日本初。「お守りNFT」が神社から発売。

【NFT×地方創生】Web3神社が地域活性化を図る。

2022年7月29日、検見川神社(千葉市花見川区)からお守りNFT( Kemigawa Jinja Collection)が発売されました。
検見川神社は、古事記project株式会社(https://nft.kojiki-project.com/)とともに、NFTやメタバースを活用して、古き良き歴史と伝統を大切にしながらも、新たな神社の形を模索していきます。

 

 

 

ウォレット安全お守りウォレット安全お守り


【お守りNFTとは】
お守りNFTとは、神社の授与品であるお守りを、NFTにして頒布するものです。
本来お守りには有効期限があり、1年でご利益が切れてしまうとされています。通常、1年経過したお守りは、授かった寺社に返納してお焚き上げをしていただくようになります。

このお守りNFTは授かってから1年たつと自動的にお焚き上げ(※「Burn」バーン)されるように設計されています。
※「Burn」バーンとは、当該NFTを消滅させることをいいます。
永続的に残すことができるデジタルデータに、あえて、現実のお守りと同じように、1年でご利益が切れてなくなってしまう機能を実装することで、より現実のお守りに近いものとしました。

お焚き上げされた後のお守りNFTはなくなりますが、そこから、新しいNFTに変化するようになっていて、バーンされた後も楽しめます。

お守りNFTをご家族やご友人などに贈答する場合、贈答するお相手がメタマスクなどのウォレットさえ持っていれば、郵送などの手続きをせず、わずか数分で贈答できるのもNFTならではです。

バーチャルのお守りといっても、神社で頒布されているお守りとなんら遜色はございません。
今回の販売にあたり、検見川神社では、実際にお守りNFTのご祈祷を行っています。

 

​※実際のご祈祷の様子。動画は検見川神社のYoutubeもしくはInstagramにて公開予定。

 

【お守りNFT発売の経緯】
全国に約8万社あるといわれている神社。神社によって様々な神様を祀っている日本独特の文化ですが、その90%は運営に苦しんでいるといわれています。
兼業の神主さん。一人で何社も掛け持ちをする神主さん。管理者のいなくなった無人の神社なども存在しています。

検見川神社は、古事記project株式会社(https://nft.kojiki-project.com/)とともに、NFTやメタバースを活用して、新たな神社の収益源を模索していくことを決め、同社と共同でNFTプロジェクトをスタートし、その一環として、お守りNFTを販売いたしました。

もともと検見川神社では、ご遠方の方やご事情により直接お参り出来ない方々のためにお守りなどの授与品をオンラインで購入することができました。
これをさらに押し進め、バーチャルでの授与品を頒布することで、さらに多くのみなさまに授与品を頒布することを可能にしました。

NFTを活用することで、海外にいらっしゃる日本人の方、まだ神社のことを何も知らない海外の方など、世界中のみなさまに神社、ひいては日本の魅力を発信し、感じていただくことができます。
 

 

【10種類の豊富なラインナップ】
・ウォレット安全守
暗号資産ウォレットの安全を祈願したお守り。ウォレットに一つ、入れておきましょう。
・詐欺除御守
様々な詐欺から資産を守るよう祈願したお守り
・合格祈願守
受験生や資格取得を目指している方の合格を祈願したお守り
・家内安全守
家庭・家族が元気で幸せにいられますようにと祈願したお守り
・開運厄除守
災難から守ってくれますようにと祈願したお守り
・必勝祈願守
様々な勝負事に勝てる様にと祈願したお守り
・商売繁盛守
多くのお客が来ることを願い、商いが上手くいくよう祈願したお守り。
・恋愛成就守
恋愛が上手くいくように祈願したお守り。
・健康御守
元気に健康で過ごせるよう祈願したお守り
・フロアプライス下落除守
NFTコレクションのフロアプライスが下落しない様に祈願したお守り

【販売方法】
下記サイトにて販売(授与)
https://kemigawa-mint.nft-kojiki-project.com/

※本商品の購入には、メタマスクのウォレット及びETHが必要となります。メタマスクのウォレットを上記サイトに接続の上、ご購入下さい。
※※OpenSeaでも二次流通があればお求めいただくことはできますが、バーンはNFTが発行(ミント)されてから、1年間となります。したがって、OpenSeaに流通しているものは、取得後1年未満でバーンされる可能性がございます。上記ミントサイトから新規での購入をされることをお勧めいたします。

金額:0.005ETH(相場の状況によって変動する場合がございます。)

 

【今後の予定】
2022年9月「御朱印NFT」を発売
検見川神社では、定番の御朱印や毎月月替わりの御朱印を発売しています。
これらをNFTにして毎月発売していきます。
12か月分の御朱印を集めると、特別な御朱印NFTが付与されるなども予定しています。

2022年12月頃 「ご奉納NFT」を発売
神社にはご奉納の文化がございます。本来は神様にお供えを納めることを言い、お酒や供物等、また鳥居や灯篭などもご奉納したりします。ご奉納鳥居で有名なのは京都の伏見稲荷大社で、大きな鳥居には名だたる企業の名前が刻まれていたりします。

このご奉納NFTは鳥居や灯篭等のNFTを購入して頂くと、実際のその神社の土地に購入者のお名前(会社名)が刻まれた鳥居や灯篭が建つというものです。
建てられる本数には限りがございますので、非常に貴重なNFTとなっております。

将来的にはメタバース上にも神社を設置予定で、ご奉納NFTを購入された方には、メタバース神社にも同じように購入者のお名前(会社名)が刻まれた鳥居や灯篭が設置されます。

【「日本初」の表記について】
・自社調べとなります。
・調査年月(2022年7月)
・日本国内における神社発行のお守りNFTとして調査しています。


【検見川神社】
千葉県千葉市の検見川町に鎮座する八方除総鎮護の検見川神社は、地相家相方位等に起因する諸々の災禍災厄を祓う八方除を基とした厄除の他、あらゆる御利益を求めて県内外より多くの方が御祈願に訪れます。

https://www.kemigawa-jinja.com/

【古事記project株式会社】
古事記や地方に伝わる日本神話を元に音楽や、ボイスドラマ、漫画、舞台などのエンターテイメント作品を作っているクリエイターチーム。
https://nft.kojiki-project.com/

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 検見川神社、古事記project株式会社 >
  3. 日本初。「お守りNFT」が神社から発売。