オングリットホールディングス、九州の有望なスタートアップ33社としてJ-Startup KYUSHU企業に選定

橋やコンクリートの構造物、照明灯など道路付属物の点検事業のほか、関連するロボットや人工知能システム(AI)の開発を手がけるオングリットホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役 CEO:森川 春菜)は、九州を基盤に活躍するスタートアップ33社の内1社として、「J-Startup KYUSHU」に選定されたことを報告いたします。

 

  • 「J-Startup KYUSYU」とは
「J-Startup」は、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために経済産業省が2018年より推進するスタートアップ企業の育成支援プログラムです。2020年からはJ-Startupプログラムの地域展開が開始され、九州については2021年12月より、管内の政府出先3機関・7県・3政令市・関係10組織が参加した連携プラットフォームを構築し、「J-Startup KYUSHU」の取組が開始されました。
関係機関やサポーター等と連携したオール九州での支援等を通じて、J-Startup KYUSHU 選定企業の更なる成長を後押しするとともに、サポート体制の更なる整備・強化を進め、スタートアップエコシステムの強化が目標とされています。

J-Startup KYUSHの概要
https://www.kyushu.meti.go.jp/press/2112/211213_2.html
  • 当社MISSIONについて
当社は、「テクノロジーを活用し世界中の人へ働く機会と豊かさを提供する」をMISSIONとし、建設業界における人材不足と就職弱者の問題とマッチングすることで、増え続ける老朽化したインフラ設備などを含めた問題と就職弱者の雇用の創出の両方を解決することを目指しております。
  • 当社事業について
当社では、橋、トンネルなどを叩いて安全性などを確かめる従来型の点検業務に加え、現場で撮影した写真から人工知能(AI)が自動で損傷を抽出し、独自のシステムを活用することで、土木知識がない人でも容易にCAD図面を作成できる自社開発のソフトウエア「マルッと図面化®」で、点検業務の効率化に取り組んでいます。
また、街路灯に自動で昇降し、カメラと振動センサーで外部・内部の損傷を検知するロボット「ガイド型構造物点検装置※1」や「ポール型構造物点検装置※2」を開発し、点検時間を従来の約25%に短縮し、最大半分以下のコストで実現が可能となりました。
今後も弊社の特徴である「ロボット×AI×未経験者」で、社会インフラの維持と新たな雇用創出に、社員一丸となって努めて参ります。

※1ガイド型構造物点検装置               ※2ポール型構造物点検装置※1ガイド型構造物点検装置               ※2ポール型構造物点検装置

技術の詳細はこちら
・マルッと図面化®(https://www.on-grit.com/drawing/
  • 採用情報について
オングリットホールディングス株式会社では、更なる事業拡大に向け積極的な採用活動を行なっており、未経験者でも熱意のある人を募集しております。
詳細は以下のリンクからご確認ください。
https://recruit.on-grit.com/
  • オングリットホールディングス株式会社 会社概要
会社名:オングリットホールディングス株式会社
所在地:福岡県福岡市博多区上牟田1丁目8-7 オングリットbldg
代表者:森川 春菜
設立:2018年
事業内容:関連会社の経営、管理及びこれに附帯する業務
     土木、建設業界に関するロボット及びAI開発
     自社開発ロボット及び点検用特殊車両のレンタル及びサービスの提供

【お客様からのお問い合わせ先】
TEL:092-409-4564
e-mail:info@on-grit.com
担当:坂口、若松

■参考プレスリリース
・経済産業省九州経済産業局
「J-Startup KYUSHU」33社を選定しました
https://www.kyushu.meti.go.jp/press/2203/220314_2.html
  1. プレスリリース >
  2. オングリットホールディングス株式会社 >
  3. オングリットホールディングス、九州の有望なスタートアップ33社としてJ-Startup KYUSHU企業に選定