、ITリテラシー不足などの影響で参入障壁が高い事からIT化が思うように進んでない。
そのため市場を寡占するサービスがあるとは言えない中、担い手不足による生産性低下、コロナ禍におけるテレワーク・遠隔臨場など、ワークスタイルのシフトに伴い企業のIT化に拍車がかかっている中で、ここ数年、新サービスが次々に登場、多くのサービスが業界のトップランナーを目指して巨額の資金到達を行うなど、業界の盛り上がりを見せている。
 一方で、建設テックに関わる企業やサービスが増えていく中で、ユーザーが課題に沿った適切なサービスを選択しにくい状況も生まれつつあります。そのような状況に対応するため、建設テック関連サービスを調査し、ユーザーが一目で各々のサービスの特徴、そしてフォーカスしている課題領域をカバーしているのかを可視化すべく、建設テック(国内)カオスマップ2021年版」としてまとめました。
 カオスマップは業務・臨場管理支援、施工・維持管理(工程、安全・衛生、品質)の2つの視点から25のカテゴリーに分類。様々な視点やテクノロジーによって業界の課題解決を行うサービスを紹介。様々な立場で建設業界が抱える課題の解決を行いたいという方々にとって、市場の状況理解、知識やサービスの共有、利用、協業、発想の転換に活用されることで1つでも多くの課題解決に繋がり、建築産業の成長と再生に貢献することを期待している。
 
  • カオスマップのトピックス

 


ミック総合研究所の調査によると、建設テック市場は2019年度で143.0億円、2020年度で前年比128%・183億円、2021年度は133%・243.3円と大きな成長が見込まれている。(*1)それに比例するように建設テックサービスも増加しています。今後も労働力不足が叫ばれる建設業界では、2024年の法改正、インフラ老朽化、大阪万博、リニア新幹線などが控え、活況が見込まれる建設業はシステム投資を加速し、2025年度には800億円を超える市場に成長すると予測されている。(*1)

 

*1:デロイト トーマツ ミック
「ConTech(建設テック)クラウドソリューション市場の実態と展望 2021年度版」
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP611897_X00C21A6000000/

▼ダウンロードはこちら▼
https://first-corporation.co.jp/download/form-press.html


◆建設業界の動向
建設就業者の高齢化、若年層の業界離れによる担い手不足、労働基準法の改正、コロナ禍による移動・接触制限等により建設業界が抱える課題は日を追うごとに深刻化していることからIT技術やテクノロジーが今後さらに必要になると予測されている。そんな中、各建設テックのサービスや機能の完成度の高まりを受けて、徐々に大手・準大手ゼネコンが試験導入から本格導入に進んでいる。サービスの完成度がさらに高まる今後においてはサービス・コンテンツ拡充が加速し部分最適化から全体最適化が進んでいくだろう。建設事業者の中では大手・準大手ゼネコン16社が施工ロボットの開発・普及加速を目指し技術連携を表明。建設業務のロボティクス化が加速するとみられる。今後建設事業者は、業務のIT化と施工のロボティクス化、建築物のサービサイジング化が業界の覇権争いの要になると予測している。
 
  • カオスマップ作成にあたって代表・豊田和覇からのコメント
建設業界の変革は既に始まっている。そのため建設事業者と建設テック企業が相互理解を行うことで、建設業界が抱える課題が一つでも多く解決出来ることを願っています。更には日本国の安全・安心な社会基盤を持続的に提供・保持できる建設業界を皆の手でつくりあげていきましょう。

◆株式会社FIRSTについて https://www.first-corporation.co.jp/
FIRSTは2019年に創業以来、建設業界の課題を解決するために事業展開を行っています。
「1-Touch」は、「すべての業務を1-Touchでワンピースに」をコンセプトにサイロ化している企業間と業務間のネットワーク形成を行うことでブルーワーカーの業務ロス解消や生産性向上を行うための建設業特化型ERP-SaaS。建設キャリアアップシステム(CCUS)API連携認定システムとして2021年10月中旬にサービスリリース予定している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FIRST >
  3. 建設業界の事業者・技能労働者の業務改善をサポートする株式会社FIRSTが日本国内の建設テックカオスマップ2021年版を公開!