Opening Lineが、マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました

株式会社Opening Line(代表取締役:佐々木亮一、以下 Opening Line)は、マイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州、マイクロソフト社)が提供する、スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。



Opening Lineは、2017年の創業以来、ブロックチェーン技術を様々な分野で実装し、安心・安全な社会を実現することを目指し、ブロックチェーンを活用したファイル送受信クラウドソリューション「Juggle(ジャグル)」をはじめとするブロックチェーン技術を活用したサービスの開発を行ってきました。

ブロックチェーンは、AI、IoTと並んでDX分野で期待される技術の一つです。ブロックチェーンでは、暗号技術によって正確な取引履歴を維持するため、データの破壊や改ざんが極めて困難と言われています。これまで解決できなかったデジタルデータ特有の課題を乗り越える新しい手段として、ビジネスへの応用や社会変革の可能性が期待されています。
 

 

今回、Microsoft for Startupsの採択を受け、IoTやDID(分散型識別子)等とブロックチェーンを連携したアプリケーションの開発やブロックチェーンのノード運用において、マイクロソフト社が提供するクラウドプラットフォーム「Azure」を活用します。
また、メンター制度やテクニカルサポートを活用して、安定運用、セキュリティ向上にも努めてまいります。

■Microsoft for Startupsとは
世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。
当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。

Microsoft for Startups概要
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

■株式会社 Opening Line について( https://www.opening-line.co.jp/
製造業向けのブロックチェーンを利用したサプライチェーンマネジメントシステムの構築をはじめ、ヘルスケア、介護福祉、教育、採用などさまざまな領域へのブロックチェーン技術の社会実装を行い、「安心・安全・協調」社会を実現することを目指しております。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社Opening Line
担当: 佐々木
E-mail:info@opening-line.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Opening Line >
  3. Opening Lineが、マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました