本人訴訟を支援するLegal AI社、日本のリーガルテック業界で初めてMicrosoft for Startupsへ選出

「AIとテクノロジーにより司法トラブルを解決」をミッションにAIを活用した司法手続き支援サービスを開発するリーガルテックスタートアップ、Legal AI株式会社(リーガルアイ株式会社、 本社:東京都、代表取締役:佐藤塁)はMicrosoft Corporation( (本社 : 米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。リーガルテックサービスを開発するスタートアップでは初の選出となり、Legal AI社は本支援プログラムを活用し、AI機能と司法手続きのDX化の支援機能の開発を進めて参ります。

  • Microsoft Startupについて
マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上でグローバル展開されているスタートアップ支援プログラムです。独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的とし、当プログラムに選定されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとしたマイクロソフト社の保有する強力なテクノロジーへのアクセスに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。 詳細はこちら:https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx
 
  • 今後の展開
Legal AI社は本支援プログラムによるマイクロソフト社のご支援の元にAzureを活用し、法律知識がない一般ユーザーでも容易に訴状や司法手続きを行えるよう書類作成機能並びに判例用例検索機能を開発します。高額な費用を払うか、諦めるかの2択しか選ぶことのできない司法トラブルに新たな解決策をもたらせるようにプロダクト提供をして参ります。
さらにLegal AI社は弁護士事務所とも提携を進めており、ユーザーがトラブルにあった弁護士を必要に応じて探すことのできるマッチング機能も用意しております。

既に全国11支所に展開し、依頼主の利益を最優先した対応で高い評価を得るネクスパート法律事務所(https://nexpert-law.com/)と業務提携契約を完了しております。弁護士事務所との提携は引き続き募集を行い、提携を通じマッチング機能開発のみならず弁護士実務を支援するサービスの開発も計画し、将来的には一般ユーザーと弁護士事務所双方のDX化を実現できるプラットフォームを目指します。
  • Legal AIについて


「AIとテクノロジーにより司法トラブルを解決」をミッションにAIを活用した司法手続き支援サービスを開発するリーガルテックスタートアップです。離婚や交通事故、またネットにおける風評被害や誹謗中傷などのトラブルがあった際に法的に問題を解決できるよう、AIとテクノロジーを通じて司法制度や知識を提供し書類の作成等を支援します。また代表取締役の佐藤塁はネクスパート法律事務所の代表弁護士を務め、さまざまなトラブル解決を行ってきた現役の弁護士でもあります。
弁護士としての経験と知識を活かし、より多くの人が司法によるトラブル解決ができる社会を実現するためにLegal AI社の代表として事業を展開して参ります。

Legal AI株式会社(リーガルアイ、本社:東京都、代表取締役:佐藤塁)

<会社概要>
・名称: Legal AI株式会社  (読み:リーガルアイ)
・設立: 2021年6月
・代表取締役社長: 佐藤 塁
・ウェブサイト: https://legalai.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
E-mail: info@legalai.co.jp / g-kasahara@legalai.co.jp 
担当:笠原(カサハラ)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Legal AI株式会社 >
  3. 本人訴訟を支援するLegal AI社、日本のリーガルテック業界で初めてMicrosoft for Startupsへ選出