NFT国内取引高で1位を記録した『edo2022』が、全世界で100万人以上の利用者を持つGate.ioとパートナーシップを締結

edo2022 × Gate io

株式会社TOKYO NFT LAB(本社:東京都中野区)は、2022年7月9日に『edo2022』のNFTジェネラティブをNFTプラットフォームのOpenSeaで販売しました。NFTは販売後18秒で完売し、一時は国内のNFT取引高で1位(※)を記録しました。この度、全世界で100万人の利用者を持つ、Gate.ioとパートナーシップを締結したことを発表します。

(※)パブリックセール後の、NFTの国内ランキングサイト「NFTランキング」による記録です。
  • edo2022 projectとは 

 


NFTコミュニティ「TOKYO NFT LAB」が主宰するNFTプロジェクトです。

「時は2022年、東京に江戸時代象徴する忍者と侍が蘇る…」「2022年の現在に侍と忍者が蘇って大バトル!果たして勝利するのは…?」といった世界観で展開しています。

 また、「日本のクリエイターを世界へ」というコンセプトも併せもち、日本の著名なクリエイターやインフルエンサーが連携しています。

コレクションはこちらから
https://opensea.io/collection/edo2022

Twitter
https://twitter.com/edo2022_nft

 
  • Gate.ioとは
 


全世界に100万人以上の利用者を持つ、暗号資産とNFTの取引プラットフォームです。2013年に設立され、業界の拡大に寄与してきたプラットフォームです。

edo2022の海外展開に際して、Gate ioが提供する『Gate NFT』と連携します。

 
  • 会社概要
商号:株式会社TOKYO NFT LAB
本社:東京都中野区
HP:http://tokyonftlab.com
問い合わせ:info@tokyonftlab.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TOKYO NFT LAB >
  3. NFT国内取引高で1位を記録した『edo2022』が、全世界で100万人以上の利用者を持つGate.ioとパートナーシップを締結