宝島社×日本経済新聞社イベント・企画ユニット主催「Hello Femtechアワード2022」に登壇決定!福利厚生の新トレンド「オンラインピル処方」で変わる働き方とは

- クリニックフォア 産婦人科専門医・導入企業・SPRiNG編集長がディスカッション -

 クリニックフォアグループ(以下、クリニックフォア)は、2022年12月12日(月)に宝島社と日本経済新聞社イベント・企画ユニットの共同開催で行われる、フェムテックの今をテーマにしたイベント「Hello Femetechアワード2022」のプレゼンテーションに登壇いたします。
 クリニックフォアは、テクノロジーの徹底活用と豊富な診療実績で、ニューノーマルな生活にマッチした診療体験をみなさまに提供してまいりました。また、一人ひとりに寄り添い“広く深く” 診療をするプライマリ・ケアを基本とし、来院での医療の提供だけでなく、オンライン診療から、ご自宅でのセルフケアまでをサポートしています。

 近年は企業における健康経営や女性活躍推進、ウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態にあること)の向上に取り組む動きを受けて、企業からの従業員の健康に関するご相談をいただく機会も増えてまいりました。

 このような状況下でクリニックフォアは、企業の福利厚生にオンライン診療をご活用いただけるサービス「CLINIC FOR WORK」の提供を2022年10月より本格スタートいたしました。本サービスは、女性特有の健康課題である生理の不調をサポートする「低用量ピル」から、男性女性問わず受診でき、QOLをあげる「漢方」「ドライアイ」など、幅広いラインナップの診療科目を、企業の目的に応じてカスタマイズすることが可能です。
■「CLINIC FOR WORK」URL:https://www.clinicfor.life/lp/hello_wellness/


 この度の登壇イベントでは、健康経営の一貫として本サービスを先行導入していただいた株式会社コジマのご担当者さまをゲストに、SPRiNG 丸山編集長をファシリテーターにお招きし、ディスカッションいたします。「CLINIC FOR WORK」のご紹介のほか、フェムテックとして注目される低用量ピル服用によるメリットや、「CLINIC FOR WORK」導入後の働き方などリアルな声をお届けいたします。

 
  • 「Hello Femetechアワード2022」登壇概要 
■登壇日時 :2022年12月12日(月)18:55~19:15
■場所   :日経ホール(東京都千代田区大手町1丁目3−7 日経ビル3F)
■開催方法 :リアル&オンライン ハイブリット開催
■参加方法 :下記URLよりご確認ください
       https://events.nikkei.co.jp/53218/
■登壇者  :
・山田光泰
クリニックフォア 産婦人科専門医
・大野幸恵
株式会社コジマ 総務人事本部人事部 女性活躍・ウェルネス推進室 室長
・野口弥生
株式会社コジマ 総務人事本部人事部 女性活躍・ウェルネス推進室 係長
・丸山摩紗
株式会社 宝島社 SPRiNG編集長

■内容:
健康経営やダイバーシティーの実現など、女性の働き方推進のひとつの手段として、低用量ピルの福利厚生導入が注目を集めています。この度、「導入することの企業のメリットは?」「女性にとってピル服用で変わることは?」など導入にあたってのリアルな声を、産婦人科医×低用量ピル導入企業を交えてディスカッションします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クリニックフォアグループ >
  3. 宝島社×日本経済新聞社イベント・企画ユニット主催「Hello Femtechアワード2022」に登壇決定!福利厚生の新トレンド「オンラインピル処方」で変わる働き方とは