<プレスリリース>民間臨調「モデルチェンジ日本」の設立および岸田総理への「COP26を受けての政策課題」の提言について

岸田内閣が発足し、「新たな資本主義実現会議」「デジタル臨調」などの政策会議が稼働しはじめました。構造改革の動きを後押しし、日本の未来に向けて取り組むべき重要政策課題の提示・提言を行うため、産・学・メディアなどの枠を超え、民間臨調として「モデルチェンジ日本」を本日11月22日、設立いたしました。
第一弾として、気候変動対策に関する政策提言「COP26を受けての政策課題」をまとめ、22日15時過ぎに官邸にて岸田総理に直接提言を行いました。
「モデルチェンジ日本」の設立趣旨および岸田総理への政策提言の内容について、22日16時より記者会見を行いました。
会見での発表内容は添付のとおりです。

◇民間臨調「モデルチェンジ日本」
<ホームページ>
https://modelchange.jp/

<メンバー>(11月22日時点)
猪瀬直樹、冨山和彦、中室牧子、松田公太、瀬尾傑
安宅和人、落合陽一、村上誠典、落合孝文(弁護士)、金泉俊輔(NewsPicks)、国峯孝祐(弁護士)、藤原豊(政策アドバイザー)、羽生田慶介(オウルズコンサルティンググループ)、事務局:原英史(政策工房)
メンバーはさらにお声がけする予定です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モデルチェンジ日本 >
  3. <プレスリリース>民間臨調「モデルチェンジ日本」の設立および岸田総理への「COP26を受けての政策課題」の提言について