【アートな島旅】佐渡島の芸術祭「さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022」開催のお知らせ

ホンマタカシ、宇佐美雅浩、大垣美穂子、ジル・スタッサールなどが参加。佐渡島の玄関口 両津港から徒歩約8分の両津夷商店街を中心に、街歩きをしながらアート体験。関連イベントなど、夏から秋にかけて開催。

さどの島銀河芸術祭実⾏委員会(所在地:新潟県佐渡市)と一般社団法人 佐渡国際芸術推進機構は、佐渡島の⾃然や歴史、点在する⺠話や 伝承を掘りおこし、島内外からの刺激とともに新しい創造空間をつくり出し、「銀河」のようなきらめきや美的価値観を創造していくことを⽬的に「さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022」を開催いたします。今年は、佐渡島の⽞関⼝両津港より徒歩8分ほどのところにある両津夷商店街の空き店舗を中⼼に作品展⽰をおこないます。両津の街に点在するアート作品をたどりながら街歩きをしていただくことで、街中で新しい発⾒や交流、また多くの⽅に地域や佐渡のことををよく知ってもらう⼀助になればと考えています。

 

さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022


■名称:さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022
■理念・テーマ:「過去と未来の帰港地」
■開催期間:2022年8⽉7⽇(⽇)〜10⽉9⽇(⽇) [会期総計:64⽇間]
■参加アーティスト(順不同・敬称略)
ホンマタカシ、宇佐美雅浩、⼤垣美穂⼦、ジル・スタッサール、ポル・マロ、Kenta Maruyama、前⽥優作、テリー・ライリー、早稲⽥⼤学 古⾕誠章・藤井由理研究室+⼩岩⾦網株式会社、楳図かずお、できやよい、寺⽥佳央、イーサン・エステス、佐渡アール・ブリュット、⽣活⽂化研究フォーラム佐渡、ほか

 

大垣美穂子_MilkyWay大垣美穂子_MilkyWay

 

寺田佳央_世阿弥の悲願ボートゴールデンクルージング寺田佳央_世阿弥の悲願ボートゴールデンクルージング

 

できやよい_どんぶらこっこどんぶらこっこできやよい_どんぶらこっこどんぶらこっこ

イーサン・エステス_Enso_Lifecycleイーサン・エステス_Enso_Lifecycle


■会場:佐渡島内複数箇所
両津夷商店街、両津地区、⾦井地区、相川地区にてアーティストの作品展⽰やイベント、アール・ブリュット展を⾏います。両津地区の空き店舗、元⾈⼩屋、岩⾸地区棚⽥、相川地区⼤間港などが会場となります。
■時間:10:00-17:00 ※会場によって時間が異なります。⼊場制限あり。
■作品鑑賞パスポート:現在Peatixにてパスポート引換券を販売中。
⼀般(前売 2,000 円/ 当⽇ 2,500円 )⾼・専・⼤(前売 1,500 円/ 当⽇ 2,000 円 )島⺠⼀律1,000円
障害者⼿帳をお持ちの⽅・中学⽣以下は無料

■主催:さどの島銀河芸術祭実⾏委員会/⼀般社団法⼈ 佐渡国際芸術推進機構/アース・セレブレーション実⾏委員会/佐渡市

 


【さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022  関連アートイベント、ツアーなど】

■  「Mandaーla in Sado」写真家 宇佐美雅浩の写真撮影(作品制作)
撮影⽇:2022年9⽉10⽇(⼟) 予備⽇9⽉11⽇(⽇)
場所:岩⾸地区棚⽥
内容:写真家 宇佐美雅浩⽒が、佐渡島 岩⾸地区の棚⽥で写真作品「Manda-la in Sado」を島⺠総勢約300⼈を集めて撮影します。
作品について:宇佐美⽒の「Mandaーla」とは、仏教絵画の曼荼羅(まんだら)にみられる中⼼⼈物を中央に配し、その⼈物の世界観を表現するシリーズ作品。 「Manda-la in Sado」では、中⼼に世阿弥に扮した能の指導者を据え、海から続く稲穂の実った⾦⾊の棚⽥に、伝統芸能の継承者が帆を上げた和船に乗って上陸してくる様を表現する。佐渡は、⽂化が宝船に乗って運ばれてきた島である。この作品を世界農業遺産の構成場所の岩⾸昇⻯棚⽥で撮影し、現在も佐渡で継承されている農業、芸能とを融合し、それらが共にこれからの未来へと続く礎となる作品とする。

宇佐美雅浩_広島宇佐美雅浩_広島


■   誰も排除しない「まぜこぜの社会」を⽬指して。東ちづるさんの講演会
⽇時:2022年10⽉30日(日) 14時〜16時
場所:アミューズメント佐渡
⼊場料:無料
内容:障がい者も健常者もマイノリティの⽅も誰もが⾃分らしく⽣きられる「まぜこぜの社会」を⽬指して活動する、東ちづるさんの講演を⾏います。

シンポジウム
⽇時:2022年9⽉18⽇(⽇)  時間未定
場所:TAACHI(両津夷53−1)
内容:これまでのさどの島銀河芸術祭と未来の展望について(仮)

アート・ツアー
⽇時:2022年8⽉〜11⽉の会期の中に複数回。場所:佐渡島内
参加料:調整中
内容(変更になる場合があります):
8⽉20⽇      芸術祭プロデューサー吉⽥モリトと巡る佐渡
8⽉27⽇      ⾃然をめぐる想像⼒の旅
9⽉17,18⽇        よくばり+秘物巡りツアー(1泊2⽇)
9⽉23⽇      芸術祭プロデューサー吉⽥モリトと巡る佐渡
10⽉1,2⽇       能舞台+秘物巡りツアー (1泊2⽇)
10⽉10⽇       ⺠話・伝説ツアー
10⽉22,23⽇        よくばり+⺠話・伝説ツアー(1泊2⽇)
11⽉3⽇よくばりツアー

アートツアーアートツアー


アート・キャンプ
⽇時:2022年11⽉頃(⽇程調整中)
場所:調整中
内容:伝統芸能と現代舞踊を融合させた舞台をキャンプをしながら楽しむイベント。詳細未定。

 


インターネット動画配信:さどの島銀河芸術祭チャンネル(さど銀チャンネル)
開催期間:2022年4⽉〜2023年3⽉配信
内容:島内外のアーティストや研究者が、アートや⺠俗学的視点で佐渡の魅⼒を⾒つめ直す番組を YouTubeのさどの島銀河芸術祭チャンネルにて配信。また地元のケーブルテレビ局サドテレビとも連携し⽉2回のペースで放映する。
 

LOGOLOGO


・総合プロデューサー:吉⽥盛之
・アドバイザー:椹⽊ 野⾐/ 宇川 直宏/ ⼩川 弘幸
・インディペンデント・キュレーター:菊⽥  樹⼦
・ アート・キャンプ ディレクター:⼭井梨沙(株式会社スノーピーク)
・ DOMMUNE ストリーミングディレクター:宇川直宏

【協賛】
サンフロンティア佐渡株式会社
株式会社日本旅行 新潟支店
富士フイルム株式会社
株式会社弁慶
株式会社新潟管財企画
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 佐渡国際芸術推進機構 >
  3. 【アートな島旅】佐渡島の芸術祭「さどの島銀河芸術祭プロジェクト2022」開催のお知らせ